高速ねずみ
[Uncyclopedia|▼Menu]

4468 高速ねずみ(こうそく-)は、日本全国の高速道路に棲みついて悪さをする、ねずみの一種。
目次

1 生態

1.1 生息地と行動

1.2 見た目

1.3 食物

1.4 運動能力


2 目撃情報

2.1 三重県

2.2 栃木県

2.3 滋賀県


3 ネズミ捕り

3.1 オービス

3.2 パトカー、白バイによる見回り

3.3 有人式ネズミ捕り


4 出会ったときの対処法

4.1 高速道路

4.2 一般道路

4.3 自宅


5 関連項目

生態
生息地と行動

高速ねずみは普段、全国の高速道路の橋の下や、トンネルの隅のほうなどに棲みついている。しかし夜になると動き出し、日中高速道路に蓄積した熱エネルギーを吸収して暮らしている。高速道路に見られる、壁のようなものは高速ねずみが逃げないようにするためである。
見た目

高速ねずみは、その行動パターンから目撃者は数少ないが、形は普通のねずみとあまり変わりは無く、昼間なるべく人々に気づかれないように、高速道路の路面の色や、トンネルの色に近い色をしているとされる。大きさはまちまちで、体長30cmくらいのものから自動車くらいのサイズのものまでいる。(死骸が発見されている)
食物

高速ねずみは、先ほど書いたように、普段は日中高速道路に蓄積されたエネルギーを吸収して生きている。しかしそれでは栄養が取れないので一ヶ月に一回程度、SA(サービスエリア)やPA(パーキングエリア)に忍び込み、車のタンクに入っているガソリンをすすっている。
運動能力

これも個体によって多少の差はあるが、高速ねずみが本気を出したら秒速2kmは出るという。そのため、高速道路に居ても車に轢かれることは滅多に無い。
目撃情報
三重県

2009年3月。深夜3時ごろ伊勢湾岸自動車道を走っていたトラック運転手のTさん(40)は、路面に何か落ちている、と感じ、すぐにNEXCO中日本に連絡したのだが、NEXCO中日本のスタッフが到着したころにはもうそれは無かった。後に、Tさんが電話に向かってあまりにも大きな声を出すため、高速ねずみに気づかれ、逃げられてしまったということが判明した。
栃木県

2009年8月。家族で旅行を楽しんだ4人家族がその帰り、宇都宮インターチェンジ付近で群れになっている高速ねずみを発見。すぐさま警察に通報したが一瞬目を放した隙に逃げられてしまった。
滋賀県

2009年12月。今年も後数分というとき忘年会帰りのMさんは栗東インターチェンジ付近に不自然な光を発見。スピードを落とし光をじっと見つめるとそこでは高速ねずみの群れが忘年会を行っていた。Mさんはすぐさま警察に通報したが警察が到着したときには少しガソリンの残ったポリタンクだけが残されていた。
ネズミ捕り

高速ねずみは絶滅が危惧されている希少種でもある。そのため、全国で種の保護活動が桜田門組主導でで行われている。この活動はネズミ捕りと呼ばれ、後述する理由から一般ドライバーからは忌み嫌われている。
オービス

高速道路に設置されている監視カメラ。ドップラーレーダーにて高速の移動物体を確認した場合に撮影を行う。生息している個体数や生息範囲の確認に役立っている。一般車両が撮影されるのを避けるため、しきい値は制限速度+αに設定されているものの、運悪く作動してナンバープレートを撮影されてしまった場合は速度超過として桜田門組から脅迫状が届き、金品をゆすられてしまう。自分の無実や機器の不具合を訴えても、受け入れられる可能性は全くと言っていいほど無い。脅迫状が届く頃には既に数週間が経過し、無実の証拠を提出するのがほぼ不可能になるからである。
パトカー、白バイによる見回り

組員が随時覆面パトカー、白バイを使って高速道路上の見回りを行う。負傷した個体を発見した場合は、保護して保健機関に連絡する。ということになってはいるが、速度超過の車両を見つけた場合はねずみそっちのけで停車させ、運転手に不利な契約書を無理やりサインさせたり、金品をゆすったり、切符を切ったりという行動を始める。組員にとっては絶滅危惧種ですら幅をきかせるための名分に過ぎないのである。
有人式ネズミ捕り

一般道路にて行われる保護活動である。道路上に速度測定気を設置し(目視よりも効果的である、と桜田門組は主張している)、高速で移動している物体をその先にある「檻」に誘い込む。捕獲されたねずみはそのまま高速道路まで輸送され、放される。ということにはなっているが、檻に誘い込まれた一般車両もねずみと同じように複数の組員に取り囲まれ、これまたサインの強要、金品の恐喝、免許の減点などの仕打ちを受けることになる。
出会ったときの対処法
高速道路

高速道路で発見した場合は、警察などに連絡せず、何も見なかった振りをして通り過ぎるのが一番である。
一般道路

一般道路で発見した場合は、これまた警察などに連絡はせず、背後から忍び寄って袋をかぶせ、捕獲してから高速道路で逃がしてあげるのが一番である。
自宅

もしも高速ねずみが車に張り付いていたりして誤って自宅に連れ帰ってしまったら、すぐさま塩焼きにして食べてしまいましょう。精が付き eeb ます。
関連項目

速度制限無視

桜田門組

パトカー

警察官

苺ねずみ

鼠捕りとしての電柱

この項目「高速ねずみ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2019年5月23日(木)19:10
取得日時:2019/12/07 07:35


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9647 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef