高田市
[Uncyclopedia|▼Menu]

高田市(たかだし)は、新潟県の西部、じゃなかった、頚城県の北部にあった市である。1971年に直江津市と合併して上越市(じょうえつし)となったが、現在は上杉市(うえすぎし)になっている。これが高田転落の始まりであった。↓ この下に高田あり。↓高田市はすでに無くなりました。もう高田市はありません。かつての高田市はもう無いのです。あなたはこの現実をどう受け入れるかは自由です。ですが戦友であった彼らに感謝と哀悼の意を表してください。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高田市」の項目を執筆しています。放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「 ⇒高田市」の項目を執筆しています。
目次

1 概要

2 地理

3 歴史

3.1 高田ドブロク事件


4 交通

5 関連項目

概要

直江津市長野市と同様に、頚城県の覇権を争っていた。元々、上杉謙信の城下町である春日山は、海沿いに当たる直江津市にあった。ところが、江戸時代になると、直江津の南6kmに城下町・高田が建設された。このため、直江津と高田の争いは熾烈を極めた。

日本全国に「高田」と称する地名が複数存在するが、当地はこのなかで最も早く市制を敷いており、「高田」といえば著名な当地を指すため、後発である奈良県大和高田市大分県の豊後高田市、岩手県の陸前高田市は令制国名を冠して区別することが通例となっている。これは高田市の廃止後に成立した広島県の安芸高田市にも厳格に適用された。
地理

高田平野の中央部に位置しており、北陸どころか世界屈指の豪雪地帯となっている。「雪の都」といえば聞こえはいいが、にはに埋もれる生活を強いられ、所用のある時は二階あるいは三階から出入りする光景が見られることはよく知られている。しかしながら実際にはそこまでの積雪がないことが多いため、二階などから出たときに墜落して骨折する人が多数でるのが、当市の冬の風物詩である。

一夜にして10メートルを超える積雪を観測することは珍しいことでなく、町全体が雪に覆い隠されてしまうため、雪の上にこの下に高田ありと高札が立てられたほどである。このため、雁木と呼ばれるアーケード状の軒先や、それを発展させたドーム状の屋根が中心街を覆っているなど、雪国らしい独特の町並が形成されており、その特異な景観は「氷雪の城塞」と称される。
歴史

高田をはじめとする上越地方が越後国に属する以前には、独自に久比岐国が存在した。現在でも独自の文化圏?? 7feb ?有しており、魚沼や蒲原とは一線を画する。なお、久比岐国とは、日本神話におけるカグツチの首切りに由来するものであり、高田公園のが格段の美しさを誇るのは、カグツチのに染まった大地から血を吸っているためであるとされている。高田市内の国府地区には越後国の国府があったが、なにやら国府の帰属について一悶着あったようで、後に国府地区は直江津市に編入されている。

中世には、上杉氏によって春日山城が築かれ、上杉謙信のお膝元として名だたる存在であった。江戸時代に、松平忠輝が高田城を築いて以来、高田藩の城下町として栄え、明治時代には、陸軍第十三師団が置かれ、軍都として発展した。日露戦争ロシアに勝利した日本陸軍の研究のため来日したレルヒ少佐によって、日本で初めて本格的なスキーの講習が行われたため、シベリア出兵の際には大いに役立ったといわれる。

明治の終わり頃、頸城地方では初めて市制施行し、その後は直江津市との間で周辺自治体の獲得競争を展開しつつ、市域を拡大していったが、高田平野に高田・直江津両市が並立する状態では都市力に限界があった。海洋に進出したい高田市と、広い平野を獲得したい直江津市の思惑が合致したことにより、高田市は直江津市との合併という道を選択し、「上越市」として歴史をともにすることになったのである。

その後、高田は苦難の歴史を歩むことになるのである。詳細は「上越市」の項目を参照されたし。
高田ドブロク事件ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高田ドブロク事件」の項目を執筆しています。

上越市の成立以前にも、高田市存亡の危機があった。戦後間もない1949年、密造酒の醸造が行われていた朝鮮人集落を地元警察が一斉取締を行ったことにはじまる。

これに対して被害妄想を爆発させた朝鮮人は、警察署や税務署に集結して座り込みをはじめ、警察との小競り合いや、大通りでのデモ行進・暴動に発展した。挙げ句の果てに、高田城の爆破予告という卑劣なテロ行為に及んだが、直ちに首謀者を検挙して鎮圧した。一歩間違えば高田市が灰になってしまうところであり、高田城の爆破が未遂に終わったことは不幸中の幸いであった。てゆーかその時代に高田城の建物はなく、何を爆破しようとしたのかはいまだ謎になっているらしい。
交通

冬期における最も身近な交通手段はスキーであり、家に引きこもりがちである高田市民も9割以上がスキーの熟練者であり、数十キロの移動もなんのそのである。積雪期間には住民がどこへ行くにもスキーを使うため、鉄道の本数が半減するほどであった。
関連項目

大和高田市

豊後高田市

陸前高田市

安芸高田市


この項目「高田市」は、執筆者がスキーヤーだった可能性もありますが、このままでは滑落してしまいます。満開の桜の評価印を押して下さる ⇒指導者を求めています。 (Portal:スタブ)
 ・話・ ⇒・ ⇒ 頚城県

頚城 :上杉市(高田市・直江津市) | 糸魚川市 | 新井市
長野 :長野市松代町) | 須坂市 | 黒姫町 | 小川村 | 牟礼町 | 小布施町 | 高山村
中野 :中野市 | 飯山市 | 湯田中町 | 木島村 | 野沢村 | 森村
更埴 :屋代市 | 坂城町
北安曇 :大町市 | 池田町 | 松川村 | 白馬村 | 小谷村
 ・ ⇒・ ⇒ 日本都市

北海道 : 札幌市 | 江別市 | 千歳市 | 北広島市 | 小樽市 | 函館市 | 室蘭市 | 苫小牧市 | 登別市 | 夕張市 | 岩見沢市 | 美唄市 | 三笠市 | 滝川市 | 歌志内市 | 富良野市 | 旭川市 | 留萌市 | 稚内市 | 紋別市 | 北見市 | 網走市 | 帯広市 | 釧路市 | 根室市 | 八雲町 | 長万部町 | 枝幸町 | 雄武町 | 斜里町 | 神恵内村
青森県 : 青森市 | 弘前市 | 八戸市 | 黒石市 | 五所川原市 | 三沢市 | むつ市 | おいらせ町 | 新郷村 | 六ヶ所村
岩手県 : 盛岡市 | 釜石市 | 宮古市 | 花巻市 | 奥州市 | 北上市 | 平泉町 | 滝沢村| 気仙沼市
宮城県 : 仙台市 | 石巻市 | 気仙沼市 | 白石市 | 名取市 | 角田市 | 登米市 | 大崎市 | 角田市| 美里町 | 南三陸町
秋田県 : 秋田市 | 能代市 | 横手市 | 北秋田市
山形県 : 山形市 | 米沢市 | 三川町
福島県 : 福島市 | 会津若松市 | 郡山市 | いわき市 | 白河市 | 喜多方市 | 相馬市 | 本宮市 | 棚倉町 | 矢祭町 | 浪江町
茨城県 : 水戸市 | 日立市 | 土浦市 | 古河市 | 石岡市 | 龍ケ崎市 | 取手市 | 牛久市 | 鹿嶋市 | 守谷市 | かすみがうら市 | つくばみらい市 | 東海村
栃木県 : 宇都宮市 | 足利市 | 岩舟町 | 栃木市 | 佐野市 | 鹿沼市 | 日光市 | 下野市 | さくら市 | 小山市 | 真岡市 | 大田原市 | 西那須野市
群馬県 : 前橋市 | 高崎市 | 桐生市 | 伊勢崎市 | 太田市 | 沼田市 | 館林市 | 渋川市 | 富岡市 | 安中市 | 中之条町 | 草津町
埼玉県 : さいたま市 | 川越市 | 熊谷市 | 川口市 | 行田市 | 所沢市 | 飯能市 | 東松山市 | 春日部市 | 狭山市 | 草加市 | 越谷市 | 蕨市 | 入間市 | 和光市 | 新座市 | 朝霞市 | 深谷市 | 坂戸市 | 羽生市 | 久喜市 | 富士見市 | 鶴ヶ島市 | 日高市 | 三郷市 | 幸手市 | ふじみ野市 | 三芳町 | 毛呂山町 | 鳩山町 | 滑川町 | 川島町
千葉県 : 千葉市中央区 | 花見川区 | 稲毛区 | 美浜区) | 7fc2 銚子市 | 市川市 | 船橋市 | 館山市 | 木更津市 | 松戸市 | 野田市 | 茂原市 | 成田市 | 佐倉市 | 東金市 | 津田沼市 | 柏市 | 市原市 | 八千代市 | 我孫子市 | 浦安市 | 匝瑳市 | 勝浦市 | 流山市 | 香取市 | 四街道市
東京都特別区 : (江戸) | 千代田区 | 新宿区 | 文京区 | 台東区 | 墨田区 | 目黒区 | 大田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区 | 豊島区 | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区 | 足立区 | 葛飾区
東京都 : 八王子市 | 府中市 | 武蔵野市 | 三鷹市 | 小金井市 | 東村山市 | 国立市 | 国分寺市 | 調布市 | 狛江市 | 稲城市 | 多摩市 | 羽村市 | 西東京市 | 小平市 | 小笠原村
神奈川県 : 横浜市中区) | 川崎市幸区 | 多摩区 | 麻生区 ) | 横須賀市 | 平塚市 | 鎌倉市 | 藤沢市 | 小田原市 | 茅ヶ崎市 | 逗子市 | 相模原市相模湖町) | 町田市 | 三浦市 | 厚木市 | 伊勢原市 | 海老名市 | 大船市 | 葉山町 | 箱根町 | 真鶴町 | 湯河原町 | 愛川町
新潟県 : 新潟市 | 長岡市 | 上杉市 (高田市) | 三条市 | 柏崎市 | 新発田市 | 小千谷市 | 加茂市 | 十日町市 | 村上市 | 燕市 | 糸魚川市 | 妙高市 | 胎内市 | 刈羽村 | (佐渡島
富山県 : 富山市 | 高岡市 | 魚津市 | 滑川市 | 黒部市 | 砺波市 | 氷見市 | 小矢部市 | 舟橋村
石川県 : 金沢市 | 七尾市 | 小松市 | 羽咋市 | かほく市 | 白山市 | 能美市 | 野々市市 | 内灘町 | 中能登町 | 津幡町
福井県 : 福井市 | 敦賀市 | 小浜市 | 大野市 | 鯖江市 | 美浜町
山梨県 : 甲府市 | 富士吉田市 | 大月市 | 南アルプス市 | 北杜市
長野県 : 長野市 | 松本市 | 上田市 | 岡谷市 | 飯田市 | 諏訪市 | 小諸市 | 大町市 | 茅野市 | 東御市 | 伊那市 | 軽井沢町 | 松代町 | 飯綱町 | 栄村 | 白馬村
岐阜県 : 岐阜市 | 大垣市 | 高山市 | 関市 | 各務原市 | 瑞穂市 | 飛騨市 | 本巣市 | 下呂市 | 郡上市 | 雛見沢村
静岡県 : 静岡市葵区 | 駿河区 | 清水区 | 清水市) | 浜松市 | 沼津市 | 熱海市 | 三島市 | 富士宮市 | 島田市 | 富士市 | 焼津市 | 掛川市 | 藤枝市 | 裾野市 | 伊豆市 | 長泉町 | 磐田市 | 袋井市 | 御殿場市|伊東市
愛知県 : 名古屋市中川区) | 豊橋市 | 岡崎市 | 138市 | 瀬戸市 | 豊川市 | 刈谷市 | 豊田市 | 犬山市 | 蒲郡市 | 岩倉市 | 清須市春日町) | 北名古屋市 | みよし市
三重県 : 津市 | 四日市市 | 伊勢市 | 松阪市 | 鈴鹿市 | 尾鷲市 | 志摩市 | 伊賀市 | 亀山市
滋賀県 : 大津市 | 彦根市 | 長浜市 | 近江八幡市 | 甲賀市 | 米原市 | (琵琶湖
京都府 : 京都市 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 長岡京市 | 木津川市
奈良県 : 奈良市 | 大和高田市 | 大和郡山市 | 天理市 | 橿原市 | 生駒市 | 平群町 | 王寺町
和歌山県 : 和歌山市 | 新宮市 | 海南市 | 田辺市 | 御坊市 | 那智勝浦町 | 北山村
大阪府 : 大阪市 | 堺市 | 岸和田市 | 豊中市 | 池田市 | 吹田市 | 高槻市 | 枚方市 | 茨木市 | 箕面市 | 摂津市 | 豊能町 | 島本町
兵庫県 : 神戸市 | 姫路市 | 尼崎市 | 明石市 | 西宮市 | 芦屋市 | 伊丹市 | 豊岡市 | 赤穂市 | 西脇市 | 宝塚市 | 高砂市 | 川西市 | 三田市 | 宍粟市 | (淡路島
鳥取県 : 鳥取市 | 米子市 | 倉吉市 | 境港市 | 南部町 | 日吉津村
島根県 : 松江市 | 浜田市 | 出雲市 | 山陰市
岡山県 : 岡山市大都会岡山)| 倉敷市 | 津山市 | 瀬戸内市 | 浅口市 | 高梁市笠岡市
広島県 : 広島市 | 尾道市 | 呉市 | 福山市 | 廿日市市 | (初音島
山口県 : 山口市 | 下関市 | 宇部市 | 長門市 | (中関) | 上関町
徳島県 : 徳島市 | 鳴門市
香川県 : 高松市 | 丸亀市 | 満弦ヶ崎市 | 宇多津町 | 小豆島町
愛媛県 : 松山市 | 今治市 | 宇和島市 | 八幡浜市 | 新居浜市 | 四国中央市
高知県 : 高知市 | 中村市
福岡県 : 福岡市早良区)| 北九州市門司区 | 八幡西区 | 八幡東区)| 大牟田市 | 久留米市 | 直方市 | 飯塚市 | 芦屋町 | 宇美町 | 篠栗町 | 久山町
佐賀県 : 佐賀市 | 唐津市 | 鳥栖市 | 有田町
長崎県 : 長崎市 | 佐世保市 | 島原市 | 大村市 | 雲仙市
熊本県 : 熊本市 | 八代市 | 玉名市 | 上天草市 | 宇城市 | 天草市
大分県 : 大分市 | 別府市 | 日田市| 佐伯市
宮崎県 : 宮崎市 | 都城市 | 延岡市
鹿児島県 : 鹿児島市 | 薩摩川内市 | 鹿屋市 | 阿久根市 | 霧島市 | 南九州市 | 十島村
4515 沖縄県 : 那覇市 | コザ市 | 宜野湾市 | 浦添市 | 名護市 | 豊見城市
朝鮮 : ソウル特別市 | 仁川市 | 平壌市
満州 : 新京市 | 哈爾濱市
華北・華中 : 南京市
台湾 : 台北市 | 台中市 | 高雄市 | 台南市
樺太 : 豊原市 | 落石市 | 新樺太市 | 真岡町 | 能登萌町


更新日時:2015年7月12日(日)14:19
取得日時:2018/08/19 14:49


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:46 KB
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE