駅弁
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…」の項目を執筆しています。
由来

そもそも、「駅」の定義から始めなければならない。「駅」とは、2007年現在の日本では「鉄道の駅」を意味するが、元来は違う施設を指していた。

例えば、「便所」とは、古代中国では「便衣をする所」の意味であった。つまり、排便の後、衣服を着替えたのである。富豪であれば、便衣用のスタッフを用意している事もあり、中には便衣中にアーン♥♥する者もいた。

「駅」発祥の地である古代中国では、「情報伝達(早馬)のための中継地点」を意味していた。ここでは、替え馬が常備されており、(当然ながら)その他の付随物も揃っていた。つまり、衣食住に関わるもの全てが揃っていたのである(最低限の物ではあるが)。それのみならず、当直の人物や、場合によっては交代要員(伝達員の)も必要であった。

「駅」が繁華街に近い場合は、「駅」の設備を充実させる必要はないが(江戸時代の宿場町のようなものになる)、必ずしも立地条件に恵まれているわけではない(むしろ、人里はなれた辺鄙な場所、つまり秘境駅になる事が多い。これは、戦略を優先するためである)。そのため、駐在員や伝達要員のために、アーン♥♥専用の女性も置かれる事となった。

情報伝達は速度が命である(これは、古代も現在も変わらない。あすなろ精神では、豊臣秀吉にはなれないのである)。そのため、伝達要員は、馬を交換する間に、自身のアーン♥♥も済ませなければならない。いわゆる「駅弁」の体位(立位)が好まれたのは、時間短縮のためである(当然、着衣のままの行為である。『蒼天航路』では関羽が行っていた)。

「駅弁」と称する由来
花弁説
女性のぴーを花弁(花びら)に例えたもの。
「食=色」説
「食=色」という考え方による隠語である(ともに本能であり、種の存続に必要なものである)。本来、「色」という漢字は、「後背位でのセックス」を表した象形文字であるが、それが立位(駅弁)に変化したのは興味深い。

ただし、「鬼」のように、日本と中国で意味の違う漢字もあるので、一概には言えない(中国の「鬼」とは幽霊の事)。

いずれにせよ、子供の前で「アーン♥♥したか?」というのをはばかり、「駅弁たべたか?」と尋ねたのである。
現在の駅弁

高度成長期になり、日本では鉄道の需要が一般人にも浸透してきた。そのため、さまざまな工夫がなされ、駅弁にもバリエーションが生まれた。なお、着衣のままである必要はない。
空弁
弁(そらべん)とは、野外プレイの事である。カニ族が「オレたちゃ自然に還るんだ!」と叫び、実践したのが由来、とされているが、定説となっていない。開放感が大きいため、複数の参加者によるプレイも珍しくない。アンノン族が参加した頃がピークであった。屋外の物(主に自然物)を使用することにより、バリエーションを増やしている。野外生活者を飛び入り参加させることもある。あらかじめ道具を準備する事は邪道とされている。そのため中出しが基本となり、「できちゃった婚」が増えている。

牛山隆信の定義した秘境駅は、空弁が多い。

駅ナカ
駅ナカ(えきなか)とは、空弁に反対する行動である。すなわち、駅舎の中での行為に限っている。回顧主義ともいえるが、最近の若者(カニ族の子供の世代)が行っており、価値観の逆転が興味深い(ただし、こちらも複数プレイは行われている)。こちらは駅舎内の設備を使用することにより、バリエーションを増やしている。あらかじめ道具を準備する事は推奨されている。

近年(1990年代後半以降)は「駅で中(ナカ)出しするから駅ナカ」という風潮もあり、こちらも「できちゃった婚」が増えている。まったく、近頃の若い者は!

その他、電話やインターネットで業者に予約する事もできるが、「プロはダメだろ?!」という指摘が多く、まだ主流とはなっていない。
駅寝
駅寝(えきね)の場合は、アーン♥♥はなく、ただ眠るだけである。若者には少ない。主にホームレスが行っている。

近年、時間帯も憚らず駅弁を行うDQNが増え、昔からの愛好者を悩ませている。このままでは駅弁が法律によって規制され、廃止される事もありうる。昔は良かった
駅弁用車両

顧客のニーズに応えるため、性交渉環境作りに力を注いでいる。
寝台車
駅弁専用車両。後述の鉄子一行も、北斗星を利用した。
小田急ロマンスカー
性的な意味でロマンを求める旅客が利用する。
成田エクスプレス(N'EX)
2010年に行われた仙台空港までの延長運転は略称が{お察しください}となったことで話題に。
スーパービュー踊り子
踊り子との駅弁が楽しめる。鉄子一行も利用し、家族連れに好評を得た。

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

鉄子一行の傾向

『鉄子の旅』では、横見は「駅寝」に拘っていたが、キクチナオエは「駅弁」に固執していた(執筆の条件でもある)。キクチは空弁・駅ナカとも堪能しており、初代編集者のイシカワが悲鳴をあげ、降板したという[要出典]。カミムラは若さでカバーしていたが、ついに体力の限界を迎えたため、連載が終了した。

なお、横見は実名だが、キクチはカタカナ表記となっている。これは、「横見は実物通りだが、キクチはあくまでマンガのキャラクター(漫画家本人ではない!)」という記号だろう(編集者のイシカワ、カミムラ、及び変執超編集長も同様)。

ゲストも駅弁を堪能したが、中にはフジテレビの某アナウンサーのように家族ぐるみで参加したケースもある(未就学児童まで…)。これに関しては、各方面で物議を醸している。
関連項目
コウノトリ
DQNに子供を運んでくる。
ゆでたまご
望まれない妊娠をした場合、多額の金銭に換金できます。
マザー牧場
空弁が楽しめます。管理は万全で衛生的です。ぜひ一度ご利用下さい。
駅弁大学
駅弁を生産している大学。
NOVA
駅前弁留学。
お弁当箱屋さん
駅弁の基礎を作っている店。


この記事、「駅弁」は、地球温暖化によって、文字が溶けてしまい、厚みがなくなりました。
あなたたちの1つ1つの努力で、この記事を元の姿に戻しましょう! (Portal:スタブ)


更新日時:2014年6月22日(日)19:22
取得日時:2019/09/10 12:00


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:12 KB
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef