韓国起源説
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「韓国起源説」を執筆しましたが、彼らのおかげで、アンサイクロペディアより面白くなっています。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「韓国起源説の一覧」を執筆しましたが、彼らのおかげで、アンサイクロペディアより面白くなっています。

韓国起源説(かんこくきげんせつ)は、ウィキペディアンユーモアの塊であり、アンサイクロペディアがユーモアの点で敗北を喫した数少ない記事の一つである。
目次

1 概要

2 アンサイクロペディアの敗因

2.1 圧倒的な量

2.2 ライセンス


3 アンサイクロペディアの韓国起源説

3.1 反論


4 関連項目

概要

頭の固い百科事典において、ユーモアの存在は禁忌とされる。しかし、その不文律には、唯一の例外が存在する。それは、事実にユーモアが含まれる場合である。

そしてこの韓国起源説、これはその典型的な例である。ウィキペディアでは韓国のメディアが様々な物事の韓国起源説を紹介するたびに即座に検証。歴史的に見ても妥当な反証が示され、場合によっては国境の枠まで超え中国やインドが起源のものに対してまで詳細に紹介、韓国起源説に対する否定を続けている。

これは、日本人愛国心による行動と見ることもできるが、それ以上に漫才における「ボケ」と「ツッコミ」に近く、世界中に身を削ってまでユーモアを振りまく韓国という国をアピールする狙いがある。現在、韓国起源説は日中韓三カ国によるコント形式をとっており、Youtubeを通じて英語圏の国々にまで紹介されている。

韓国渾身のボケを英語で紹介

上記のボケの日本語版

が、韓国の放送局KBSが異常なまでにファビョり、削除されてしまった。もう一回見たかったな。
アンサイクロペディアの敗因

アンサイクロペディアが敗れた原因として、以下の事項が挙げられる。
圧倒的な量

ウィキペディアの記事「韓国起源説」は、ピーク時には190KBにも及ぶ長大記事となり、アンサイクロペディアの記事ではフィギュアスケーター(198KB)や鯛焼問題(126KB)に匹敵する状態となっていた。今なお新たなるネタを追加し続けており、この増加傾向に歯止めがかかる気配はなかったため、とうとう韓国起源説の膨大な具体例が韓国起源説の一覧に分離。今ではそちらは280KBにも上る巨大項目となっている。
ライセンス

これだけのネタがあるにもかかわらず、アンサイクロペディアにおいてこの記事を執筆できないのは、ライセンスの問題が大きい[要出典]。たとえばウィキペディアの記事のコピペは、このライセンスに引っ掛かり、即時削除の対象となる。また、二番煎じとされるものも忌み嫌われる傾向にある。アンサイクロペディアでは、ウィキペディアを超越するユーモアが求められるが、ウィキペディアを超越するためには、まだウィキペディアに加筆されていない事項を、290KB以上も集めて記述する必要がある。これは非常に困難を極める。ウィキペディアの記述に頼らずに面白い記事が書けるというのなら、挑戦するのも悪くはない。本物の韓国人の面白さに対抗できるというのなら。
アンサイクロペディアの韓国起源説

実は、アンサイクロペディアも韓国起源である。オスカー・ワイルドは実は韓国人であり、世界を生み出したひようわなにをするやめr

死亡確認
ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。

反論

オスカー・ワイルドは当然ながらイギリス出身であるし、ひよこ陛下の正確な出身地は不明である(ただし、一部の韓国人は、イギリス人の起源を主張している)。
関連項目

ウィキペディア

韓国

ウィキペディアの記事「韓国起源説」(中国文化編)(中国語)

平成起源説 - 昭和発祥の物を全て平成時代発祥であると主張すること

日本起源説

民明書房 - 様々な起源について記された書物を刊行している出版社

この項目「韓国起源説」は、執筆者が大真面目に書いた可能性もありますが、今はまだ周知の事実しかありません。ですが、ウィキペディアにしては笑えるので、ウィキペディアに勝る程度に面白くして下さるボランティアを求めています。 (Portal:スタブ)


更新日時:2019年11月14日(木)15:54
取得日時:2020/01/23 08:02


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:8778 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef