電脳コイル
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「電脳コイル」の項目を執筆しています。ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「 ⇒電脳コイル」の項目を執筆してくれています。 『電脳コイル』における世界観の本質を的確に捉えた一枚

電脳コイル - COIL A CIRCLE OF CHILDREN(でんのうこいる)とは、NHKによって計画された映像洗脳教育計画「ISOプラン」の第一段階プログラム。及び2007年5月に運用を開始した洗脳映像兵器の暗号名、コードナンバー。また、同映像兵器の内容において、その中核をなす設定、現象の名称でもある。高等学校教育過程に入る前の少年少女、特に5?12歳の子供へ、来るべき情報インフラ社会へ対応させるため、更にはハッキングスキル向上の有要性、それ自体の楽しさを教え込むために製作された。2007年12月1日に第一次運用が終了、その全容が明らかとなった。刷り込みをより強力にするために再放送が定期的に行われ、2008年6月14日に第二次運用が終了。BS2にて2009年9月24日に第三次運用が終了。2010年現在、毎週月曜日の17:00よりBSHiにて再々再放映中。
目次

1 概要

2 受賞した賞

3 視聴にあたっての注意

4 登場人物

5 電脳生物

5.1 電脳ペット

5.2 イレギュラーな電脳生物


6 組織

7 用語

8 噂

9 批判

10 小説

11 関連項目

概要圧倒的に高い眼鏡率を誇る。その眼鏡率は9割に迫るのでは、というのが専門家の意見である。発射される電波の多さも並外れており、これを凌ぐのはわずかに攻殻機動隊程度であろう。天才アニメーターとして名高い磯光雄のオリジナル作品であり、初監督作品であり、脚本、コンテ、演出、作画、デジタルエフェクト、演技指導等々、その全ての手綱を握った。作成スタッフたちは「コイル組」と呼ばれ、井上俊之、本田雄を始めとするキラ星のようなスタッフたちで構成された。そのクオリティたるや凄まじく、作画オタ達は各話の放映が終わってテロップが流れる度に失禁したという。放映当初『Always 三丁目の攻殻』、『となりのサッチー』等と揶揄する声がちらほら見られた。が、そうした視聴者達は後半に入ってからの輪をかけた怒濤のシリアス展開(まさに怒濤、である)にもれなく半殺しにされたという。(コイル現象)
受賞した賞

2007年文化庁メディア芸術祭アニメーション部門:優秀賞

第7回東京アニメアワードTVアニメ部門:優秀賞

第39回星雲賞メディア部門:受賞

第13回アニメーション神戸・個人賞:磯光雄

第29回SF大賞:受賞

視聴にあたっての注意
非常に中毒性の高い作品なので、視聴の是非は自己責任でお願いします。

非常に刺激の強いストーリー展開?? 3ff0 ?精神的に)なので、視聴の際は十分注意して下さい。

非常に情報量の多い作品なので、思索をめぐらせることに慣れていない
大きなお友達は、知恵熱を覚悟して下さい。


警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。もしあなたが、ガンダルフがファンゴルンの森で再び現れることや、親戚一同が会した遺言状公開の席にいた犬神佐清は実は別人だったことや、入れ替わりに実は三年の時差があり、瀧と三葉は既に会っていたことや、黒崎一護の父親はもともと死神で護廷十三隊十一番隊隊長だったことや、謎の少年イエローの正体は女性でありトキワシティ出身であることを隠すついでに麦わら帽子を被って性別を隠していたことや、ブルースはロックマンの行方不明になった兄であることや、織田・信長の襲名者は10年前に死んだホライゾン・アリアダストの身体であることや、最初のアギトは沢木雪菜であることや、「先生」は「私」が父親の病気のため里帰りしている時に自殺して遺書を郵送してくることや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。
登場人物 将来起こりかねない問題に直面するヤサコ(金沢時代)
ヤサコ(小此木優子):中の人:折笠富美子
ほとんど話に絡んでこない、いわゆる空気小学生。しかし、これでも主人公である。必要もなくひたすら足を見せつけ、誘惑するのが得意。かつてはウンチ語が使えた。ハラケンにプロポーズしようとしたが、食用にもならない鳩に邪魔されたため失敗。二度目のプロポーズはハラケンが光の泡になって消し飛んでしまったため不完全燃焼。三度目の再会でハラケン「それってもしかして…初潮(はつこい)…かな…  ポッ」ヤサコ「そうかもしれないわね…」 と流したシーンはあまりにも有名である。近年まれにみるドジッ子因子の保有者でもある。どうやら小此木一族の宿命らしい。最終話で 小此木・グランドマザー・優子(通称:Gヤサコ) として覚醒。比類なき母性と強さを得、大黒市全土が幸せで満たされる。そのせいもあってか、最終話放映直後に多くの視聴者が電脳コイル現象を引き起こしヒゲイリーガル化。ヤサコをとして崇めるようになったという。実は5年前、愛ある家族計画によりイサコにミチコを産ませている。が、本人はキレイさっぱり忘れていた。恐ろしい子。有名な発言:「…もうお嫁に行けないわあっ!!アーハァァーーーン」
黒ヤサコ【くろやさこ】
金沢時代、消極的いじめに加担していた事への罪悪感や、主人公の特権の様なラッキーチャンスに易々と食い付く微妙な性格ゆえに「本当は性悪女なのでは?」と憶測された事から生じた概念。


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:71 KB
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE