電波利用料
[Uncyclopedia|▼Menu]

電波利用料(でんぱりようりょう)とは、電波利用者が払う総務省への上納金である。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「電波利用料」の項目を執筆しています。
概要

電磁波、およびそれを利用した通信は自然現象を用いたものであり、重力や遠心力と同じく万人に与えられたものである。しかし、政府はこれを利用する者からお金を取り立てることを考え出した。これが電波利用料である。
システム

特殊な自営業者が、お祭りのみかじめ料を受け取る場合を考えてもらうとわかりやすい。

初めに、神社に対して、場所の利用の許諾をもらう。もちろん、そのスペースは公共のものであり、ここではお金は動かない。次に、お祭りに出店を希望する者に対して、出店場所を調整すると共に、出店場所が決まった場合には一定の負担金を徴収する。最後に、この調整を経ずして出店した者に対しては、徹底的な取り締まりを行う

一般には、

NHKの受信料を払う

NHKは受信料の一部から電波利用料を上納する

上納された電波利用料を使って、NHKの商売を邪魔する輩を摘発する

という形で、もちつもたれつという構図が作られている
税金?

これはもちろん税金ではない。公共料金である。同様の料金としては、日光利用料などが存在している。生存税、テレビ設置料金のように、そこにあるだけで強制的にとられるものよりはマシである。

この項目「電波利用料」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2013年3月30日(土)20:17
取得日時:2020/03/17 11:02


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:2461 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef