電子レンジ
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「電子レンジ」の項目を執筆しています。

電子レンジ(でんし-)とは、世界で最も偉大な一人暮らしの味方の一つである。
目次

1 電子レンジの機構

2 電子レンジの起源

3 日本における電子レンジの開発

3.1 電子レンジのこれから


4 さまざまな電子レンジ

4.1 こどもチャレンジ

4.2 ○○レンジャー

4.3 塵体レンジ


5 関連項目

電子レンジの機構

電子レンジは、強力なレーザー光線(主にスペシウム光線)を内部の皿に乗った物質に照射することにより、物質の電子組成を著しく添加励磁させて状態変化を促す、高周波物質状態制御装置の一つである。

高周波物質状態制御装置には、この他にも脳細胞にシィネシィネ(Shine-Shine)光線を照射することで、脳の活性化を促す携帯電話や、聴覚細胞にノイズを送りつづけることで聴覚を鋭敏にし、生活環境における不要な音を聞かない能力を養うウォークマン機器などが分類されている。
電子レンジの起源

電子レンジは、元々、アメリカ合衆国のレイセオン社で働いていたグスキン社の獣医パーシー・スペンサーが、鶏卵を爆発させることで数百メガトンの破壊力を得るために、第三次世界大戦用の新兵器として開発した。

しかし、実際には鶏卵は爆発しても1.371ノットの爆発力しか得ることができなかったため、パーシーは能力が不十分とされ、その後ソドー島へ、カメラマンのトミーと共に機関車として左遷された。

電子レンジはその後、アメリカのNASA(合衆国航空鉄道宇宙総合開発事業協議会連絡会振興会)によって開発を続けられ、1945年、NASAはモルモットを電子レンジに挿入することでモルモットが調理できることを発見した。

この歴史的大発見により、NASAは翌年、猫を調理するための電子レンジのアーキテクチャを各種メーカーにニュースリリースし、その功績が認められたNASAはロケット花火の開発を国より認可され、今なおその開発を続けている。
日本における電子レンジの開発

日本における電子レンジの歴史は短く、1962年に、総合家電メーカーアンシャープにより、初の電子レンジが発売された。この電子レンジでは、モルモットに加え、ヤモリ、イモリ、大蛇などの爬虫類両生類の調理が可能となっており、1964年開業の東海道・山陽新幹線では、食堂車での料理のために1編成に130台が投入された。

そんな中1971年、目立・ニツ菱・日本電汽の三社は合同で「キャット型」という電子レンジを開発した。

現在最も多い電子レンジのタイプはこの「キャット型」と呼ばれるタイプで、これらは主に猫の調理を目的とした調理器具である。あなたが電子レンジを使用するために必要なことは、名誉の調理に武者震いする猫を優しく押さえつけながら電子レンジのそばへ任意同行し、内部の皿に猫を乗せてスイッチを押すだけである。

この操作方法の簡単さに、電子レンジは瞬く間に大ヒットを記録したのだった。

この1971年の大ヒットにちなんで、時の首相はこの年を「電子レンジの年」と定めた。

電子レンジはその後改良を重ねられ、2000年現在の全国家庭への普及率は95%となっている。
電子レンジのこれから

近年、電子レンジの新しい利用法が発見され、話題を呼んでいる。その利用法とは、「食品の調理」であり、日本及びヨーロッパの各シンクタンクは、「電子レンジは「魚類」や「肉類」の調理に非常に適している」と共通の見解を示している。この新たな調理法を巡って各家電メーカーはさまざまな商品を開発中であり、今後の電子レンジの利用価値は大きく変わっていくだろう。また、アレなデータバックアップ用のCD-R、DVD-Rなどの光学メディアに限らず電子機器はことごとく使用不可能にできてしまうので、いい子はまねしないように!

アメリカで奨励されている使用方法は、子供などをローストすることである。

これは、ほかほかの猫を食せるばかりか、訴訟を起こして大金を手にすることも可能である[要出典]。
さまざまな電子レンジ
こどもチャレンジ

日本の通信業界の草分けとも言える電子レンジである。

この電子レンジには通信機能が内蔵されており、全国どこの家庭にいても、東京の本社と通信が可能である。

○○レンジャー

古くからテレビ局各社が行ってきた、子供達に対する電子レンジのイメージアップ方策の一貫のことを指す。

「○○レンジャー」と名のつく特撮映画はあまりにも有名で、中でも「オーレンジャー」は、キングレンジャー=リキが使用する「キングビクトリーフラッシュ」と呼ばれる光線でさまざまな生物を調理するため、世界中のメディアから注目された。

塵体レンジ

火葬場の規模縮小で造られた、一瞬で骨まで蒸発させてしまうレンジ。遺体を棺桶ごと数秒で、無に帰することが出来る。出力は891万テラワットという、非常に高電力を使うため隣に鳥出力閣勇剛発電所がある。

関連項目

家電


オレンジレンジ

ファービー

アレクサンダー・グラハム・ベル

インターネット電子レンジ

冷凍食品


更新日時:2019年4月17日(水)13:42
取得日時:2019/07/14 12:45


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:8646 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef