難解
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…弊害[編集]難解な言葉もしくはそれを表記する文章は、本質的にはある事象に解釈を与える過程での複雑な思考を表現したに過ぎないが、これは情報の共有を容易にするという本来言葉及びそれを有効活用するための文字の意義に相反するものであり、さらに極言すれば人間の優位性を否定していることにもなる。仮にその思考過程が難解であってもそれによ 106f って情報が一意性を確保できるならばその意味での利点はあるが、同時に難解な思考は多くの個人を敬遠させ、本来言語という情報伝達手段が持つ広く個人へ情報伝達するという意義を喪失させているという点で弁明の余地は無く、もし同一の解釈をより簡潔な思考過程によって与えることができるならば難解な思考は極力避けられるべきものであろう。

より卑近な弊害としては、難解な学術用語・政治用語を用いた演説が高尚なものであるとの錯覚を起こし、権力者や知識人が自らの能力を誇示する手段として難解な言語が無意味に多様されるという問題がある。彼がその思考過程を理解した上で難解な演説を行っている場合であっても、机上で文字によって長時間を要して構築されたその思考体系を、聴衆には一過性の音声によって瞬時に理解されることが求められ、本来難解な思考過程を得意とする彼以上の理論構築力を聴衆に求めていることになり、演説としてとくに自らの能力誇示としての役割を果たすためには本来適当ではない。仮に彼がその思考過程を理解していない場合にはその演説では飛躍し破綻した理論を述べている可能性が多分にあるが、やはり聴衆はその演説の思考過程を順を追って理解する時間的余裕を持たないために彼の演説内容を検証することができず、しかし聴衆は演説を理解できないことの責を自らの無知に帰して演説の改善を求めることなく賛辞する。もっとも聴衆の側にも帰すべき事情がないわけではないが、彼の演説はこうした聴衆の心理を把握した上で意図して必要以上の評価を要求する悪質なものである場合が多く、本質的には悪徳商法と変わりはない。ただし文字化された場合にはソーカル事件のごとく真の知識人が思考過程の破綻を適切に指摘し、同時に難解な表現を美辞麗句と誤認して無意味に多用した者の、知識人・政治家としての姿勢を厳しく指弾する例も存在する。
関連項目

中二病
精神発達過程においてとかく難解な表現を多用する世代があるが、彼の表現は綿密な理論体系に基づいたものではなく表面的に難解な字句をちりばめたに過ぎず、上記ソーカル事件の例と同一であるばかりかそもそも理論が存在していないことも多い。

クソ記事に注意!!
本記事はその記事としての内容及び表現技法が劣悪と判断される程度の完成度を有するとともに、執筆者自身がそれを認識しています。
37a

更新日時:2015年12月21日(月)16:03
取得日時:2021/04/24 01:57


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9547 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef