阪急王国
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Uncyclopedia|▼Menu]
阪急王国Hankyu Kingdom


(国旗)(国章)
国の標語 : 人生は阪急から阪急へ・・(独立時)

公用語日本語(関西弁)
首都池田市
最大の都市大阪市
指導者不明
主権者角和夫
首相不明
面積
 - 総計
 - 水面積率世界第xxx位
不明平方km
不明
人口
 - 総計(不明年)
 - 人口密度世界第不明位
不明人
世界第xx位
不明人/平方km
政府不明
国民的な英雄不明
独立
 - 日付1907年6月

通貨日本円 (通貨コード不明)
時間帯UTC UTC+9 (DST: なし)
国歌阪急のCMテーマソング-
宗教阪神タイガース教
国際電話番号 なし

阪急王国(はんきゅうおうこく)とは、阪急電鉄初代総帥(国王)の小林一三が、大阪府兵庫県の一部(阪神間及び北摂平野…俗に阪急平野)に構築しようとしていた独立行政体(国家)のことである。後には、それに京都府も含める動きへ発展した。

その独立宣言は「人生は阪急から阪急へ・・・」で、その名の通り阪急沿線だけで完結する生活基盤を構築することにあった。
目次

1 阪急が構築したもの

2 王国民の一生

3 王国の統治区域

3.1 付属地(植民地)


4 王国の歴史

4.1 建国と栄華

4.2 戦後の盛衰


3fae 5 関連項目

阪急が構築したもの

住宅地 - 阪急が路線を開業させた際、同時に宝塚線から神戸線、それにその支線にあたる地域までのほぼ全域にかけて開発された。
芦屋市六麓荘町西宮市夙川沿岸のように、民間が開発に手を貸したところもあったが、これは電車の乗客を増やす効果のみならず、最終的には独自の文化圏を構築するに至り、国民意識を向上させた。

学校 - 同じように、大阪へ向かうのとは逆方向の流れの乗客を増やすため、幼稚園小学校・中等学校(今の中学校及び高等学校)・専門学校大学に至るまで、様々な学校が誘致された。神戸市から西宮市に移転した関西学院大学などはその象徴で、昭和期までに阪急今津線阪急甲陽線が「通学路線」へ発展している。

商業施設 - 大阪の「阪急王国」への入り口となる梅田駅に設けられた百貨店を始め、沿線に商業施設を多く開発し、それまで沿線から大阪や神戸の市街地まで買い物に向かっていた客を、沿線だけで移動が完結するようにした。

娯楽施設 - 箕面市動物園を設け、宝塚市温泉地と遊園地を開発したのを手始めに、六甲山の開発、西宮北口駅前の西宮球場開発などを実施。百貨店などと同じく、沿線だけで移動が完結するようにする試みであった。

興業 - 宝塚に宝塚歌劇団を設けた他、東宝映画の母体も開発した。

介護 - 高齢になると利用頻度が増えるバスで繰り返し車内CMを流すことで、アルツハイマーになっても「阪急ケアサービス」を指名させることに成功。さらに、車両整備で得たノウハウを介護にも活かし、きめ細かいメンテナンスを可能とする介護は、「阪急方式」として大手介護事業者にも一目置かれる存在である。

墓地 - 宝塚線沿線の中山寺一帯で開発を行った。正に「生誕から最期まで」である。

王国民の一生

阪急が開発した沿線で生まれて沿線の学校に通い、就職は阪急の傍系会社へ。結婚後の新居も阪急の沿線に求め、行楽も沿線で済ます。そして老後は系列の老人ホームに入り、亡くなったら系列の葬儀場か沿線の教会で看取られ燃やされた末に、沿線の墓地へ埋葬される。

阪急王国の最終予想形態、すなわち発展目標は王国民に会社の株式を保有してもらい、彼らのためにただで電車を動かすようにすることであった。
王国の統治区域

大阪市北西部、尼崎市伊丹市西宮市芦屋市神戸市東部(神戸線・阪神電気鉄道)

豊中市池田市川西市箕面市宝塚市(宝塚線・北大阪急行)

吹田市摂津市茨木市高槻市島本町大山崎町長岡京市向日市京都市洛中(京都線・北大阪急行)


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:33 KB
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE