長万部町
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「長万部町」の項目を執筆しています。放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「 ⇒長万部町」の項目を執筆しています。長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「 ⇒長万部町」の項目を執筆しています。

長万部町 (おしゃまんべちょう)とは、渡島半島の付け根にある町である。
目次

1 基本データに関する妄想

2 概要に関する妄想

2.1 地名の由来に関する妄想

2.2 主な集落に関する妄想

2.3 名物に関する妄想

2.4 鉄道に関する妄想

2.5 名所に関する妄想


3 他の市町村との関係という妄想

3.1 隣接自治体に関する妄想

3.2 その他の自治体に関する妄想


4 最後の妄想

5 関連項目なんて妄想である

基本データに関する妄想

国:
函館王国

所属勢力:チーム山越

隣接自治体:八雲町、崖っぷち今金町、豊浦町、黒松内町、島牧村

面積:127.73平方khyde

人口:カニ2500杯、ホタテ4000杯、その他

町の木:クロマツ

町の花:萌えプリン

町長:まんべくん(左翼主義者)

所在地:内浦湾の奥

hydeの身長:156cm

概要に関する妄想

長万部町は、何もない町である。唯一高いものと言えば(なぜか)知名度であるが、町民は「知名度の高い町」とはすなわち「何でもある町」と勘違いした。これが北海道有数の妄想の町となる第一歩であった。
地名の由来に関する妄想

地名の由来は諸説あるが、有力なものが二つある。一つはアイヌ語の「オサマムペ」、訳すと「川尻が妄想になっている川」という意味。もう一つはアイヌ語の「オ・シャマンベ」、訳すと「川尻の妄想のいる所」という意味である。
402f 主な集落に関する妄想
長万部
長万部町の中心部。前述の通りである。あとは
お察しください
静狩
長万部町の中心部から室蘭方面に10km行ったところ。親不知のような難所の手前にある。中心部から自転車でここまで行こうとすると三割の確率で発狂すると言われている。
国縫
長万部町の中心部から函館方面に10km行ったところ。八雲町の黒岩地区と雰囲気とかが似てる。張り合ってるのかな。間違っても読みから女性のアレを舐める行為を妄想してはいけない。
蕨岱
長万部町の中心部から倶知安方面に10km行ったところ。本当に何もない山奥。とにかく山奥。ずっと山奥。

その他の集落についてはお察しください
名物に関する妄想

長万部はホタテと毛ガニが名産である。しかし残念なことに長万部で有名なのは町の名前だけであり、これらの名産品についてはあまり有名では非ず、カニやホタテと聞くとハエのように群がってくる内地の連中にすらあまり、いや全く知られていない。しかし町民は「町の名前が有名なんだから、名物もセットで有名なはず。」と思い込んでしまっている。思い込みというかまさに妄想である。

この酷い妄想の原因として、町の立ち位置が狙ったように函館室蘭小樽の何とかトライアングルの中心あたりにあるため何か魔術的な要因があるのかとよく思われるが、全然そんなことはない。ただ単に都市から遠いという環境が、現実から背を向けて妄想を育むのに適しているというだけである。
鉄道に関する妄想

函館本線と室蘭本線の分岐点に位置する長万部町はかつて「鉄道の町」として栄えていた。酷鉄職員、鉄オタ、キモオタ、鉄道教信者など人が大勢集まり、町には活気があった。しかし、今の状態はお察し下さいな状態となってしまっている。だが将来、この寂れきった町にコヒシ毎道新幹線の駅のができると、町民は雪かきもしないで喜んでいる。何故なら、新幹線が通れば町は栄えると妄想しているからだ。しかし新幹線が通って町が栄えた例は全国的には殆どなく寧ろ寂れるのが定石である(駅弁であるかにめしが5個くらい余計に売れる程度のレベル)しかし長万部町民は妄想を止めない。寂れた町と妄想こそが長万部であるからだ。新幹線が通るからといって町おこしをしようという妄想を誰かとめるべきである。
名所に関する妄想


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:54 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE