[Uncyclopedia|▼Menu]

鍋(なべ)は、主に日本料理において使用される食材の一種である。
目次

1 概要

2 成分

3 鍋を食す

4 関連項目

概要

鍋はい食材である。これは主に日本において生産され形状としては形(四辺形である場合もある)であり真中に穴があいており底は浅く湾曲している。鍋は主たる生産国でもある日本の人によってよく食される。鍋を食する人は鍋の湾曲している底面部分に他の食材を入れて(和えて)食べるのがセオリーである。このことについては後述する。
成分

成分としては50%と鉄分50%である(ただし、生産地域により異なる場合がある)。土は肌をさらさらにする効果があり、鉄分は貧血から肉体を守る作用がある。恒常的に鍋を食している日本人はさらさらの肌と貧血に負けない健康的な身体を今にいたるまで維持しているのである。
鍋を食す

鍋を食すことを弁じる前に鍋の味について記しておく必要があろう。鍋の味は至って淡白である。材料が材料なのだから仕方なかろう。しかしそれは言い換えればとても素朴な味であると言うことである。このような味は他の食材の味を引き出すことに大いに貢献してくれる。鍋に窪みがついているのは他の食材を中に入れて一緒に食べられるようとの配慮である。

さて、では食す方法を記そう。鍋は基本的にでも加熱しても美味しく食べることが出来る。生で食すときはそのまま手に持ってボリボリ食べると良い。ただ、これでは材料が材料なのでとても硬い。また、前述の通り鍋自体が淡白な味なので単独で生食することは素人にはあまりおすすめできない。ただ、とても硬いのであるからあごの力を付けたい方にはオススメしても良いであ? 42cb ?う。

ポピュラーな食し方としては他の食材と和えることである。これにより鍋が他の食材を引き立ててくれ、入れたものが美味しくなる。鍋をバスケット代わりにして食材を乗せ、丸ごと頂くのもオツだが、これでは鍋はまだ硬いままである。これだと歯やあごの力が弱い小さな子どもやお年寄りでは歯やあごを破損してしまうかもしれない。そこで鍋を柔らかくする方法である。

鍋の成分として土が含まれているのであるからその土を柔らかくさせればよい。

そこで鍋に水を満たす。食材は切りそろえて並べ、鍋越しに加熱する。これにより熱が効率的に鉄製の鍋から食材へと行き渡り鍋も食材も柔らかくなる。そして中の食材を全て食し鍋を満たす汁を飲み干してのち、最終的に残った鍋をゆっくりと食せば良い。食材を食べた後なら水を吸って柔らかくなっているし、各食材から流れ出た栄養分(ビタミンCやミネラル、DHMO)と旨みを頂くことができる。大変効率的であり、健康にも良い。
関連項目



鍋奉行

猫鍋

空鍋

フライパン

この鍋は、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)


更新日時:2018年6月18日(月)16:34
取得日時:2019/07/18 17:42


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4074 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef