鉛筆の取り扱い説明書
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Uncyclopedia|▼Menu]
秀逸な記事

この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。

鉛筆の取り扱い説明書(えんぴつのとりあつかいせつめいしょ)とは、トンボ鉛筆が鉛筆アメリカ合衆国に輸出する際に添付した取り扱い説明書。訴訟大国であるアメリカで訴えられないように細心の注意を払った結果、説明書は500ページもの厚さとなり、現在も改訂が進められている。また、スペイン語版や中国語版も存在する。そのすべてをここに記述することは不可能だが、代表的なものだけを掲げる。なお、ここでの記述は原文を日本語に翻訳したものであり、表記に多少の揺れがあるが、原文は完璧な英語で書かれている。
目次

1 引用する版について

2 総則

3 本説明書を読む際

4 購入時

5 仕様

6 使用前

7 使用

7.1 被筆記物の特性

7.1.1 光学的特性

7.1.2 物理化学的特性

7.1.3 経年変化


7.2 使用環境

7.3 使用の限界

7.4 保健・衛生


8 保管

9 使用後

10 その他・追補

引用する版について

鉛筆の取扱説明書(以下、本説明書)は、ひよこ社発行「鉛筆の取り扱い説明書第12版 翻訳版」といい、これは『Tombow Pencil's Pencil Guide 12th-Edition For USA』(日本語名:「トンボ鉛筆 アメリカ版鉛筆の取り扱い説明書第12版」)を翻訳したものである。原文(英語)は ⇒こちらで、中国語版は ⇒こちら

なお本説明書『Tombow Pencil's Pencil Guide 12th-Edition For USA』の内容と翻訳元の「トンボ鉛筆 アメリカ版鉛筆の取り扱い説明書第12版」との間に差異が生じている場合は、翻訳元の内容を優先することとする。
総則

今回はトンボ鉛筆(以下弊社)の鉛筆をご購入いただきましてありがとうございます。本製品の購入者、取り扱い者はあらかじめ本取り扱い説明書をよく読み、その内容に従ってください。もし本取扱説明書に記載されていない違法な販売、取り扱いをして傷害、損害が発生したとしても、弊社は責任を負わないものとします。

本取扱説明書に記載されていない事項は弊社または販売店にお問い合わせください。

本製品の購入・取り扱いに関する紛争は、各州都の
裁判所に提訴するものとします。

裁判は合衆国連邦法および各州法に従って提訴してください。

提訴する際には必ず「当取扱説明書の何ページ第何条何項に違反した」と根拠を示して提訴をするようにしてください。



本説明書を読む?? 3ff7 ?

繰り返しますが、本製品の購入者、取り扱い者は事前に本取り扱い説明書をよく読み、その内容に随ってください。

本取り扱い説明書をお読みになる際は、1時間毎に5分以上の休憩と十分な水分補給及び食事、睡眠、運動、排泄をしてください。

ただし上記の内容はそれを強制するものではなく、それを行ったことによる損害には当社は責任を持ちません。


本説明書は英語で書かれています。(注.アメリカに輸出する際に貼付したものであるため現物は英語で書かれている。)

英語を読むことができない場合には、英語を学習するか、英語が分かる人に読んでもらってください。

アルファベットで書かれていますが、
フランス語ドイツ語、その他英語以外の言語とみなして読むと意味が通じません。

英語を他の言語に翻訳して読む際には、意味の取り違えや翻訳ミスに十分ご注意ください。

Excite翻訳を使用する場合にはそれに過信せず、必ず正しい翻訳が行われたか確認してください。

再翻訳した文章は、原文から意味が変化している場合があるため、適切な再翻訳が行われているか確認してください。

本取り扱い説明書をExcite翻訳等で再翻訳して滑稽な表現となることを楽しむことは自由です。

再翻訳しても滑稽な表現とはならない場合もあります。面白さの保証もできません。ご注意ください。





文盲、又は盲目の人は、自分が生まれ育った境遇を嘆くか、がんばって文字を学ぶか、文字が分かる人に読んでもらってください。

文字を学習するために必要な時間は各自で確保してください。その間仕事をすることができないなどの理由で発生する逸失利益について、製造者は補償いたしません。

なお、この文盲、盲目という言葉は世間一般で用いられているものであり、誹謗中傷を意図するものではありません。


本書を読む際には適度に採光された部屋で、十分リラックスできる姿勢で読んでください。

自然採光が確保できない場合には、光を遮る建造物等の管理者に対して日照権を主張するか、蛍光灯・白熱灯・水銀燈・ナトリウムランプ・メタルハライドランプ・LEDなどを利用した人工採光を行ってください。

光をさえぎる建造物等の管理者に対して日照権を主張しても、直ちに日照を確保できないことがあります。


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:72 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE