鉄オタ
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…鉄分に夢中になる人[編集]貧血を恐れ、ただただほうれん草やレバーなど鉄分の多い食品の摂取に躍起になる人。

重症の人は「鉄病」とも呼ばれ、逆に鉄過剰症にかかる事例も多々見られる。
毒性

鉄オタは多くの人に愛される反面、毒性が強い。鉄オタの毒性は、形状によって異なる。
塊の場合

目や皮膚に対する毒性は小さいが、摂取による毒性が大きい。成人男性の場合、致死量は約260グラム。ただし、個人差が大きい。死因は主に窒息死。ただし、これは1つの塊を摂取した場合である。2つに分けて摂取した場合には、致死量は2倍になる。
粉の場合

摂取による毒性は小さいが、目に対する毒性が大きい。鉄粉は、目の細胞を破壊するため、目に入ると失明する恐れがある。
針状の場合

摂取による毒性も、目や皮膚に対する毒性も大きい。摂取した場合、致死量はわずか10グラムほどである。ただし、個人差や運による影響が大きい。死因は主に、失血死。また、針状の鉄は、目や皮膚の細胞を破壊する。そのため、目に入ると、失明する恐れがある。しかも、目や皮膚に触れると、死に至る恐れもある。この場合の致死量も、わずか10グラムほどである。死因は主に、失血死。
液体の場合

摂取による毒性も、目や皮膚に対する毒性も大きい。摂取すると、その熱によって、人体を分解するため、致死量はわずか1.5グラムほどである。ただし、その温度による影響が大きい。死因は主に、失血死。また、液体の鉄は、目や皮膚の細胞を破壊する。そのため、たった0.1グラムでも、目に付くと大変なことになる。また、皮膚に付いたときも、大やけどを負う。そのときの致死量は、約10グラム。そのため、目や皮膚に付いたときには、すぐに(0.1秒ほどで)洗い落とさなければならない。
179c 気体の場合

液体と同様に、その熱により、人体を分解するため、体の周りに少しでもあれば、たちまちその部分から体が分解されていく。そのため、致死量は、約0.05グラムである。
鉄分の場合

目や皮膚に対する毒性は小さいが、摂取による毒性が大きい。鉄分を少しでも摂取すると、鉄分依存症になる。また、摂取しすぎると、上述のとおり、鉄病になる。かと言って、摂取をやめると、貧血などの禁断症状が現れる。
フリーラジカルの場合

酸素を奪うため、摂取すると窒息死する恐れがある。この場合の致死量は、約5グラム。また、人体を水と二酸化炭素と窒素酸化物に分解するので、目に少しでも付着すると、失明する。
高温高圧かつ大量にある場合

100億度まで熱せられた大量の鉄は、周囲のガンマ線を吸収してヘリウムと中性子に分解し、周辺にあるものを全て吹き飛ばす。この場合に必要な量は、太陽の約10倍である。また、その際には大量のガンマ線が放たれ、周囲5光年以内にあるものは全て焼き尽くされ、50光年以内にある全生物が壊滅するとされる。
関連項目

車オタ


軍事オタ

鉄ヲタ病

乗りテツ

切符テツ

駅舎テツ

駅弁テツ

撮りテツ

石テツ

坊や哲

東武ん


更新日時:2019年 aeb 2月9日(土)09:02
取得日時:2020/07/03 06:50


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:10 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef