金融
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…」の項目を執筆しています。

上記のように、金融関係者に必要とされるのはどこで誰が何人死のうが気にしないサイコキラー的な利益判断である。彼らにとって倫理観などというものは二の次三の次で、金を巻き上げるのが命より重要なのは明らかなのだ。金が命より重いのは常識である。そしてそのような者が多い都市は金融センターと呼ばれ、一般的に発達した都市と評される。

世界で最もサイコキラー(=金融関係者)が多く、殺人の規模も巨大な都市はニューヨークであり、その後にロンドン香港東京シンガポールと続く。近年ではアジアで金融サイコキラーが急増しており、特にシンガポールは猛烈な勢いで成長している。なお、日本も東南アジアにおいてサイコキラーの育成に注力しており、人材の育成という名目で活発に研修を行なっている。
規制緩和

金を破産するまで巻き上げてボロ儲けするのが金貸しだが、1980年代以降少々度が過ぎてしまったために独占禁止法により訴えられるという形で、多少変化することを余儀なくされた。しかし金融関係者自身のスタイルを変えたくないという思惑もあり、金融業者ではなく市場を変化させるという形での妥協点が見出された。その結果が金融ビックバンとも言われる規制緩和である。

日本では1996年以降Free・Fair・Globalという聞こえのよい言葉を羅列した改革が行われ、市場はより国際的かつ競争的になったとされている。だが実際は銀行の名前が異様に長大化したり、(三井住友三菱東京UFJ明治安田東京海上日動りそな日本興亜大同第一拓殖新生みずほフィナンシャルグループなど)、目的がよくわからない銀行の多数創設(こども銀行やわらか銀行)など、大半の利用者にはあまり関係のない業務の変更・名称の変更ばかりが行われ、実質的な意味は殆どなかった。
関連事項

経済

銀行

財政

殺人

自殺


更新日時:2018年1月20日(土)11:04
取得日時:2020/03/30 22:31


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:8180 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef