金日成
[Uncyclopedia|▼Menu]

労働新聞許可
本項の文章と内容は、完全に正しい事実として労働新聞思想委員会により認定されており、
全ての無産階級人民と朝鮮労働党員による閲覧が認可されています。
この資料を疑うことは思想犯罪であり、疑った場合は社会安全省による再教育の対象とされます。
親愛なる指導者、金正恩同志は見ている。

本項目は共産主義者によって書かれた。

ソビエトロシアでは、テンプレートがあなたを加える!!

金日成
駅といった公共施設でよくお見えになられる。
基本資料
本名キム・イルソン 
通り名首領様、大元帥 
生没年1912年4月15日?1994年7月8日 
身体情報後半肥満 首右後部に大きなコブ 
職業軍人政治家 
好物主体思想、金王国 
嫌物南朝鮮日帝美帝 
出身地金氏朝鮮 
出没場所金氏朝鮮 
所属朝鮮労働党

? ??(金 日成。かね あきなり。キム イルソン。1912年4月15日?1994年7月8日)は、金氏朝鮮の太祖であり、金氏朝鮮を樹立した偉大なる将軍様である。2012年、金氏朝鮮の科学力の結集により再生される予定。

死後も偉大なる指導者としてあがめられている。金氏朝鮮王国民が彼を崇めるのは、正に巨人ファン長嶋茂雄を崇拝するのと同じ原理である。通称「偉大なる首領様」「永遠の国家主席」「偉大なる指導者」「百戦百勝の鋼鉄の霊将にして民族の輝ける太陽」。テーマ曲「金日成将軍の歌」。能力「神格化する程度の能力」。 とくに「金日成将軍の歌」は国歌と同等に重要とされており、また、彼の言葉をまとめた「金日成語録」は国民必読の聖書である。
武勇伝・偉大な功績 (左)「革命の後継者」金正日将軍様と(右)「偉大な領袖」金日成大元帥様

日本軍の戦闘機が飛んできた時、歌を歌い操縦士を溺死させた。

朝鮮半島北部を解放し、地上の楽園に変えた。(しかし、正日によって貧しい国となった)

巨大な銅像によって永久に功績は忘れ去られることはない。

金王国各地の拠点に存在する金日成主席の銅像は、有事の際に人工知能搭載ロボットとなる。


各家庭には必ず、首領様と将軍様の肖像画が飾られている。

中華思想や天皇制を超える近代的イデオロギー「主体思想」を確立した。

金王国の国技を何の共通点もないサッカーと定めた。

フグ田サザエが生涯のライバルと定めた伝説のコマンドー

アドルフ・ヒトラー総統閣下や睦仁皇太子や織田信長公が一目置くほどの天才。

毛沢東ヨシフ・スターリンは盟友。

彼が死去した日(Xデー)は、朝鮮中央通信のあのキャスターが人目もはばからずに泣いたほどである。

共和国では国家主席という役職は彼以外には居らず「偉大なる首席様」といえばそのまま彼を指す。

中国に行ったときに「80t積(=自重を含めて100t)」貨車を見て感激し「複線化する金があるなら100t積貨車を大量に作って輸送力を増強せよ」という天才的な命令を下した。

コンピューターの文字化けで出る「?」を世界で始めて開発(サイバー班にさせた)。

人生最後の新年辞(1994年)


若かりしとき。過度に美化された肖像画。

ギターを持って宣伝。

「俺って力持ちだぜ。カッコよくね?」ってとこを見せつけて、後に夫人となる金正淑にアピールする少年時代の金日成主席。周りの大人の「ガキが無茶してるぜ」という視線は気にしない。

国家予算の動きと金日成。だんだん嬉しそう

カードを掲げ自己紹介

関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「金日成」の項目を執筆しています。

ノーベル賞受賞者受賞年 :1994年
受賞部門 :ノーベル殺人賞
受賞理由 :反対派の粛清

金王国


朝鮮労働党

Xデー

主体思想

金日成語録

金正日

太祖


睦仁大日本帝国

ヴィルヘルム1世(ドイツ帝国)

朱元璋(明王朝)


先代
(国家成立)
金王国総書記
金日成
1948年-1994年次代
金正日
1994年-2011年

偉大なる将軍様はこの記事金日成の内容に満足していないことを表明し、更なる内容の充実と加筆を指導なさいました。人民はみな進んで加筆作業を進めることにより、この記事は更に良いものになることでしょう。 (Portal:スタブ)


更新日時:2018年11月21日(水)15:02
取得日時:2019/08/04 02:21


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9002 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef