金塊
[Uncyclopedia|▼Menu]

金塊(きんかい、?音:j?n kuai)は 6266 、春秋時代の中国思想家、哲学者。中国では金子(きんし)と呼ばれているが、日本では姓としての金子(かねこ)と混同する可能性があるため、日本では塊子(かいし)と呼ばれている。

なお、「金の地金」という意味もあるが、この人物と深い関係があるため、この記事では主に人物としての金塊を解説する。
目次

1 生涯

1.1 幼年期

1.2 少年期

1.3 青年期

1.4 壮年期


2 知名度

3 「金の地金」との関わり

3.1 「金」との関わり

3.2 「塊」との関わり


4 関連項目

生涯
幼年期

生誕年は定かではないが、中国の春秋時代後期、すなわち戦国時代の頃に長男として生まれたと伝えられている。生まれたのは非常に裕福な家系であるが、この家系はなんと後に清となり強大な国家を築いた後金に続く家系であった。
少年期

当時の中国は小学校にあたる機関がなかったため、家に大量にあるを読んで育った。そのためか、文章を書く能力だけでなく、誤字脱字を見つける能力も豊富にあったため、いちいち訂正される周りの人は彼を嫌っていた。
青年期

家にある本を全て読んでしまい、本を外から取り寄せるようになった青年期では、彼の知識はさらに広く、深いものとなった。そして、「科挙」という試験に一発で合格し、エリート街道を突き進んだ。
壮年期

塊子もいくらか歳をとったが、まだ聡明さは残っていた。『戦国策』の燕策では、燕の昭王に優れた人物を採用する方法を相談され、「塊より始めよ」と答えたため、昭王に師として仰がれたという。このように金塊は頭が非常に良く、相手と自分のどちらも得するような案を出せたため、世を上手く渡っていった。
知名度

このように素晴らしい功績を持つ塊子であるが、一般的に知られていない。それどころか、ウィキペディアにも記事がない。これはなぜか。その理由は、ここだけの話であるが、実は削除厨の暗躍によって記事が削除されてしまったことである。そのため、当記事は2018年現在「金」へのリダイレクトとなっている。

削除厨がどうしても隠し通したかった事実は、塊子が当時の中国にも存在した削除厨の原因で自殺をしてしまったことである。塊子が役人であったとき、会議で提出した案に気にいらなかった削除厨が、いろいろと言ったため、結局その案は通らなくなってしまった。しかもこの案は塊子が生涯をかけて考え出したものであり、その分落胆が大きかった。
「金の地金」との関わり
「金」との関わり

彼の家系は、前述の通り後金を築いた家系に続いていた。後金の時代までは、鉱物としてのは「金」と呼ばれていなかった。当時、金の意味で使われている漢字は「宝」であったが、後金は一般的な宝石との誤解の恐れがあるとして、自分の国の名前である「金」を名付けた。そのため、塊子は少しであるが関係あったと言える。
「塊」との関わり

「塊」という字には現在の「かたまり」の意味はなく、ただ「固くなったもの」という意味しかなかった。そのため、塊子の同級生は誰かの検閲により削除しているのを見つけると「こいつのモノ金塊になってるぞ」などと言い、塊子は怒っていた。そこで、塊子が役人になって辞書の編纂に関わったとき、塊の意味を「土のかたまり」に変えた。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「金塊」の項目を執筆しています。



金魂


更新日時:2019年3月17日(日)11:00
取得日時:2020/04/07 15:57


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5971 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef