遺憾の意
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…明治維新後[編集]明治維新後、日本政府は欧化政策を推進し、遺憾の意に頼らずとも国体の維持・拡大ができるよう努めた。ところが欧米列強にしてみれば遺憾の意を使わない日本は単なる小煩いワンちゃんでしかなく、敗戦へ至る根本的な原因となった。



近年の動向 こんな人も表れたね

2000年代に入ると国際情勢の複雑化により、遺憾の意では有効な効果が得られない有事局面が相次いだ。この閉塞した状況を打破するために新兵器の試験運用が小泉純一郎により行われた。この兵器は自動追尾型弾道ミサイル、適切に判断します(てきせつにはんだんします)である。遺憾の意による攻撃は相手側の正当化された主張や口実には一切の威力が及ばない。しかし適切に判断しますの運用によりこれらの正当性は一瞬にして不適切となり、形勢を逆転させる最終兵器として実用に足る威力があることが確認された。ところが、適切に判断しますには日本の大手製造業各社が持つ特許技術が惜しげもなく投入されていた。さらに、発射時にはX JAPANのFOREVER LOVEが流れる仕様となっているため、これらの権利問題により遺憾の意を適切に判断しますへ更新する計画は今のところ頓挫したままである。2010年初秋、中国による領海侵犯・漁船衝突事件に際し日本は中国に対し「遺憾の意T」を発射するが、中国軍の 新型BMD(ミサイル防衛・撃墜システム)「フジタ砲」により撃墜される。これにより、日本全土に「放射性ガッカリ」が蔓延し、多くの日本人民が被ばくした。2012年末に戦後レジームからの脱却を訴える安倍晋三が総理大臣に就任すると、アベノミクス第三の矢・成長戦略に、遺憾の意シリーズの後継として「痛恨の極み」と「だから、すみませんって言ってるじゃないか」の開発が盛り込まれたが、その実現性は内外から疑問視されている。
日本以外の遺憾の意

2011年、中国人漁船員による韓国の海洋警察官殺傷事件で、中華人民共和国韓国に対して「遺憾之意」(NATOコードネーム:CINI-T)を用いたことが判明した。CINI-Tは、かつて日中間のトラブルの際に日本から打ち込まれた「遺憾の意T型」を元にコピーしたものと考えられる。今後も周辺国とのトラブルの中で、しらを切るのに用いる模様。ただし、そもそも中国語では「遺憾」という言葉は「残念です」という意味で日常生活でよく使われており、例えばAKB48の楽曲である「残念少女」は、中国語で「少女的遺憾」と訳されている程である。そのため日本政府が重々しく「遺憾の意」を声明しても、中国の方ではあまり重々しく受け止められない可能性が高いのである。

なお、南朝鮮韓国がこれに対して北韓北朝鮮の「 1689 無慈悲な鉄槌」をコピーして用いる可能性もあるが、日本に対して用いている「謝罪と賠償」を用いる見込み。
関連項目

ミサイル

日本

無慈悲な鉄槌

謝罪と賠償

不満のフ


更新日時:2019年6月16日(日)21:49
取得日時:2020/04/01 15:46


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9312 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef