遊具基準法
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Uncyclopedia|▼Menu]
秀逸な記事

この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。

法令情報に関する注意: この項目は特に記述がない限り、日本の法令について解説しているのかもしれません。最新の法令改正って何でしょう?
ご自身が現実に遭遇した事件については、このような場所に入り浸らず、その現実と向き合って解決して下さい。免責事項もお読み下さい。
削除提案中

現在、この項目の一部の版または全体について、削除の手続きに従って、削除が提案されています。

削除についての議論は、ノートで行われています。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。

この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、削除の方針に該当するかどうかを検討してください。

削除提案理由: 今はなくなってしまった危険な遊具たちの説明が詳細に過ぎます。2063年現在国会で審議中の遊具基準法改正案では「危険遊具製作幇助罪」が導入されることが予定されており、これだけ詳細な解説を掲載することは同罪に該当する可能性が高いため、改正案が法律として成立した場合には削除する必要があると考えます。

遊具基準法(ゆうぐきじゅんほう)とは、幼児や児童が使用する遊具の安全性を確保するために2041年4月1日に公布された法律。施行は2041年5月20日。正式名称は「児童遊具等の安全確保及び児童等の健康促進等に必要な技術的基準およびその普及と取締に関して必要な事項を定める法律」。
目次

1 背景

2 規制内容

3 現在の公園

4 日本遊具事件遺族会

5 派生現象

6 諸外国での規制

7 関連項目

背景 我が国の将来を担う子供たちが遊ぶ公園においては、ほんのわずかの危険性も許されない

幼児や児童のために公園などに設置された遊具には様々な種類があったが、それらを原因とする死傷がしばしば発生していた。このことが社会問題となり始めたのは21世紀初頭からであった。不適切な公園遊具のために毎年、十数人にも上る膨大な数の幼児や児童が死傷したことは、社会にとって深刻な事態だったのである。

21世紀初めまでは、こうした死傷に関しては「事故」として扱われた。このため抜本的な対策が成されることが無く、仮に対策が成されたとしても、それは場当たり的なものにすぎなかったのである。そうした中、2018年に最高裁で、遊具による死傷は「事故」ではなく「(未必の故意による)殺人や傷害事件」であるとする画期的な判断が行われ、茨城県の公園整備課長が3人の児童を「殺した」罪により死刑 7892 判決を受けると、社会は幼児や児童のための遊具を厳しく規制し、子供達の安全を確保するという当然の努力を遅まきながら始めたのである。

こうした中で制定されたのが遊具基準法である。この法律は、子供達の死傷を「事故」として扱ってきたことを深く反省し、そうした思想を「旧来の誤った思想を言い訳とし、責任の所在を曖昧にすることで最も重要な問題から目を背ける野蛮きわまりない行為」と位置づけ、子供達の安全を可能な限り確保することを目的としている。
規制内容

この法律では、以下のような遊具が全面的に禁止されている。
可動部のある遊具
かつての野蛮な時代には一般的に見られたブランコ
(高さ数メートルの位置に渡された金属等の棒から、多くの場合、二本の鎖やヒモで吊された木の板やベンチに乗って、それを揺らして遊ぶもの。詳しくは当該項目を参照)やシーソー(長い板の中央部を地面に固定し、そこを一定方向にだけ動くようにしたもの。両端にそれぞれ子供が乗って遊ぶ。やはり詳細は該当項目参照)など、可動部のある遊具は子供の死亡事件の原因になりうるため、全面的に禁止されている。 可動部のある遊具でもっとも早くから事実上禁止されたのは ⇒グローブジャングルと呼ばれる遊具である。これは、球形のジャングルジムの全体が回転するという見るからに恐ろしい遊具であり、上る途中で転落したり、回転で振り落とされたり、果ては経年劣化で土台部分が折れるなどで大ケガをする子供が数多く出た。21世紀初頭にはすでに、子供がケガをした場合に設置責任を問う先進的な意識を持った親が現れてこの遊具を問題視したため、 ⇒多くの自治体によって公園から撤去されはじめ、2020年前後にはほぼ絶滅したと言われる。多くの公園でこのような危険な遊具を監視者もなく設置していた20世紀は、狂気の時代であったと言わざるを得ない。
高さのある遊具
高さが30センチ以上の遊具は、児童が転落したさいに頭部や腹部を強打し、死亡する可能性がある。このため遊具の高さは30センチ未満に規制されている。なお、かつての野蛮な時代には高さ3メートル以上の遊具が存在しており、そこからの転落が後を絶たなかったと言われているが、そうした想像するだに恐ろしい事態は現在では起こりえない。なお、幼児(5歳以下)の子供が遊ぶことができる遊具は、高さが0、つまり地面と同じ高さのものに限られている。少しでも高さのある遊具で遊ぶことができるのは6歳以上の児童のみである。
固い遊具
金属や強化プラスチックなど、一定以上の硬度のある素材は全て禁止されている。なお、法の制定当時は遊具の素材としてスポンジが多用されたが、現在ではフェルマティックメタルの登場により、柔らかくかつ耐候性や耐磨耗性のある遊具が開発されている。
細長い遊具
子供達の衣類がひっかかり、転倒の原因となるため、遊具のどの部分も直径15センチ以上の太さを持つことと定められている。ただし非常に柔らかい(衣類のひっかからない)素材であれば、太さ10センチまで認められる。
不潔な遊具
や砂などといった、感染症の恐れのある材料の使用は完全に禁止されている。野蛮な時代には、砂場(地面を数十センチほど掘り下げ、そこに砂を敷き詰めた遊具。素手で砂に触れて遊ぶ)のような極度に不潔な遊具が公然と使用されていた。 また、全ての遊具の表面は完全抗菌加工が義務づけられている。
DHMOを使用した遊具
以前は、幼児の足が着かないほどの深さにまで掘り下げた穴の中にDHMOを満たしてその中を遊泳するという、どう考えても自殺行為としか思えないような遊具が使用され、プールと呼ばれていた。当然ながら、毎年この遊具が原因となって多くの子供の命が奪われていった。 現在でも成金、特に芸能人などの間では、法律の目をかいくぐって自宅に「プール」を設置することが半ば公然とステータスとして行われている。これは子供に対する善管注意義務違反あるいは児童虐待のおそれがあるため、警察による空撮で証拠を押さえられて逮捕される者が跡を絶たない。 なお、「水着」と呼ばれる薄っぺらく体に密着する服装は、現在では非合法なアダルトビデオくらいでしか見ることができないが、もともとはこの「プール」で使用するために開発されたものと言われている。
その他
通気性のない素材を広い面積で使用したものは、幼児の窒息の可能性があるために規制されている。また、遊具の表面は一定以上の強度(硬度ではなく)を持つことが求められている。


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:12 KB
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE