農地改革
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…発症者[編集]農家
主な発症者である。戦後の農地改革によって農家に根付いたこのウイルスは現代にまでこびり付き、今でも発症を起こす人もいる。現在の農業人口の平均年齢となる60代後半に発症者が多くいるため、農家といえども大方感染しているというのだからタチの悪い病気である。
農林水産省の人々
農林水産省においても数々の農地に関わる政策の中で農家から伝播して感染することが多い。ゼネコンに癒着して利権を得る日本の典型的な官僚はほぼこの病気に感染している。現在では官僚刷新により発症者の割合は減っていると考えられている。
地方自治体の議員
一番面倒な感染をしている議員である。実のところその議員たちも農家であったりすることは多く、そのため農家?? 2182 ?信頼を得やすい人々であることも相まって、感染源として厄介者という判定が下されている。
原因

主に戦後GHQの手によって行われた農地改革にウイルスを混入させたという見方が一般的である。細菌の研究が進んでいたアメリカの最新技術を惜しむことなく投入したと言えば聞こえはいいものの、要は共産主義国から飛散するアカ思想に対抗するためという自分たちの利権を守りたいだけだったりするのである。しかしながらこのウイルスはそのアメリカの意図を実によく汲んでくれたため、赤狩りの必要性もなくなったのであろう。
予防ワクチン

この病気は予防ワクチンが存在しない。理由としてはこの病気自体が一種の思想によるものであること、また流行のペースが落ちていることとされている。実際日本農炎に感染した人々は段々と数を減らしており、その反面若い人々には日本農炎の症状が現れていないのである。ならばワクチン作らなくていいよねと政府は楽観的になっており、現代に於いても日本農炎に対するワクチンを作る計画は一つもない。
余談

最近では請負耕作という新しい農業の方法が提案されている。これは様々な事情により耕作が行えなくなった農家が、他の農家に耕作を依頼し、収益のいくらかを耕作してくれた農家に渡すというものである。遠隔地にいて荒れ放題の畑をどうにかしたいなどという地主の息子が依頼しているケースが多い。[要出典]

ん?なんかどこかで聞いたことある話だな…
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日本脳炎」の項目を執筆しています。

農業

田んぼの様子

赤狩り


更新日時:2018年1月9日(火)21:15
取得日時:2019/06/14 15:29


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6625 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE