軍学
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…全盛期から消滅まで[編集]江戸時代は大坂の陣以後、島原の乱を除外すると幕末まで戦争がなかった稀有な時代である。その為に仕官出世したい武士層の間では軍学と兵法をマスターすることが特殊免許である風潮が流行った。つまり剣術達者で軍学講義が出来れば凄い武士という理屈である。が、実際に剣術だけで城は落せないし軍学は家康が早々に指摘したように机上の理論であった為に、これをマスターして大出世した人物というはあまりいない。(? 39fe ?下泰平の封建主義だと基本的に出世はできないしなぁ)

剣豪として有名な宮本武蔵も晩年は「大分の兵法」と称して軍学を指南していた。残念ながら武蔵は島原の乱で幕府勢として従軍した際にまったく活躍出来ず負傷し、仕官も適わなかった。それでも軍学ブームは江戸時代を通じて安定したものがあり、会津藩などは尚武の気風を大切にする為、軍学を藩士に教えていたのだから無資格よりはやはり軍学師範は出世できたのかもしれない。実質的な中身が空でも今も昔も世間は資格社会であるということである。研究と勉強をしたいから大学へ行くのではなく、出世したくて大学へ行ったから勉強もするという、目的と手段が逆転する日本人的な学問でもある。

皮肉なことに実際に武士が戦乱を再経験する幕末には、軍学諸流派の殆どは「使えない」ということが実証された。洋式銃主体の装備が戦国時代と違うという点が大きかったのであろうが…やはり江戸軍学の戦闘理論に普遍性がなかった為と見るべきであろう。幕末ではフランス式とイギリス式の戦闘訓練が幕府?各藩で流行り明治維新後は陸軍はドイツ式、海軍はイギリス式を手本として軍学は無視された。

幕末に会津藩士と一緒に戦った新撰組の人間は、「会津の奴らは一々軍学作法通りに倒した奴の首を取るから、首二つも取れば(重くて)行動不能になって困った」と云っている。
関連項目

由比正雪(江戸軍学アイドル)

ミリタリーオタク

戦国時代

江戸時代

武田信玄(死後教祖にされた)

上杉謙信(死後も軍学流祖ライバルとして登場)

宮本武蔵(晩年は残念軍学者)

武田観柳斎(甲州流軍学の伝道師)

漢字検定(儲かったそうです)
 ・話・編・歴 学問 (カテゴリ)

人文 :文学 - 哲学 - 心理学 - 形而上学
社会 :法学 - 経済学 - 社会学
自然 :化学 - 物理学 - 生物学 - 地学 - 数学 - 天文学
応用 :医学 - 軍学 - 疑似科学


更新日時:2014年10月20日(月)20:16
取得日時:2021/01/17 22:43


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7726 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef