警視庁
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…頭脳労働者[編集]警視庁のトップは警視総監である。また、高級官僚と呼ばれる幹部グループを「キャリア」と呼ぶ。

警視庁特命係の杉下右京警部や捜査一課の古畑任三郎警部補がこのタイプに当たる。警視監の室井慎次はキャリア組から外れそうだ。
肉体労働者

いわゆるノンキャリアと言われる連中ばかりがひしめき合っている。パンチやキックで犯罪に立ち向かう。そのため、暇なときは署内の柔道場や剣道場で遊んだり、後輩をいじめたり虐待したりしている。

代表的なのは西部警察である。ショットガンをぶっ放し、街中でド派手なカースタントを繰り返し、違法捜査もなんのその、という極めて酷いアウトロー組織として有名で、実際彼らが担当した事件は、ほぼ全てが重火器と極端な違法改造車と爆薬によって極めて暴力的・破壊的に解決(虐殺)された。その捜査手腕たるや、FBIの捜査官から「政府軍と反政府軍が常に紛争を繰り返しており、異様に治安が悪くレイプ麻薬が隣り合わせのような国の兵士でも、ここまで酷いことはしない」と批判されたほど悪質である。この連中に目をつけられて、殴る蹴るの暴行だけで済んだ場合は幸運である。



人情労働者

「人情は無限に使える捜査協力費用」を合言葉に捜査を実行する警察官。なぜかよくはぐれたり、さすらったりしている。とても情熱的で、旅情に胸を打たれたりもする。



外部組織

そのほか、警視庁は外部にも様々な人材を抱え、秘密捜査官として雇っている。浅見光彦のようにどこにでもいそうな風貌の人物で、その多くは家政婦やフリーターや事件記者などの仮の姿に身をやつし、一般社会に潜入しては内部調査を目的として行動している。
その他普通の警察官

その他の普通に働く警察官であり、警察組織上層部の命令には絶対服従の忠実な飼い犬。上から命じられるままに、交通違反を取り締まったり、拾得物の管理をしたり、道を教えたり、成果のない職務質問をしたり、なんだかよくわからない書類を作成させられたりしている。

近年は「俺たちだって警察官なんだ! テレビに出て目立ちたい!」という要望に答えて「○○二十四時!」みたいな特番が組まれる。そこでは、酔っ払いに絡まれたり、ひき逃げ現場に這いつくばって捜査していたり、ヤンキー珍走団を追いかけたりと縦横無尽に活躍する姿が放映される。
関連項目

警察

警察官


更新日時:2017年5月13日(土)11:27
取得日時:2020/04/01 17:42


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7196 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef