警察
[Uncyclopedia|▼Menu]

警察(けいさつ)とは、世界の平和を守る人である。別名、国家の犬、合法ヤクザ地方公務員なのに国家権力である。
目次

1 概要

2 日本の犯罪率

3 成立

4 フィクションでもどうしようもない警察

5 仕事

6 装備

7 関連項目

概要 警察が使用する代表的な車両。足が遅く、小回りが利かないので凶悪犯の追跡には不向きだが、秋葉原やニッポンバシ等の路上で不審者認定した大勢の気が弱そうな若物達を警察署まで一度に運べる。(よく見ると分かるが、この車両は京成バスが作っている。)日本の治安を守るのが警察の存在意義である。

しかし大部分が無能警察であり、国家という強い味方をつけ 、自分のする事の全てが正義であり法律だと思い込んでる愚かな集団である。

各警察官には検挙率というノルマがあり、ノルマを達成出来ない無能警察官は集団で大人しそうな人に対して職務質問をたたみかけ、所持品に何かしらの因縁を付けて署まで同行させ、脅しを掛けて犯罪者に仕立て上げる事がある。""犯罪者狩り""(これでえん罪が生まれる)

警察官本人も刑法を全く覚えておらず、違法な職務質問に「それっておかしくね?」と反論すると公務執行妨害という理不尽を使い犯罪者にする。

違法な職務質問をボイスレコーダー等で証拠として集め訴える事によって示談金を巻き上げ、違法な職務質問をした警察をクビにする事ができる""警察官狩り""

要するに、馬鹿の集団である。
日本の犯罪率

日本の犯罪率は海外に比べて圧倒的に少ないと言われているが、それは警察が優秀なのではなく日本人の性格によるものであり、未解決事件も多数存在する。無能な警察が解決出来そうにない事件を「迷宮入り」「他殺ではなく自殺」等と言い、仕方がないものとして片付ける。数字上では少ない日本の犯罪率であるが、日本人の寛大な性格で通報して事件にせず許してしまうケースも多い。

また、予算面から事後処理・金銭絡みで証拠ないと基本的に動かない。裁判・弁護士だって同じである。「結局は、ゼニとコネや!自分の身は自分で投資して守れボケ!!」のスタンスだから。

それ故に経済弱者が増えている政治家のゼニバケな馬鹿政権が続いたせいで、海外や外国語で物事を逃してしまえば尚更無能である。投資出来ない者は凍死である。ネット知識も権限だけでIT技術者と比べると月とスッポン並の次元。サイバー課と言うのは処理方法を教えて君のためにあるだけのテンプレ組織である。事件にならないと本気は出してくれない。

地方裁判所の弁護士も然りで金銭絡みのネット犯罪しか扱っていない。東京地方裁判所行きである。それ故にネット犯罪率はもっと増えているに違いない。ただ、日本国内の件で日本国内法が通用しないだけであるから。まあ、その記述も検閲により削除
成立

警察が設立された当時、桜田門組が日本を制圧するほどの力をもったマフィアとなっていた。最初に政府は自衛隊(市谷組)に桜田門組の制圧を依頼しようとしたが桜田門組の軍事力は大変強く、自衛隊(市谷組)が相手をすると国防がおろそかになる恐れがあった。そこで政府は桜田門組に対抗することを目的とした警察という暴力組織を作った。その目論見は成功し、現在は桜田門組の活動を最盛期の3割ほどに減らすことに成功している。
フィクションでもどうしようもない警察

一昔前の刑事ドラマにおいては、世界一火薬使用量の多いドラマや危ない刑事などに代表される「正義に燃える優秀な日本の警察」が描かれていたが、最近では二人組で捜査する警察官のドラマに代表されるように、警察内部の人間(特に上層部や官僚などのお偉いさん)=不正や隠蔽を平然とするクズの集まりというのが一般的となっているうえ、主人公や周辺の人間がもはや抗うのを止めてしまっていることがほとんどである。悪人は倍返しで成敗する銀行員や海女さんを描いたドラマが社会現象になる一方で、最近刑事ドラマが社会現象にならない理由としてはやはり『そんな糞上司や組織に逆らわずにいるのが美徳』という悪い意味で現実的な日本人を描写してしまっている点であろう。(なんでここまでして、テレビ局が何もお咎めなしなのかは不明である。)

ドラマでは救いようがない組織だが、二次元の世界ではそういった駄目駄目な面を極力描写しない(してもそういった悪党は何かしらの形で成敗される)ことで子供に受けるように努力している。最悪ギャグにしてしまえば街中で拳銃撃ちまくったりギャンブル好きでもどうにか誤魔化せるのでそういった点では有利なのだろう。



仕事 多分逃げられない。 パチンコの換金については、警察は当然認識していない

成立当初は桜田門組に対抗するだけで精一杯だった警察も年月を重ねることによりどんどん力を蓄えていった。そのうちに警察は国家公認暴力団として様々な仕事(犯罪)をするようになった。その一例を下に挙げる。

裏金を作って私腹を肥やして毎日遊んで暮らす。それを追求したら昇進を止められた警察官もいた。

冤罪を作って何の罪もない無実の人を刑務所に監禁する手続き。

道路脇を勝手に占拠して造った駐車場(パーキングメーター)からの元締め料回収。

暴力団との仲良し関係を続ける。一部には常連は友人や異性関係に至るケースもある。

警察組織の上級幹部が、パチンコ屋に天下りしてパチンコ屋の役員になる。

実際には起こっていない犯罪を捏造したり、何の罪もない無実の人を拷問や脅迫や恫喝や自白強要によって犯人に仕立て上げて冤罪を作る。

事件被害者に対しても証拠がないと逆に冤罪を仕立てて、最後には貧乏人から司法に持ち込ませ裁判所・検察や弁護士から巨額の金を搾り取る。

などである。「黙れ、俺が法律だ!!」をスローガンに、今日も警察は、事件のでっち上げと、治安維持という名の恫喝、脅迫、恐喝、人権蹂躙を行っているぞ!!

ただし、暴力団同士の抗争事件が発生した場合、警察は24時間体勢で暴力団事務所を警護する責務を持つ。

(久留米・大牟田での暴力団抗争時は、大量の警察車両と警官が暴力団の事務所に集結し、まさしくその体勢であった)

目の前の暴力団事務所には全くノータッチだが、事務所前の道路では一般車両を相手にトランクまで検問が行われた。

つまり、「暴力団≫≫≫一般人」いう考え方をしているのである。

縦割り行政が一般化している日本だが、「平日の昼間、通院途中の精神疾患者を職質し、付近の駅や踏切から電車に飛び込む勇気を与えて精神科医療費の無駄遣いを減らす」という部分では、警察(一応、都道府県の機関だし)と他のお役所(主に市町村・裁判所・検察庁)が見事に連携している。弁護士とも連携する事がある。ただ、警察官すらグズと分かると火消しのために役所で取り締まる位には。
装備

警察には、「これは最低限所持しなければいけない」という掟があるため警察官になりたい人は、一通りそろえておくことをお勧めする。

警棒?何の罪もない善良な一般市民をぶん殴るための武器。死なない程度に殴る必要があるため、木材・プラスティックのものをお勧めする。最安値で2500円。

白い粉?車を捜索→
例の物は見つからない、という時のために持っていた方がいい粉。最安値1g3500円。

拳銃?人を殺すための武器。初心者は22口径のものをお勧めする。理由は射撃時の反動が少ないからである。最安値35000円。

無線?使い方は以下略 最安値2500円。

手錠?相手の手首を縛ってぴーする道具。

無線マイク?別の警察と連絡を取るためのもの。ケータイでも良いと思う。

物ではないが、女性はある程度容姿があると便利。ただしどう扱われても、当方は責任は追いません。
関連項目

暴力団 - 警察の極めて親密な友人

頭脳警察 - 頭脳が優れた警察官が配属される。DJポリスの先駆的存在。

ミニスカポリス - スタイルがよい婦人警官が配属される。一般人を誘惑して、その隙に逮捕する。

良い警官・悪い警官

ドラマ - 大抵は冤罪を起こして事件を隠蔽するか犯罪者になるのが警察の役割。特撮なんかでは大体犠牲となる。


この項目「警察」は未完成だよ!!!
ゆっくり ⇒かきたしていってね!!! (Portal:スタブ)


更新日時:2018年3月21日(水)01:30
取得日時:2018/07/18 08:12


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:10 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE