読みにくい文章/文の構造が原因で読みにくい文章
[Uncyclopedia|▼Menu]
 <読みにくい文章目次

1 句読点の使い方を誤った文章

1.1 やたらと、句読点が、多い、文章

1.2 読点と句点が反対になっている文章

1.3 句読点が少なすぎる文章

1.4 句点、読点の位置がおかしい文章

1.5 句読点が含まれている固有名詞。を含む文章


2 中心となる内容がない文章

3 順番がおかしな文章

3.1 文の順番がおかしな文章

3.2 文節の順番がおかしな文章

3.3 文字の順番がおかしな文章


4 省略しすぎな文章

5 昔の電報のような文章

6 外来語(いわゆるルー語)が多い文章

7 指示語が多い文章

8 英語の論文のような文章

9 余談が多い文章

10 何が言いたいのか分からない文章

11 倒置法が多く使われている文章

12 冗語法が多く使われている文章

13 誇張しすぎた文章

14 擬音語、擬態語が満載な文章

15 ニュース速報VIP王国だのラグナロクオンラインだのの住民にしか理解できない文章
71e2
16 ケブンッリジ化された文章

17 縦に読む文章

18 アメリカの通販のような文章

19 秘密探偵が書いた文章

20 風が吹けば桶屋が儲かる的文章

21 邪気眼全開の文章

22 語順が英語と同じ文章

23 教科書的に和訳された文章

24 同じ文末表現が続く文章

25 不適切な接続が行われる文章

26 携帯電話のメールの過去履歴だけで作成した文章

27 なぞなぞが使われている文章

28 法令のような文章

29 主語のない文章

30 無生物主語で書かれた文章

31 接続詞をよく理解していない文章

32 否定文や推量文の多い文章

33 スイーツ(笑)な文章

34 難解な言葉が多い上に文法的におかしい文章

35 幼稚な文章

36 小倉百人一首風に書かれた文章

37 タイトルだけで書かれた文章 このようにタイトルを使って書くと、非常に読みにくい上に目次の幅が広くなるのでやめましょう

38 タイトルだけで書かれている上に箇条書きの文章

38.1 これは非常に読みづらい噂

38.1.1 これはチャクウィキのバカしかやらない文章

38.1.1.1 アンサイクロペディアではこんなのはダメだ

38.1.1.1.1 最悪の場合投稿ブロックを食らう



38.1.2 このようなことはやめよう



39 まったく別の話を混ぜて書かれている文章

句読点の使い方を誤った文章
やたらと、句読点が、多い、文章

こう、いう、句読点、が、とても、多い、文章、は、文章、の、流れ、を、つかみ、にくく、読み、にくい、上に、書く、人、も、労力を、要する。しかも、特に、パ、ソ、コ、ン、や、ワー、プ、ロ、など、で、書く、場合、は、の、スペースを、た、くさ、ん、使う、ため、現在、世界、中、で、進め、られ、て、いる、省エネにも、反、する。従って、句読点を、多用、しす、ぎるの、は、や、めま、しょう。

なお、蓮實重彦が、考案した、蓮實文体なる、やたらと、句読点が、多い、文体が、あって、映画、狂人シリーズなどでは、本一冊が、一つの、文章、と、なっ、て、い、る。
読点と句点が反対になっている文章

このような。読点と句点が反対になっている文章は。読みにくいです、それに。文章がおかしくなるので。こんなことは。絶対にしないで下さい、
句読点が少なすぎる文章

このような句読点が少ない文章は文章の流れをつかみにくく読みづらいという欠点を持つが書く人はこの方が早く書けることもあるので「句読点が多い文章」よりは出現しやすくさらにパソコンやワープロなどで書き印刷する場合は紙のスペースの節約になり省資源にも多少は貢献すると思われるのみならず最近の女子高生携帯電話からブログに書いた文章においては句読点がないのが普通だったりするんだけれども読みやすさ第一を心がける場合においては句読点をつけすぎなさすぎないことはやめましょうといいながらも蓮実重彦という東大総長にもなったとても偉い先生や吉田健一というとても偉い英文学者はこの調子で本を二三冊書いていたりするのであながち書き手に問題があるというよりはそれを読む方の能力にかかっているとも言え読みにくいんだよバーカとか言ったらおのれの読解力が低いんじゃと逆襲されることもあるからちょっと注意した方がいいよとのアドバイスを書き込もうとしてよく考えてみたら流石に蓮実も吉田も句点は打ってたなあと思い出し結局こういう文章は読みにくいなあとの当たり前の結論に達したところでこういう文章はやめた方がいいねと再度念を押しておくことにするが僭越ながら句読点が少ない文章というのは一般論的に苛々するものであってかといって多すぎるのも否めないとも言い切れもしないでもないがそうだからといって世の中の老若男女にとっては(ry 樋口一葉の作品にこういう文章のがあったりしてびっくりするであろうし借りてきた全集一巻がいきなりこれで先生もとてもびっくりしましたてんだいよぉ。
句点、読点の位置がおかしい文章

このように、や。の位置がおかしいとやはり文章の流れをつかみにくく読みにくいし大体上に書いてあるとおり。は文章において最低限要るかもしれないが、は正直な話要らないのではないか、や。が出てきたことによって現代の人々の読解力が落ちたのではないか昔は、なんて使ってなかったしそこで文章から、と。を抜いてみたがおいおいまだまだ読めるぞという輩の為に、と。の位置をおかしく配置した文章を書いてみたいしかし適当に、や。を置いただけでは手抜きだと思われるので。および、も文章上のある基準にのっとって配置してみたいのだが何かいい考えはないだろうか

なお文中において、や。および?等について言及する際は、や。の前後を「と」で括ることが望ましい。(「と」について語る場合は)また藤岡弘、の最後の読点は、あるのが正しい。ちなみに横書きの文章の読点は本当は、ではなく,なので間違えないように。縦書きは、。
句読点が含まれている固有名詞。を含む文章

有名どころではモーニング娘。や、藤岡弘、や、本田美奈子.などが挙げられる。芸人ではですよ。や、ほっしゃん。などがいる。モーニング娘。や、藤岡弘、などが話題になっている文章を読んでいると、あらぬところでいきなり文章が終わっているような、読んでてつまづくような、そんな感覚を味わってイライラすることができる。モーニング娘。をモー娘。と略す場合も、同様である。もし句読点を略すと、モーニング娘。たち本人や、藤岡弘、本人や、やつらのファンどもが気分を害す可能性があるので、注意を払う必要がある。ハロプロ系ではほかに、ココナッツ娘。や、カントリー娘。や、ミニモニ。や、エコモニ。がいるが、こいつらのケツにも全部マルがついている。特にウィキペディアのユーモア欠落症患者たちはいちいちクソまじめに正式名を用いたがるため、ハロー!プロジェクトなどの記事は一部非常に読みにくくなっている。
中心となる内容がない文章

中心となる内容がない文章について説明する前に、まず国語的な文章の表現や、中心となる内容がある文章について触れておかなければいけない。

小学校低?高学年の「国語」で学習する文章には、大抵一貫した表現がなされている、学年相応の言葉使いもしくは丁寧語で書かれている、適当な部分では漢字ではなくひらがなが用いられている、などである。しかしながら、世の中には丁寧語ではなく「だ・である口調」で書かれたものも多数存在することから、丁寧語だけでなくそういった大人的な口語で書かれた文章も学習すべきである。さらには、特に低学年において、国語と混同されやすい「道徳」の授業について、もっと明確に分化しなければ生徒が混乱してしまう。

さらに中学校の国語になると、文法的な問題も出現し、得意な生徒と不得意な生徒の差が激しくなる。そのためいじめ・劣等感の問題が心配だが、他人と自分を比較して得られるものは劣等感か優越感のどちらかでしかないので、いじめをするほうがいけない、いじめを嫌だと思うほうがいけない、いじめの原因を作る者がいけない、といったような責任転嫁が現代社会で日常的に行われているのは周知の事実である。しかし、無知は罪だと言っても、知らないことが必ずしも勉強不足によるのではないため、戦線では冷静さを維持しなければならない。

つまりは文章とは複雑な要素から成り立っており、より高度な社会性を養うためには文書による許可が必要となり、調理器具も使いようによっては医療器具となりうるのである。

以上のことから、中心となる内容がない文章について中心を探すことがいかに無意味であるかはさておき、このような文章は意味が理解できないという点は、この文章の意味を理解し、このような文章を書く意味が理解できないと思う読者には理解できたと思う。
順番がおかしな文章
文の順番がおかしな文章

しかも、まれに意味が違う文章になってしまうことがある。したがって、このような文章はできるだけ避けるべきである。このように、文の順番がおかしいと、それぞれの文の意味は分かるものの、文章としての意味が分からなくなる。このような場合、文章として意味が通じないばかりか、読者の誤解を招きかねない。
文節の順番がおかしな文章

文節の違う順番が、この誤解を避けるため、意味が、読者のようになって、まったく分からなくなってしまうばかりか、絶対におかしいと、文章の意味に招きかねないべきである。
文字の順番がおかしな文章

字おた絶にきの、てくじないべ用る意一通番文順味切こよ、かしとがめではない対にいしまうのが、うなっ。
省略しすぎな文章

このように(中略)なくなる。こんな(中略)伝えたい(中略)あまり(中略)なるので(後略)

(前略)(中略)(後略)

(前略)(中略)(以下全略)

(前略)そら(中略)そう(後略)よ

こ(以下略)

(ry

(全略)



昔の電報のような文章

ヨミニクシヤメルヘシ
1144
外来語(いわゆるルー語)が多い文章

このカインドのセンテンスは、フォーリンなワードがメニーにユースされているベリーベリー・クレイジーなセンテンスだ。ライクズィスなセンテンスはポリティシャンなどマイセルフをハイレベルにディスプレイさせようとしているピープル、アンド外国かぶれ、アンドマイセルフがスピーキングナウなシングをアバウトうやむやにしてしまおうとプロットするパースンなどがユースする。ライクズィスなセンテンスは、アザーなピープルにはミーンをアンダースタンドすることがディフィカルトで、イフライトでもミーンがリードトゥノットなのでフォーリンなワードはポッシブルモディスティーにユースしようぜ。……アンドフォーリンなワードがメニーなセンテンスはトゥーフレンドリーなスピーキングになりがちだからイナフ・トゥ・ビー・キャーフルしないとバッドだ。オレといっしょにトゥギャザーしようぜ!

この文体は、以前"ルー語"として認知され、普及しつつあったが、今では衰退している。 ⇒ルー語変換なるサイトも登場している。
指示語が多い文章

このようにそれがとてもそれな文章は、文章のアレが掴みにくく、ああいうあれがそうしにくいため、あまりああしないほうがこうである。そのようにこれらがああしている場合にはまだ許されるが、これをああする場合にはそれがまったく分からなくなるので、できる限りここはそんな風にこうしたほうがあんな風にそうするよりはアレだよ、アレしとくからアレしてる間にアレとってきといて。
英語の論文のような文章 5c0

私は主張する――一定の質を持った語彙集合――意味クラスタと名付ける――が情報の把握に必ず効果的に貢献するというのは間違いである。  すべての種の意味クラスタ――当然、本論を織りなす意味クラスタも含む――がそれ自身の価値を最大限に高めることを目的とするならば、それは意味クラスタそれ自身を構築する個々の意味単位――パート・オブ・クラスタと名付ける――のレベルを低下させることを必要とする――ある一定の論理クラスタはある一定のパート・オブ・クラスタの集合と同等であり、その逆もまた同様であることを考慮したとするならば、このことは明らかであろう。
余談 afe が多い文章

このように
(ところで余談であるが、日本語には「この」といった「指示語」がある。これはときに曖昧に使われているが、正しく使わなければ意味が通らなくなるので注意が必要である)
しょっちゅう
(余談であるが、「しょっちゅう」という言葉は話し言葉であるから、アンサイクロペディアのような書き言葉を用いるべき場ではなるべく使用を避けたい)
話題
(余談であるが、最近家族での会話が少なくなっているらしい。もっと食事中にテレビを見て話題を増やすこと)
が脱線する
(余談であるが、2005年に福知山線で深刻な脱線事故が起きている。JR西日本の事業方針に問題はないだろうか)
文章
(余談であるが、日本には「文章」と書いて「ふみあき」と言う名前がある。悲しいことに「ぶんしょう」というあだ名になることが多いらしい)
は(余談ではあるが、この「は」は「わ」と読むが、古典ではこのように「は」を「わ」と読ませることが多い)
、日本に古来から存在する
(余談であるが、存在することに関する諸問題、すなわち存在論は哲学において古来から議論となってきた。なかでも神の存在証明に関する議論は有名である)
大和言葉
(余談ではあるが、大和は「やまと」と読む。しかし、稀に「だいわ」や「たいわ」と読むことがあるので注意が必要である)
(あ。忘れていたが、大和銀行はだいわぎんこうと読むが
(なお、証券会社である 58a 大和證券も「だいわしょうけん」であるが
(ただし、生命保険会社である「大和生命」は「やまとせいめい」と読む。会社更生法が適用され
(即ち、倒産してしまったということである)
、2009年4月30日に、更生計画にしたがいプルデンシャル ファイナンシャル ジャパン生命保険株式会社に商号変更している
(付言すると、本社は鹿鳴館の跡地にある)

、大和銀行との関係はなく、却って野村證券との関係が深い)
、大和銀行は 649 住友銀行との合併をしようとしつつ、結局はあさひ銀行と合併して結果的にりそな銀行となってしまった)
によく見られる
(余談であるが、このような助動詞を含む動詞節を「見れる」などとするのはら抜き言葉として言語学者などから批判される傾向にある)
。話
(余談であるが、「話」とは名詞であり、「話し」とは動詞の連用形である。小学生ではこの混同がしばしば見られる)
がなかなか
(余談だが、古語においては「なかなかなり」は「半端だ」という意味である)
進まず、
(余談であるが、横書きの文章で読点「、」を用いるかコンマ「,」を用いるかは悩ましい問題である)
しかも重要
(余談であるが、驚くべきことに、韓国語でも「重要」を「じゅ? 111c ??よう」と読む)
でないことにも思考
(余談であるが、現代人はあまり考えなくなったといわれている。なんでもマニュアル化された世の中にも問題があろう。むろん、なにも疑うことなくマニュアルを使う側にも問題はある)
が割かれるため
(余談であるが、「わかれる」と読んではいけない。現代人は漢字に弱くなったため、ときどきこういう恥ずかしい読み方を平気でする大人がいる)
、読み手
(余談だが、文章を書くときは常に読み手を意識しなくてはならない。読みにくい文章など論外である)
が大変
(余談であるが、島原大変肥後迷惑という言葉がある。これは島原の噴火によって発生した山体崩壊により生じた津波が肥後を襲ったことに由来する。読者諸君も日ごろからこうした自然災害には十分注意しなければならない。まずは各自非常持ち出し袋等を点検し、家族で避難場所を決めておくこと)
いらいら
(余談であるが、現代人は昔に比べて短気になったといわれている。それは、カルシウムが不足しているからとか、ストレスを感じやすい社会で生活を営んでいるからなど諸説あるが、普段からおとなしい態度でいるよう心がければ、そのようなことは決して無いだろう)
する。しかも
(余談であるが、「しかも」「また」「そして」という接続詞を多用して文を次々に繋げていくことがあるが、文章が単調になる上に読みづらく、悪文の見本である)
そうした余談
(余談の余談であるが、司馬遼太郎の余談が面白いという読者も多い。しかしその説教臭さが好きになれないという人もまた多い。また別の余談であるが、チュンソフトのサウンドノベルゲーム街や428に於いて、本文中の一部の単語にTIPSという解説
(時には余談)
が設定されているが、読みたいときのみ別画面で参照する形式の為、この文章のように読みにくくはなっていない。)
は紙
(余談であるが、土佐和紙などの和紙は高価ではあるが水に濡れても破れにくく丈夫である。機会があれば和紙も使ってみてほしい)
のスペース
(余談であるが、なぜワープロではスペースキーだけ大きいのだろうか)
の無駄
(余談であるが、生活の中から無駄を省くことが倹約の第一歩である。これはまた、環境保護にも貢献している)
であるから、余談は控えめ
(余談であるが、JTなどではたばこは控えめにと広告しているが、控えめにしてはJT自身が儲からない。控えめにいうのは、あくまで表向きの言葉である)
にし、書きたい
(余談であるが、近年ではブログの普及によって若者の書きたい欲求が大いに満たされることになった。しかし一方で、読み手のない文章もネット上に氾濫している)
ことだけを書くほう
(余? 55f ?であるが、「消防署のほうから来ました」などは、悪徳商法の常用手段である。「?のほう」という言い回しには気をつけよう)

(余談であるが、「が」には、主に2つの意味があり、ひとつは主語の下につけるやつ
{重ねて余談であるが、「やつ」という言葉は、乱暴で見下ろすようなイメージを与えるため、使うべきでない。「もの」の方が適切であろうが、「者」と変換しては意味がおかしくなる。それから、括弧の中の括弧は、このような
{}
をつかうのはまちがいである}
で、もうひとつは、接続語の「が」である)
よい
(余談であるが、ここで言う「よい」は、「良い」という意味であり、「ほろ酔い」なんかに使われる「酔い」とは意味が違う。それと、尾崎紅葉の「 ba6 金色夜叉」の冒頭に、「未だ 宵 ながら松立てる門は一様に鎖しこめて」とあるが、この宵とも意味が違う。日本語には同音異義語が多いが、ひらがなで書かれた単語は、文脈から意味をイメージできないといけない)
。おっと
(余談であるが、この言葉を見てウィザードリィを思い出す人はゲーム中毒の疑いがある。ゲームも悪いものではないと私は考えるが、日常生活に支障が出るレベルまでやりこむのは考え物である)
、つい
(余談であるが、「つい」という言葉は友人との会話によく登場する。「つい」やってしまうということは人生において少ないことではないだろう)
余談ばかりになっちゃったな(笑)
(余談であるが、最近の「(笑)」の用法は、「スイーツ(笑)」などの侮蔑的なものもあるので、無闇に使用するのは控えたほうがよい。また、近年では「(笑)」の代わりに「w」を用いるが、場合によってはこれも相手に不快感を与える場合
(余談ではあるが、この場合の具体例としてはwを大量に使用するといったことが典型例としてあてはまる。ただし2chにおいてVIPPERと呼ばれるような人がwを大量に使用するのは何か別の意味があるのだろう)
があるので、注意すべきである)
。今日
(余談だが、「本日」のことをさす場合は「きょう」だが、「近年」のことをさす場合はもっぱら「こんにち」と読む。この文章の場合は「きょう」である。「こんにちは」はもともと、「今日」のこんにちであり、「今日はいい天気ですね」のように文の省略である
(余談になるがネット上ではしばしば「こんにちわ」と、日本語としては誤って表記されることがある)

の授業
(余談だが、これは「じゅぎょう」と読む、然し乍、言い難い為無意識に「じぎょう」と発音してしまう場合が多い)
はここまで
(余談だが、道路標識にも、「ここまで」という意味がある物があるが、普通に、「ここまで」と書いてあるのがある。統一した方がいいと思う)

b80 何が言いたいのか分からない文章

まあ、私の言いたい事はですね。つまり、なんて言うんですかね、んー、そのまああれなんですよ。ほら、あれだよあれ。えーっとね、だからさっきまではっきりと覚えているのだけど、ちょっと思い出しているだけで時間はかかるけど、あれのことなんだけど、それが思い出せばはっきりといえるのだけどね。う?ん、もうすぐ思い出せそうなんだけど・・・ああ、最近めっきり記憶力が悪くなってね。記憶力って言っても短期記憶力ってやつね。昔のことは結構覚えてるんだ。おっと、脱線したね。本題を忘れるところだったよ。ええっと、なんだっけな?えっと、あれだよあれ。なんだっけな・・・あ、でも今分かったよ。あれだ。そうだよあれだ。でもねー。んーと、あれ?なんだっけ。ほらアレだってのに。ってあれって何だっけ?テレビのあれだっけ。っていうかテレビってどういう構造してるんだろう。
倒置法が多く使われている文章

非常に混乱します、このように書かれると。文章が逆になります、倒置法で書かれると。たとえ主語、述語が見つかっても。 48f 困ります大変に、読者にとっては。だからやめましょう、このように書くのは。これは取り上げます、倒置法の一つとして。叫びたまえ、倒錯した文章の構造に倒置法があなたを便利にする!!ソビエトロシアでは。
冗語法が多く使われている文章[ b61 編集]

このように斯様な反復や繰り返しが頻繁に多く余分で過剰で多すぎる文章や記述は、記事を読む読み手の読者の人である人間かつ人物にストレスを与えフラストレーションが増える増加を募らせ、その後に最終的な結果として後ほど最後に最終的には不安な不安感を感じさせるという事態へと発展することになるので出来るだけ可能な限り以上のこのような上述の如き文章や記述を自重して差し控えて慎む事の推奨が求められる。文章や記述や記事や書き物を書いたり文章の記述を記したりするときは、可能な限りできるだけ不可能ではない限りの限界において簡単にわかりやすく余分な記述や文章や単語や言葉を入れる加えることが存在せずないように、単純明快で簡潔にシンプルで単純な文体や書体で書き記し綴る方が、趣旨や主旨や論旨や論点や文意や意味が読み手の読者の人に理解してわかってもらえたり意思伝達されて意味が伝わったりするのが容易かつスムーズで円滑で、また易しく簡単と言えよう。あえてわざと故意に意図的な意思を込めて、ほとんど概ねほぼ同じ同一のイコールである定義を定められた同一で同じ意味の同義語を、繰り返し反復して更にその上また再び記載して再記する行為は、必要性が不必要で無意味に意味が無く役に立たない不要の無駄である。記された記事を読む読者の人に、頭の頭痛を痛くさせ、それは危険が危ないと言う事が出来る可能性があり得ることになることになりかねないだろう。
誇張しすぎた文章[ c90 編集]

茫洋と広がる大海の如く誇張された文章はただただ徒に解読者の混乱を招くばかりであり、読者は意味の解釈という無為の鉄檻に囚われ、まさに艱難辛苦千荊万棘の倒懸の苦を強いられ、その阿鼻叫喚の無間地獄の責め具によって精神は朽ち果てもはや烏有に帰すことになる。天網恢々疎にして漏らさずと雖も、現在の日本国憲法をして覿面たる罰を下せしめる法を作成することは不可能であるが、これは明晰判明的に人を殺めるが如き大罪である。畢竟、針小棒大な表現を自重し眼光紙背に徹するが如く意図を汲みやすい文章になるよう、成るべく創意工夫を凝らして修飾の簡素化を図るという天命とも言うべき作業は、こと文章を書くという活動においては国家の勅令よりも遵守すべき最重要命題であり、書き手は粉骨砕身、数多に連なる幾億の苦吟鏤刻の山脈を乗り越えなければならないのは当然の義務である。先に述べたように無法極まる無粋な文章は前代未聞空前絶後の未曾有たる厄災を招く引き金に成りかねない。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:72 KB
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef