言論の自由
[Uncyclopedia|▼Menu]
この記事のことは世界共通の無視された方針と見なされています。
無視された方針は全人類の間で広く受け入れられており、誰もが従うべき基準と考えられているか、そうでなければ、自由に無視して構わないものであると考えられています。この方針について提案を行う際には、うやうやしくひざまずいて意見を述べてても無視されてしまうので、自分でどうにかしてください


言論の自由(げんろんのじゆう)とは、自由権の一種であり、検閲により削除を受けずに自分の思想・良心を表明する自由をさすと言われている。国際人権法で保障されているが、上の通り無視された方針となっている。名誉毀損罪・侮辱罪が存在する時点で明らかに無視されている。で?

これによりマスゴミはウォーターゲート事件の様な事例を暴露することもあるが、まぁいろいろと大人の事情でそう簡単にはいかない。青少年健全育成条例を制定して、漫画のこれを奪おうとする都知事は、左翼の人曰く、現代のヒトラーであり[要出典]、日本と、どこかの国との戦争がもうすぐ起こって、町中が焼け野原になって、人が一杯死ぬらしいが、具体的にいつ何処の国と戦争をするのかは、誰も知らない。

また、行政機関が、表現の自由を無視するとみんな烈火のごとく怒るが、出版社やマスゴミが表現の自由を自ら無視しても、誰も気にしない。なぜなら、これは編集権を行使しているからである。

当然のことながら「言論の自由に反対する言論を展開する自由」も、言論の自由で認められているが、この話は自家撞着とトートロジーを惹起するのでタブーとなっている。
目次

1 無視された方針の例

1.1 天皇陛下の例

1.2 創価学会の例

1.3 警察の例

1.4 闇の世界権力の例


2 言論の自由を盾にした例

3 言論の自由がへし折られた例

4 言論の自由がマウントポジションでメッタ刺しにされたことに気付く方法

5 関連項目

無視された方針の例
天皇陛下の例
陛下について批判する。

テレビ局に放火しようとしたり、
いたずらされる。

テレビ局は批判しなくなる。結果的に自由は奪われた。

創価学会の例
創価学会を叩く。

圧力がかけられる。

結局叩かない。

が、時には「週刊新潮」、「週刊文春」とかがグルになって叩き、言論の自由を盾に叩きまくる。

警察の例
なんか
警察に裏があるっぽい。

が、言うといろいろといじわるされる。

結果的に解明されない。
ただし、志布志事件のように警察の捜査の実態が暴かれるケースもある。


闇の世界権力の例
「闇の世界権力が
日本を狙っている」と言う。

後日何故かそういった人が自殺する死亡するまたは居なくなる。

マスコミも警察も政府もそれ以上詮索しないで時が経つ。

結局謎のまま迷宮入りへそして誰も気にしない

とかまあ、こんな感じ。

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

言論の自由を盾にした例

アンサイクロペディアmiyocoの記事を作り、好き勝手する。

2ちゃんねるに「天皇氏ねばいいのに」と書く。

ウィキペディアンに仲間外れにされたと公言し、アンサイクロペディアンになる。

毎日新聞日本のことを低俗に表現しまくる。

その後、謝罪させられているので表現の自由がへし折られたとする意見もある。


スタジオYOUが無断でアニメやマンガなどのオンリーイベントを開催する。

言論の自由がへし折られた例[ 67a9 編集]

アーレフと言えない。オウム真理教と付け加えないといけない。

ジャイアンこと不自由党の後ろ盾がある公闇党はふんぞり返って見えない圧力をかけて創価学会批判を抑えている。

ブログに「教頭抹殺したい」と書いたところ、処分されクビになった。

エロゲーにおいてち○こ***の部分がぴーされている。

かぐや消しにより表現することができる。


ウィキペディア平野綾の項にナニモノかが「死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね…」と書き殴ったところ、ウィキペディアの専門家気取りたちに検閲により削除された。

言論の自由がマウントポジションでメッタ刺しにされたことに気付く方法

お察し下さい

とりあえず言ってみる。

当事者がエクストリーム・無視に移行した場合は可能性が高い。


空気を読む。

関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「言論の自由」の項目を執筆しています。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「表現の自由」の項目を執筆しています。

報道の自由

報道しない自由

タブー

検閲

検閲により削除

焚書坑儒

有害創作物規制法


この項目は、まだまだ言論の自由がありません。より無責任に自由に言いたいことを好き勝手に言ってくださる方をお求めています。 (Portal:スタブ)


更新日時:2018年9月1日(土)20:26
取得日時:2019/07/13 16:03


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:14 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef