裁判
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「裁判」の項目を執筆しています。

裁判 (さいばん)とは、裁判官、弁護士検事、被告人で行うお笑いライブの事である。この裁判所(ライブ会場)で弁護士と検事が論争(漫才)をし、被告人(罰ゲームを受ける芸人)の罰(罰ゲーム)を受けるか受けないかを決める。なお最終的な決定は審判である裁判官が判断する。
目次

1 裁判の参加者

1.1 裁判官(審判)

1.2 弁護士(ツッコミ)

1.3 検事(ボケ)

1.4 被告人(罰ゲームを受ける芸人)

1.5 傍聴人(観客)


2 裁判の流れ

3 被告人の選考

4 裁判員裁判について

5 裁判の放映について

6 注釈

7 関連項目

裁判の参加者
裁判官(審判)

漫才を見て被告人が罰ゲームを受けるかどうか決める。また、裁判官が木槌を叩いて「静粛に」と言うと裁判が始まる。[1]
弁護士(ツッコミ) 異議あり!

検事のボケに対して「異議あり」とツッコミを入れる。
検事(ボケ)

被告人にどのような罰ゲームをさせるかを面白く提案する。
被告人(罰ゲームを受ける芸人)

警察に逮捕(スカウト)された芸人。弁護士とタッグを組んでいる。
傍聴人(観客)

開廷前に抽選で選ばれた人。



裁判の流れ とりあえず死刑にされてしまう場合もある

開廷前はたいてい、傍聴人 (観客)がはしゃいでいて騒がしいので、裁判官が木槌を2回叩き「静粛に」と言う。[2]

これがライブ前のお決まりとなっている。次に、検事が被告人にどのような罰ゲームを受けるべきか、面白く提案する。これに対し不満がある場合は、弁護士が「異議あり」と言い反論する。基本的にこれを繰り返し、最後に裁判官が判決を下し、ライブが終了となる。

しかし、弁護士の99割は消極的な性格な為、できるだけ被告人を無罪にしようとする。この為、論争が激しくなりライブが長時間に及ぶのが一般的となっている。
被告人の選考

被告人は罰ゲームを受ける人の事だがこれは、警察に逮捕 (スカウト)された人の中から選ばれる。
裁判員裁判について

最近導入された裁判員裁判は、傍聴人から「俺たちも参加させろ」という声が相次いであったため、仕方なく導入した制度である。これにより裁判員が審判をするようになった為、裁判官の立場が無くなっているという問題が生じている。
裁判の放映について

ライブ会場は撮影禁止となっている為、動画の放映はできない。これは、裁判制度開始当初の参加者達は、動画を取られると魂を取られると思っていた為である。しかし、どうしても放映したいマスコミは、苦肉の策としてスケッチした絵を放映することにしたのである。
注釈^ ただし、日本の法廷では木槌は使われていない
^ くどいようだが、日本の法廷では木槌は使われていない

関連項目

裁判所

逆転裁判

魔女裁判


更新日時:2012年11月21日(水)12:49
取得日時:2019/10/23 11:02


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7069 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef