衣替え
[Uncyclopedia|▼Menu]

この項目では、季節や天候による衣服の変更について記述しているばい! 天麩羅の衣の追加につ・い・て・は「衣替え (天麩羅)」をCHECK IT OUT!! はい!!!

衣替え(ころもがえ)とは主に年に二回、人間が衣服のバージョンを変更することで、より快適に過ごす事を可能にした画期的なシステムである。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「衣替え」の項目を執筆しています。
起源

人類が衣服を着用するという生活スタイルを確立し始めた時代は定かではないが、原初の衣服は動物の毛皮で構成された、保温機能だけを追及した簡単なものでしかなかった。そんな衣服がたった一着きりでは、変化し続ける季節や天候に対応することは難しく、それを解決する必要が出てきたのである。これが、人間が衣替えという概念を獲得するに至ったきっかけである。たぶん。

当初は、衣服の方を季節や気候に対応させようとさまざまな工夫(七分丈など)がなされたが、地球という過酷な環境ではなかなかそのような素材が開発されることがなかった。最終的に衣服を対応させるのではなく、周囲の環境の変化に応じて衣服を変更することでこの問題を解決した。このアイデアは、イヌケンネルなどの一部の動物が季節ごとに毛を生え変わらせることをヒントにして考案されたといわれる。なおタンスにゴンの開発により、さらに効率的に衣替えを実施することができるようになった。

一年を通して気候が安定しているような地域では、このような習慣はない。また、なぜか冬になっても夏服で学校に通い続ける変な男子生徒が、どういうわけか日本中のあらゆる学校(主に小学校)に存在するという。衣替えには様々な種類が存在する。 
夏季衣替え
非常に暑い夏の時期に、より涼しい夏服に着替える。これにより学校では、前の席に座る女子生徒のブラ線が見えたりして、性少年の目を喜ばせることとなる。マニアックな男子生徒の場合、普通のブラではなくスポーツブラが透けて見える方が興奮するそうだが、それは今は関係ないので断腸の思いで割愛する。女子は薄手のいブラウス、または夏用セーラー服を着用し、男子は学ランやブレザーを脱ぐことが許可される。
冬季衣替え
冬の厳しい寒さをストーブ一本でしのぐために着替える。これによりブラ線が見えなくなるので、性少年は非常にがっかりすることとなる。女子は厚手のブラウス・セーラー服に重たい上着、冷え性ならばセーターなどを着用することもある。男子は学ランを着用することを義務づけられる(ただし、学ランの下に赤いシャツを着て過ごす事を許可される)。
スク水
夏季において、水に飛び込むという授業を受ける場合に限って行う衣替え。この時期のみ女子は下着の代わりにスクール水着を着用しての登校が許される(男子は原則不可)。また下着を忘れた場合は、女子のみノーパンで授業を受けることが許される(男子は停学処分とする)。
省エネスーツ
環境保護の見地から、少ないエアコン、または比較的高めの温度設定でも快適に過ごせるよう社会人向けに開発された。残念ながら環境問題にあまり興味のない日本人には馴染まず、お蔵入りになってしまった。
衣替えのあまり必要のない地域

北極


南極

宇宙

関連事項

ストリーキング


魔法少女(彼女らの変身シーンは衣替えの一種である)

コスプレ

肩書とはジャケットの上から着るもの


更新日時:2016年6月21日(火)14:28
取得日時:2018/08/18 15:18


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4915 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE