蝋燭
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ろうそく」の項目を執筆しています。

ろうそく-rousoku-とは、主に縛り付けた人の素肌に垂らしたり、紐で頭に縛り付け、藁人形をもって夜道を走りまわる時等に使われるストレス発散用の万能アイテムの一つである。また、やろうと思えば食べる事も出来る。しかし味は保証できない。
目次

1 ろうそくの一生

2 ろうそくの使い方

3 ろうそくの火

4 関連項目

ろうそくの一生

いつ、何処とも知らない場所で生まれ育ち、大きくなるとトラックでドナドナされ、最終的には数多くの同志達と共に身体を焼かれてしまうという何とも悲惨な運命を辿る。

どれだけ純粋な心を持つ子どもに会ったとしても、「ハッピーバースディ トゥーユー」の呪文とともに、風前の灯火である彼等の命は強烈なブレスによって吹き消されてしまうのだ。嘆かわしい事である。

たまに、「命乞いをしろ。三分間待ってやる。」と最後の一時を与えてくれる者もいるが、ごく稀であろう。ろうそくにまっとうな人生を送らせてやる? 4819 ??とは出来ないのか?
ろうそくの使い方

前述のとおりろうそくにはいろんな使い方がある。ここではその中でも代表的なものを簡単に紹介する。ただしSMについては熱く語らしてもらう。
誕生日
ひと時の主人公になれる。
葬式関係
最近はろうそくでは危ないのでろうそく型の電球を使っている。昔は一晩中活躍してたのに(´;ω;`)
人を呪う時
よくマンガなどで頭にろうそくをくくりつけたままわら人形を叩くシーンがあるが、本当にやる人がいるのかは疑問である。
ミイラの作成

計量器具として
説明がうっといのでしません(-`ω´-。)キッパリ
SM
SMといえばろうそく」と言われるぐらいSMとろうそくは切っても切れない関係である。だが人間の嗜虐的性向を一纏めにしたBDSMという言葉があるが「B」…Bondage(ボンデージ)「D」…Discipline(ディスプリン)「SM」…Sadism & Masochism(サディズム & マゾヒズム)の略でありそれぞれ「拘束器具」「調教」「サド&マゾ」をあらわす。もちろんこれだけ見れば「じゃあろうそくは違うの?」と思いがちだがそれは違う。(だが私もそう思ってた。)この言葉は嗜虐的性向の状況を楽しむものであり、、、.........まあ簡単に言うとSMの何がいいかを全部ひっくるめてBDSMって言うんだよ。 わかったか! 非リア充! SMしたくてもできないやつめ!低温ロウソクはスープをこぼしたような熱さ。ジ???ンとくる熱さがたまらない。さああなたもSMの世界へ。。。
ろうそくの火

外側がめっちゃ熱い。だから花火の火をつけるときは先っぽにつけないと火が消えちゃう。

これだけ知っていれば、明日のテストは楽勝。出来ないのは努力が足りないから。そうやって罪を人に押し付けるのは良くない。自分の責任だろう。
関連項目

キャンドルナイト


更新日時:2014年10月17日(金)22:35
取得日時:2019/10/22 08:19


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4297 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef