蘇我おかゆ
[Uncyclopedia|▼Menu]

蘇我おかゆ(そがおかゆ、そがのおかゆ)とはかつて古墳時代から大化の改新まで隆盛を誇った古代豪族、蘇我氏が日本に伝え広めたという幻の食品である。しかし近年、蘇我おかゆはネット上で謎の復権の兆しを見せはじめ、遂には革ズボンの素材や韓国の十九世紀における主要輸出品目に上げられるなど、食品の域を超えた奇妙な存在感を出している。ウィキペディア専門家気取りたちも「蘇我おかゆ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。目次

1 蘇我おかゆの起源

2 現代の蘇我おかゆ考察

3 インターネットにおける蘇我おかゆの謎

4 参考文献

5 関連項目

蘇我おかゆの起源

6世紀に朝鮮半島から仏教が伝来すると蘇我稲目は天皇に仏教を保護しこれを厚く信仰することを進言した。しかし日本には既に八百万の神がいるとして物部氏らの豪族が反対し、稲目は仏教信仰を妨害されてしまう。稲目はこの時の無念を忘れない為に凄まじい味がする特製のおかゆをすすって、臥薪嘗胆とした。稲目の子である蘇我馬子の時代についに王権に対する問題も絡み物部氏と蘇我氏は戦争を起こす。時の当主である蘇我馬子は聖徳太子と共に守護仏四天王に仏教信仰を誓い、必勝を祈願し蘇我おかゆを啜った。この決戦に勝利した蘇我氏は後に天皇を暗殺するなど強力な権勢を持ち始め聖徳太子亡き後、馬子の跡を継いだ蘇我蝦夷、その子、入鹿は朝廷で比類ない隆盛を誇る。が、蘇我入鹿は祖父と父の教えに反して「こんな不味いものは食えない」と蘇我おかゆを毎朝とここぞという時に仏前で食す風習を止めてしまう。その為か入鹿の振る舞いには傍若無人なものが目立ち始め、遂に中大兄皇子らが入鹿を暗殺(大化の改新)蝦夷は邸宅に火を放ち蘇我氏宗家は滅亡した。こうして蘇我おかゆの具体的な製法、食材がなんであったのかは現在も不明である。

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

現代の蘇我おかゆ考察

蘇我氏 238e が実は複数あった古代天皇家の一つではなかったのか?など古代豪族と天皇家との関係はいまだ謎が多く、日本書紀など蘇我氏に言及した資料は中大兄皇子(天智天皇)サイドでの記述であるため不当に蘇我氏が悪く記述されている。その為、前述の通りに蘇我おかゆ自体も「非常に不味い」「人間の食い物ではない」などの認識があった。が、実は非常に栄養価が高く美味であったのではないか?という説がある。日本書紀で入鹿は悪人として記述されている為、入鹿が蘇我おかゆを好んで食さなかったということは、単に不味いからではなく、美食は無駄であり悪であるという良識ある認識からだった可能性も指摘されている。一説で天皇家が渡来系であったことなどを考えれば蘇我氏も渡来系であった可能性は充分にあり古代中国の薬膳の一種ではなかったのか?という説もあり、おかゆ研究家たちの議論が尽きない。

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

インターネットにおける蘇我おかゆの謎

翻訳ソフトでの翻訳を利用した海外通信販売業者は何故か革製品の素材に「蘇我おかゆ」と明記している。Googleなどで検索してみると朝鮮の十九世紀主要輸出品に朝鮮人参と並んで「蘇我おかゆ」があったと明言している韓国系?サイトなども発見できる。此れを鑑みて日本おかゆ学会の所属研究員たちは「(仮に蘇我氏が渡来系であったとしても)蘇我おかゆの起源まで韓国にされては困る。竹島だけで沢山だ」と真相を究明するとした。

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

参考文献

「幻のおかゆ
」(民明書房

「古代王権と蘇我氏」(民明書房

「検索してやるんだ!有難く思え!」(Google

要出典」(Wikipedia

「日本おかゆ学界会報2009」(日本おかゆ学界)

関連項目

聖徳太子

おかゆ

翻訳

韓国

民明書房

蘇我氏

革製品

牛革を蘇我おかゆという韓国。なんでよ?


更新日時:2017年11月22日(水)23:27
取得日時:2022/11/30 19:59


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7770 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef