薔薇
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「薔薇」の項目を執筆しています。ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「 ⇒薔薇」の項目を執筆してくれています。同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「 ⇒薔薇」の記事を執筆しています。

薔薇(ばら/そうび)とは、薔薇科多年草の総称。
目次

1 概要

2 武器として

3 脚注

4 関連項目

概要

薔薇は5枚の花びらが重なって半結球した状態の花部と、鋭い刺に覆われた蔓が特徴となっている。古来から観賞用に栽培されているが、自生種は寒冷や病気に弱く花を咲かせないまま蔓だけが延びてしまうケースが多い。その為代用品として男性同士アナルセックス後の脱肛状態を「アナルローズ」と呼んで鑑賞する文化も生まれた[要出典 4c50 ]。ただしこの用途は、中世ヨーロッパ以降はキリスト教によって禁止され[1]殆ど忘れ去られた文化となっていた。その後教会が力を失い始めた近代以降になって薔薇愛好も復権し、現在では幅広い層に愛好されている。

他に薔薇は香油取りにも利用され、芳しい薔薇の香は世界中で愛好されている。特に薔薇鑑賞を好む一部の女性に支持され、彼女らは薔薇の香りを楽しむため様々な品種の交配に励んでいる。日本では夏と冬に品評会が行われ、多くの薔薇が乱れ咲く光景は盆暮れの風物詩になっている[要出典]。尚この品評会では百合も持ち込まれる事が多いが、理由は不明となっている。
武器として 薔薇の蔓が巻き付いた状態。

上記のような観賞用途の他に多いのが、武器としての使用法である。これには主として薔薇の蔓を使い、鞭のように振るって相手に絡め付けつつ刺で切り裂いたり腕に巻き付けてスパイクグローブにしたりする。希に花がついたままダーツのように投げ、相手に突き刺すという使い方をする人間も存在する[2][要出典]。

また拘束に用いる場合もあるが、薔薇の蔓は結びにくく長時間の拘束には向かない。刺の付いた外見から視覚的なインパクトが強いこともあり、演出の一環としての使用が多いとされている。薔薇を使っての長時間拘束には、別に結束帯を用意し見えないように併用するのが肝心である。
脚注^ キリスト教文化圏では、「大地に精液を溢す行為(=子作り以外のセックス)」がタブー視されていた為。
^ 上手く心臓に突き刺されば、噴水のように血が吹き出し絶命するとされる。

関連項目

薔薇族

百合



アナル

薔薇色

砂漠のバラ


更新日時:2018年9月25日(火)08:48
取得日時:2019/07/15 13:07


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5173 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef