自由交雑
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…概要[編集]遺伝の法則を調べるときに重宝される実験方法であり、ある遺伝的な特徴がどのくらいの割合で次の世代の子どもに遺伝するかを手軽に調べることができる。快楽に浸りながら調査することができるという画期的な実験方法である。その快楽を求めるためか、自由交雑が行われるときは人体実験であるのにも関わらず実験材料になろうというヒトが殺到する。

この実験の画期的さゆえに高校生物でも取り上げられており、大学入試センター試験でも毎年のようにこの実験についての問題が出題されている。
実験方法
準備するもの
調べたい特徴をもったヒト
男女同じくらい準備すること、人数は多ければ多いほどよい(その方が精度があがる)。
調べたい特徴をもたないヒト(実験による)
特徴がないヒトも混ぜて、その特徴が次世代に受け継がれるかどうかを調べる実験なら必要(その場合も男女同じくらい準備すること)。調べたい特徴をもったヒトだけでヤるつもりなら逆に混ぜてはいけない。
実験をする場所
なるべく人目につかない場所がよい。ただし、実験に使う人数によって確保すべき場所の広さが違ってくる。1000人レベルなら体育館など、10000人レベルなら球場や武道館等が必要である。

注意
ヒトを準備するときはとにかく男女比に気をつけなければならない。女性に比べて男性が多すぎると
コレになってしまう恐れがあり、逆に男性に比べて女性が多すぎるとコレになる恐れがある。
実験の手順
準備したヒトを一箇所に集めて乱交パーティーを開き、一斉にぴーさせる。

ぴーが終わったら、子どもが生まれるまで10ヶ月待つ。

生まれた子どもを調べている特徴が遺伝したかどうか一人一人調べる。

遺伝した人数を集計し、遺伝した割合を求める。例えば、生まれた人数が1000人、遺伝した人数が
156人なら、遺伝する確率は15.6%ということになる。

自由交雑の歴史
メンデルの実験

この自由交雑を最初に行った科学者は、メンデルの法則で有名なグレゴール・ヨハン・メンデル(1822?1884)である。彼はある特徴をもったヒトと持っていないヒトを500人ずつ集めて乱交パーティーを開いたが、その結果生まれた487人の子どもは全員がその特徴を持っていた。その15年後メンデルはその487人を呼び集め、再び乱交パーティーを開催した。その結果第三世代の子どもは240人生まれ、そのうちの181人がもとの特徴をもっていたが、残りの59人は持っていなかった。これはほぼ3:1の割合とみることができる。

これはメンデルの実験の中では非常に有名なものであり、この実験の結果をもとに彼はメンデルの法則を考え出したと言われている 2dd1 。有名な法則であるが、これも自由交雑のおかげであった。自由交雑がいかに素晴らしい実験方法なのかということがよく分かるエピソードである。
また、この実験が宣伝となり、その後も自由交雑は世界に広まっていくことになる。
現代の自由交雑

メンデルの実験の後からも自由交雑は何回も行われてきたが、現代では実験目的以外でもやるようになってきた。

現代では自由交雑は単なる遺伝の実験にとどまらず、快楽を得る目的でやろうという人も多い。やはり実験という名の下で堂々と検閲により削除することができるというのが大きな理由なのであろう。
関連項目

メンデルの法則

生物


更新日時:2011年3月17日(木)22:49
取得日時:2021/02/28 23:17


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5603 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef