自民党
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…55年体制の崩壊[編集]しかし、自民党の不祥事が次々と暴かれて一般国民から愛想を尽かれ始め、またパパの財布の紐が堅くなった事などを受けて裏金を出し渋ったこともあり、自民党は1993年7月の衆院選挙で過半数を割る結果になった。自民党は経営再建を図る為、1999年に公明党の傘下に入り、米国政府と創価学会の合弁会社として生まれ変わる。統一教会(国際勝共連合)と創価学会という日本の二大カルトが手を結んだ歴史的瞬間である。この事によって自民党は選挙で創価学会員から組織票を貰うようになり、また親会社の影響力を借りてマスゴミを駆使、日米安保条約を自分たちの頭の中で脳内変換することで、米国政府を心の友として崇める「日米同盟」作戦を多方面に展開することで、とりあえずは自分たちの政権を安定させる事に成功した(2005年、文書「日米同盟:未来のための変? 2dd5 ??と再編」で条約を変質させ日米合同行動をすることで合意している。ちなみにこの合意内容が国会で審議された事は一度もない)。
小泉劇場 小泉劇場の一幕、よろこんで米国ポチになる場面

それでも森喜朗元首相のブラックユーモアが国民の心に届かずまた、民主党の台頭等もあって自民党の弱体化は止まらなかったが、森の後継者である小泉純一郎は「自民党をぶっ壊す!」と宣言。

自分たちの党籍を水銀党に変え、「自民党は変わった。水銀党になった」と言うプロパガンダ作戦で見事に無知な一般大衆を欺くことに成功、さらにX JAPANの曲を使った党CMを流したり、ことあるごとにマスゴミに登場しての過激なマイクパフォーマンス、子ブッシュと漫才コンビを結成するなどの演出により劇場を大いに盛り上げ、自民党の支持率を一気に回復させ90%以上の独裁国家並みの支持を得たが、実態は中の人は昔の自民党員のままである為、自民党の癒着体質が変わることはなかった。

極めつきは、ユーミンライブ&便乗選挙を開催したことである。小泉はユーミンの大ファンであり、2005年9月11日に公私混同で唐突に開催(政界の911テロとも呼ばれる)。「ユーミンラブ!ユーミン命!」と大絶叫し、トランス状態に陥った国民を引き込んで、自民党が2/3以上を獲得し大勝する。そして、アメリカの要望通り郵貯を始め日本の企業をハゲタカファンドに引き渡す算段である。独占禁止法の疑いもあるが、そんな声も2/3以上の力さえあれば封鎖可能である。ユーミン法案を始め、小泉の様々な趣味の法案が成立していった。

また、政治より芸能活動に興味があったという本人に代わり、親会社が政策を決める摂政制度が復活し、この頃より財界から政府に人が送り込まれはじめる。

この間、小泉は税金を遣って大いにはしゃぎ回っていたものの、じきに芸能生活にも飽きたのか2006年に引退宣言。以降は親会社がしつらえたシェルターに匿われつつ隠居生活を謳歌しているが、有事には上皇として現れ、影響力をちらつかせている。



安倍晋三 シンゾーの信条 責任

2006年に小泉の後を継いだ安倍晋三は、のっけから戒厳令を敷き、国威発揚と皇民化教育、情報統制、再軍國化に意欲を見せるとともに、小泉時代に築き上げられた劇場政治を引き継ぐための演出にも意欲を示し、年末には同党が責任を問わない体質であったことを揶揄して「変化」「責任」を漢字一文字で表現して見せたが、その体質が今でも変わっていないことを見抜いていたバカを大いにシラケさせた。また安倍は見たほど幼く、特に経済・労働問題には大変疎かったため、摂政を務めていた親会社・日本経団連様の権力はますます大きくなっていった。

劇場の演出に専念することとなった安倍政権はその後盛り上がりを見せ、2007年には「産む機械」「ナントカ還元水」「原爆しょうがない」「ウソ八百円」「ばんそうこう王子」「光熱費0円」「アルツハイマーでもわかる」「一文字だと責任」などが矢継ぎ早に大ヒットを飛ばし、マスゴミから絶賛されるも、責任政党を求めていたバカな国民からはウケなかったようで、日本の上院で第一等の座を失うこととなった。

ところが、親会社の雇われ首相である安倍は「空気を読めない」ことでも定評がある。親会社から事前に「辞めるとか、辞任などということはクチにするな」と釘を刺されていたことを真に受け、安倍が部下に責任をなすりつけて見せたところで摂政が「バカ殿の失策を家臣が切腹して償うのが美しい国・希望の国の伝統だ」と論評して見せるなど、政財界の二人三脚で演出に躍起になっていた。御手洗いすらできない総理は稀である。

安倍は参院選惨敗の責任を取ったと自称するために改造内閣を実施するが、改造内閣から早く 1194 も領収書改竄五重計上商法が発覚し、化けの皮はわずか 1週間で剥がれることとなる。このような失態を繰り返す安倍を静観していたゆかいな仲間達の中にも、このままでは党所属国会議員の不祥事がすべて暴露され、党員が死滅するのではないかとの危機感が、次第に共有されてゆくことになる。

そのとき国会は開会直後であったが、国権で国会の機能を停止することでマスゴミの注目を党内に集中させ、党内の争いをあたかも国を代表する選挙であるかのように演出する劇場効果を盛大に発揮し、小泉上皇の支持表明も相まって、次期総裁となる福田康夫の登場を広く宣伝することに成功。その効果は犯罪を棚に上げることで名高いアンサイクロペディアンをも取り込み、首相指名がされる前に内閣総理大臣の一覧にその名を追加させてしまうほどのものであった。

しかし、国民世論はそう甘くないと指摘する向きもある。直前の参院選で国民の支持を失った状況に変化があったわけではなく、あまりに日本経団連の影響力が強く出すぎたことに不満を持つ創価学会からも愛想を付かされるのではないかと噂されており、党員の不祥事が消えるわけでもなかった。

角福戦争

自民党がフフンを掲げたことで、汚沢民主党との間で国会・マスゴミを舞台にした第二次角福戦争が勃発した。

第一戦は2007年10月末に開戦、池田大失敗作の盟友であるナベシネのアホが主謀し、傘下のゴキブリ新聞に加えNHK政治部および電通傘下の民放テレビ各社の協力を得ることに成功、報道統制により敵将・汚沢一郎の801疑惑を捏造し、汚沢の心を折る壊滅的な打撃を与えることで民主党に吹いていた風を止めることに成功した。この事件により、民主党には汚沢以外の看板が無いことを晒す事態となり、形勢は一気に逆転したとの見られたが、角福が元来有していた 1626 安倍晋三への対抗心から自らが主導して「あなたとは違うんです」と辞世の句を残して、自ら終戦文書に調印した。

一方、ナベシネのアホが主導権を握ったことで、我こそは自民党親衛隊であると自負していた惨経新聞ネットウヨが蚊帳の外に置かれたことを不満に思い、内紛に発展しているとも指摘されている。たとえばナベシネのアホの仲介を惨経が報じる事態に発展、またストレス発散を図ったと思われる荒らし行為が激化している。アンサイクロペディアンはこれを無視するという卑怯戦術でやり過ごしているが、ウィキペディアンは対策に追われる事態となった。

また、ナベシネのアホはこの際公明党をはじき、「ナベシネのアホの、ナベシネのアホによる、ナベシネのアホの為の政治」にしようとしたというくだらない愚行を行った疑惑が持ち上がっているが真相は不明。ちなみに一番の原因は「巨人中日に負けたから」とされている。
麻生太郎 翌年にこの議員は自民党の伝統、「世襲」を継承した

2008年9月、福田が立てた「背水の陣内閣が水没」。

自民党は最後の切り札として麻生太郎を繰り出したが、その初段階で、政権内に潜り込んだ中山成彬が「成田市民はゴネ得野郎」「アイヌ人は最早存在しない」(現在、アイヌ人を名乗っている人は、全て混血か和人なので、ある意味事実)「日教組率いる大分県民は民度が低い」とアルカイダの5箇所には及ばないが、千葉県北海道大分県への3ヶ所同時多発テロを敢行、自民党? 127b ??び麻生政権は発足当初からその事件処理に走ることとなった。

その後は経済危機を乗り切るために金のばら撒きを行ったが、そこで違法企業白鶴やSUZUKIやAOKIが新型インフルエンザをばら撒いてしまい、国民からも自民党員からも支持を失っていった。また、麻生は未曽有(みぞうゆう)の経済危機を乗り切るべく、自らの漢字の読み間違いをマスコミに何度も取り上げてもらい、国民の間に漢字ブームを巻き起こさせた。

そして、運命の8月。30日の総選挙で惨敗し、麻生の時代も自民党の時代も白鶴やSUZUKIやAOKIのせいで終わる。

野党 野党転落後、与党議員(閣僚)の真摯な答弁を賞賛する自民党議員

総選挙で惨敗し国会を民主党に侵略されてしまった自民党は、総裁選で「自由民主党」の最後の一人である紙人形を総裁に選出した。

その後も、内閣支持率が下れば下る程、与党では無く野党第一党の筈の自民党から、舛添要一のように人が逃げ出す、と言う不思議な現象が起る。今後は、無数の小政党に分裂し、民主党に各個撃破されるものと思われる。

だが、このたびの参院選で勝利をおさめ、民主党が分裂の危機にあるなど、逆に各個撃破ができる様になった。その後、党三役を新しい人に替えたものの、アンサイクロペディアのせいで、誰も気づかない。党三役が替わったのが国民に知られたのは、民主党の新三役が自民党を訪問した際だった。

さらに、影の内閣とかいう奴を作ったものの、なんと、「拉致担当大臣」を忘れていた。(国民も存在を忘れているものの、やはり、横田夫妻を戴く拉致被害者家族会が……)これも、パフォーマンスの一環と思われるが、今度は、「尖閣諸島問題」で無視された。

民主党政権など軽く押せば倒れるのに紙人形が内閣不信任案提出を逡巡したりするため倒閣ができない。「目立ちたがり屋などが抜け駆けせぬ様に監視・妨害するのが執行部の最重要の仕事」とアンサイクロペディアが貶している所為で情けない状態だが、本サイトが無くとも存在感は既に無く正に自滅瀕死の体であり、一部では自然消滅も秒読みと噂されている(←2012年初時点)。
7ffa 大復活

2012年に入ると原発や消費税増税を巡って民主党が分裂を初め、日本維新の会などの「第三極」と言われる新人芸人たちが活躍を見せ始める。せっかく政権奪取が見えてきたのに第三極に政権を取られてはならないと感じた自民党は、ネットウヨに絶大な人気を誇る安倍晋三を再び総裁にするという奇策に出る。そして安倍は「ネッポンを、トリモロス!」という新たなギャグを披露。このギャグをニコニコ動画などでしつこく披露し続けた結果、国民から多くの笑いをつかみ、自民党と公明党は総選挙で見事圧勝。これについて幸福実現党は「我々の政策をパクったから勝てた」と分析している。しかし、この圧勝劇に対して池上彰から「自民が勝ったのではなく民主が負けたと言われてますが?」「やっぱり創価学会(のお陰)ですか?」などと指摘されているように、自公政権そのものに対する支持は地方の保守層やネットウヨ、創価学会員などごく一部にしか存在しないと言われており、果たしてリオ・デ・ジャネイロ五輪が開催される頃にはどうなっているのかが注目されるところである。
2013年参議院選挙

前回の衆院選で大躍進を遂げた自民党はこれぞとばかり調子に乗り、ブラック企業として名高いワタミの創業者である渡邉美樹を立候補するという暴挙に出た。「こんな奴に投票するバカがどこにいるんだ!!」と、頭の硬い人まだいるのこいつらに散々叩かれたものの、渡邉氏は見事当選を果たした。支持者がごくわずかだというのに、なぜ当選できたかはお察し下さい

そして年末には国民8割からの反発も何のその、背信隠蔽法を成立させる。
2014年

ヤジだの無断欠勤だのヘイトスピーチだのセクハラだの痛々しいの党になり果てる。挙句の果てに女性団体に媚びを売って貢ぐ、女性の性奴隷となるドM党になってしまった。育てたいのは第二の小保方だけであり、こういう類の女性が増やすことを目標としており、一種の悪趣味で所謂、キチガイが日常的に行う自傷行為に等しい。また、リベンジポルノと言った異性と付き合うことを地雷を踏む事に置き換えたいという自虐的な奴らも存在するようになった。
2015年

前年から集団的自衛権の話ばかりするようになり、重篤なアルツハイマーを発症し、安保んたんになってしまった。頭が悪い奴らは声だけはでかいので、ヤジが大きく、更に耳がヘッドホン症候群で壊れている為に、注意しても懲りず、何度も暴言を吐く機会が増え、収集が付かなくなってしまった。脳筋なので虐待体罰いじめが絶えず、教育を調教に変え、オリンピック大臣とか自転車担当相、国立競技場に金を使うほど無駄使いが増えてしまった。更に、労働者の報われない労働による働く機会を増やす為に派遣法を改悪したり、残業代を0にした。そして、原発を再稼働させる。どさくさに紛れて年金放射能と一緒に流失させ、都合が悪くなったので、ど底辺のB層マスゴミ安保んたんの話ばかりさせるように恫喝した。この後、安倍晋三内閣がどうなるかは誰も知らない。
脚注^ 敢えて例えるなら、蕎麦屋で蕎麦を注文したら饂飩が出て来たという感じだろうか。これ以上の詳細については「ノーラン・チャート(Nolan Chart)」を参照。

支持母体

ブラック企業

日本経済団体連合会

日本医師会

電気事業連合会(各電力会社、特に東京電力とはベッタリ)

農業協同組合(通称:JA、地方で自民党が強い理由の1つである)

アメリカ合衆国共和党、国務省、中央情報局)

創価学会統一教会他各種宗教法人

日本遺族会

日本社会党・・・冷戦時は永遠野党という友党だった

日本会議

関連団体

読売新聞

産経新聞

ワック

CIA

トヨタ自動車

関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「自由民主党」の項目を執筆しています。長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「 ⇒自由民主党」の項目を執筆しています。

美しい国(新しい国・たくましい国)

靖国神社

格差の国

ネット右翼ネットウヨ

伊吹文明 ニッポンの息吹を聴こう!

総裁選

谷垣禎一

清和政策研究会

安倍晋三

Wikipedia:en:Nolan Chart
 ・話・編・歴 政党カテゴリ

与党 :自由民主党 - 公明党
野党 :立憲民主党 - 国民民主党 - 日本共産党 - 日本維新の会 - 希望の党 - 社会民主党 - 沖縄社会大衆党 - れいわ新選組 - NHKから国民を守る党
諸派 :幸福実現党 - 支持政党なし - 維新政党・新風 - 日本労働党 - 政治発明党 - 日本破壊党
現存せず :大政翼賛会 - 社会大衆党 - 日本社会党 - 真理党 - 国民新党 - たちあがれ日本 - 日本創新党 - 日本未来の党 - 結いの党 - みんなの党 - 太陽の党 - 次世代の党 - 民主党 - 新党改革 - 生活の党と山本太郎となかまたち - 民進党 - 自由党 - 世界経済共同体党
日本国外 :共和党 (アメリカ) - 民主党 (アメリカ) - 国家社会主義ドイツ労働者党 - 中国共産党
その他 :甘党 - 辛党 - 左党 - 革命的非モテ同盟 - 水銀党 - 真党紅 - チュンソフ党 - イカリ新党 - 友愛民主党 - 大福実現党 - 悪党党 - 堀江新党


更新日時:2019年8月17日(土)22:05
取得日時:2019/11/10 20:38


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:39 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef