自己評価
[Uncyclopedia|▼Menu]

自己評価(じこひょうか)とは、評価という概念の中で唯一自己を評価するものであり、結果が適切に働くことが稀である点で、評価の中では最も信頼性に疑問がもたれるものの一つである。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「自己評価」の項目を執筆しています。
概要

「過大評価や過小評価を躊躇いなくでき、いくらでも誤魔化しがきく」という点で多くある評価の形とは一線を画している。学校などでは一部の学級もしくは授業で「自己評価カード」なるものが配られるが、姑息な手段の一つとしてこのような誤魔化しを行う生徒が多い。教師が良かれと思ってやってみた行為が結局個人の評価を狂わせているに違いないのである。日本では「謙遜」という馬鹿馬鹿しい拘りが蔓延っている影響で過小評価の傾向が強いとされているのに対し、外国では過大評価が適切とされている。
自己評価の失敗例

福田康夫
退陣表明の会見の際、中国人記者の質問「一般に、総理の会見が国民には他人事のように聞こえるというふうな話がよく聞かれておりました。今日の退陣会見を聞いても、やはり率直にそのように印象を持つのです。」という問いに対し「他人事のようにというふうにあなたはおっしゃったけれども、私は自分自身を客観的に見ることはできるんです。」と発言。しかし直後に「あなたとは違うんです。」と付け加えたことで国民をおかしな形で扇動した。そもそも、「自己を客観的に見る」というのと「自己評価」というのは同じようで非常に微妙な一点において違いがあるのかもしれない。
畢竟

評価というものは複数の第三者が行ってこそ正確な結果が得られるものである。

更新日時:2012年11月24日(土)15:11
取得日時:2019/07/22 08:51


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:2396 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef