自己啓発本
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…自己啓発中毒[編集]中毒性の強さは個人差があり、人によっては独力で克服できる。だが殆どの中毒者は、使っている啓発本の効果が薄まると新しい一冊を購入し、その潜在的な苦しみをさらに深めるというスパイラルに陥る。

また、洋楽・クラシック音楽・ニューエイジ・サイケデリックトランスなど、聞き慣れない音楽を聞きながら服用するとその中毒性は強まる。

その中毒性を利用した悪徳商法自己啓発セミナーは自己啓発本を使わない代わりに、その薬品を部屋中に充満させ中毒性を維持し、患者達から多額のを搾り取っている。

その中毒性を利用した悪徳商法マルチ商法(ネットワークビジネス・ネズミ講)は自己啓発本を使わない代わりに、その薬品につけ込んだ生活雑貨品として精液サラサラ・健康食品として精液サラサラ・ダイエット薬として精液サラサラ・証券として精液サラサラ・金券として精液サラサラを購買をさせる勧誘を行う。すると患者達が中毒性を維持した商品を購入し、他の人達へ商品購買を勧誘する違法麻薬と同一流通経路の無限回廊を行い、患者達を増殖し多額のを搾り取っている。
関連項目

バイオハザード - 自己啓発中毒者たちの成れの果てが登場する。ブラッド・ウィッカーズという中毒者が堕落していく様が描写されている。

NEET - 中毒者に多い。トレインスポッティングという中毒者が堕落していく様が描写されている。

おばちゃん - NEETの次に中毒者が多い。だが真のおばちゃんにはまったくいない。

ヒッピー - 自己啓発中毒者たちで自由と非労働で生活したい人達。レクイエム・フォー・ドリームという中毒者が堕落していく様が描写されている。

自己啓発セミナー

この項目「自己啓発本」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2016年9月15日(木)20:53
取得日時:2019/11/18 09:58


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7349 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef