自己啓発本
[Uncyclopedia|▼Menu]

医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「自己啓発書」の項目を執筆しています。

自己啓発本(じこけいはつのもと)とは、極めて汎用性の広い精神安定剤である。中毒性が強い。
目次

1 概要

2 処方

3 問題点

4 自己啓発中毒

5 関連項目

概要

失恋失業、落第、落選、不合格など、気分が落ちこむ原因は様々である。それらの殆どは何もしなくても治るが、これらの要因のが複数で同時に襲い掛かって来た場合、うつ病にも似た病症を示す。この虚脱感、無力感を払拭する方法は今のところ存在しないため、時間が解決してくれなかった場合は本当にうつ病になってしまう。この回復を時間に任せる場合に、一時的にその無力感を解消させてくれるのが自己啓発本である。つまりモルヒネやメタファミンのようなもので、根本の解決にはならないことを留意するべきである。
処方

極めて揮発性の高い薬品をしみこませた紙として処方される。様々な理由で精神が不安定になった患者達が、その薬品を吸い込み鼻腔から直接に作用することにより、精神の安定を得られる。

一枚の紙だけでは効果が薄いため、何枚にも束ねた紙や朗読されたテープとして処方される。服薬に時間がかかり患者が退屈しがちなため、紙や朗読されたテープには様々な文章が記載されている。その形体のため薬屋やヤクザの手下からではなく書店から処方される。殆どの書店で薬事法と麻薬及び向精神薬取締法を無視し、処方箋なしで処方されているが、一歩間違えると違法麻薬にも変身するすばらしい危険な薬である。

自己啓発本はかかりつけのお医者さんと相談し、用法・用量を守って正しくお使い下さい。
問題点

上記のように、実際には何も解決してはいないのに、処方し続けること自体に依存してしまいがちである。

この薬はやる気の無いサラリーマンの仕事力活性化やうつ病には全く効果が見られないが、様々な理由により常時無気力になってしまった者の苦しみは緩和してくれるため、ダメな人達が常用し、問題の根本の解決からの逃避を助長している。また勤労意欲よりも自己啓発者の言葉だけを信仰するたけで簡単に億万長者・恋愛長者に変身できる、怪しい幻覚剤「LSD (薬物) 」のスーパーコピー商品として脳内にもたらす。これらは日本全体のNEETの総数を維持することに貢献している。この問題の責任は薬事法に負うところが大きい。本来自己啓発本はモルヒネやアンフェタミン・メタンフェタミンと同じく、かかりつけの心療内科・精神科等の医者からの処方箋なしに処方することは望ましいことではないが、日本では自己啓発本の歴史・認識が浅いため法整備が整っていないのが現状である。

また中二病の悪化・治療の遅延を助長させることも確認されている。



自己啓発中毒

中毒性の強さは個人差があり、人によっては独力で克服できる。だが殆どの中毒者は、使っている啓発本の効果が薄まると新しい一冊を購入し、その潜在的な苦しみをさらに深めるというスパイラルに陥る。

また、洋楽・クラシック音楽・ニューエイジ・サイケデリックトランスなど、聞き慣れない音楽を聞きながら服用するとその中毒性は強まる。

その中毒性を利用した悪徳商法自己啓発セミナーは自己啓発本を使わない代わりに、その薬品を部屋中に充満させ中毒性を維持し、患者達から多額のを搾り取っている。

その中毒性を利用した悪徳商法マルチ商法(ネットワークビジネス・ネズミ講)は自己啓発本を使わない代わりに、その薬品につけ込んだ生活雑貨品として精液サラサラ・健康食品として精液サラサラ・ダイエット薬として精液サラサラ・証券として精液サラサラ・金券として精液サラサラを購買をさせる勧誘を行う。すると患者達が中毒性を維持した商品を購入し、他の人達へ商品購買を勧誘する違法麻薬と同一流通経路の無限回廊を行い、患者達を増殖し多額のを搾り取っている。
関連項目

バイオハザード - 自己啓発中毒者たちの成れの果てが登場する。ブラッド・ウィッカーズという中毒者が堕落していく様が描写されている。

NEET - 中毒者に多い。トレインスポッティングという中毒者が堕落していく様が描写されている。

おばちゃん - NEETの次に中毒者が多い。だが真のおばちゃんにはまったくいない。

ヒッピー - 自己啓発中毒者たちで自由と非労働で生活したい人達。レクイエム・フォー・ドリームという中毒者が堕落していく様が描写されている。

自己啓発セミナー

この項目「自己啓発本」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2016年9月15日(木)20:53
取得日時:2019/10/23 14:31


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7343 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef