自宅警備員
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Uncyclopedia|▼Menu]
秀逸な記事

この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。「人は自宅警備員に生まれない。自宅警備員になるのだ。」
? 自宅警備員 について、シモーヌ・ド・ボーヴォワール「バカと暇人が自宅警備員をする」
? 自宅警備員 について、中川淳一郎「自宅警備員をするなんて、けしからん!!」
? 自宅警備員 について、磯野波平「自宅警備員って、理想の生活だよねー。いいな?、憧れるな?」
? 自宅警備員 について、野比のび太「自宅警備員は、私の商標権(商標登録第5815319号)です。」
? 自宅警備員 について、西尾啓介

自宅警備員(じたくけいびいん、通称引き○○り)とは、自宅の警備に生涯を捧げる漢の事である。近年増加傾向にある花形産業であり、就業者は主に若年?中年の男性。現在日本の人口のうち最も従業員が多い職業である。

小学生中学生など、若い頃から自宅警備員を志し、就業しようとする者も少なからず存在するが、学籍を持つ学生であるため、自宅警備員と呼ぶかは議論が分かれる。特に若い人たちのことはNEETなどが詳しい、はず、老人に関しても同様であるが町を徘徊警備する事もある、女性の場合は多くの場合、家事手伝いという別名で呼ばれている。

古くはが自宅警備員として大量採用されていたが、最近ではハムスターなどの小動物も自宅警備員として活躍している。 新型迷彩服を着用し電子戦に貢ずる応戦している自宅警備員を捉えた貴重な画像。正式名称についてはこちら
目次

1 仕事の詳細

2 自宅警備員の真実

3 自宅警備員の種類

3.1 アルバイト(非正規雇用)タイプ

3.2 正社員タイプ


4 左遷先としての自宅警備員

5 刑務所内警備員

6 ネカフェ警備員

7 私服自宅警備員

8 日雇い自宅警備員

9 社会的役割

10 自宅警備員の副収入

11 とある自宅警備員の一日

12 問題点

12.1 将来性

12.2 転職

12.3 法定研修の未履行

12.4 景気低迷長期化による弊害


4018 13 著名な自宅警備員

14 警備業法

14.1 警備業法上の位置づけ

14.1.1 概要

14.1.2 警備業務の意義と重要性

14.1.3 12禁である

14.1.4 権限はありません



15 日本国外の自宅警備員

15.1 米国の自宅警備員


16 脚注

17 関連項目

18 関連書籍

仕事の詳細 最近では某量販店から自宅警備員に応援のメッセージが送られている。 宅外派遣要請を受け、とあるイベント会場を警備する自宅警備隊隊員

主な仕事はその名の通り自分の住まう邸宅を警備することである。基本的に高性能のPCを主武装とし、情報戦を得意とする。中には家族が就寝する夜中を一人孤独に守る事を生業とする、夜間警備専門の強者も存在する。2007年には専守防衛を唱え侵入者を粛清する自宅兵士も現れた。このような武装化の流れに加えて在宅政治評論家の台頭もあり、大佐に昇格して自宅警備師団を率いる勇者も出現。これは後に自宅警備予備隊を経て、強靭な自宅防衛力を保持する。


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:56 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE