自動改札機
[Uncyclopedia|▼Menu]

自動改札機(じどうかいさつき)とは、鉄道駅空港などの改札業務をおこなう機械である。最近では自動改札機の中の人の深刻な人権侵害などが一部で指摘されているが、ほとんど問題にされていないのが現状である。無線LANの影響もありとってもドラマチックになってきている。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「自動改札機」の項目を執筆しています。
目次

1 概要

2 歴史

2.1 不具合


3 中の人の人権問題

3.1 Suica対応端末について

3.2 PASMO対応端末について

3.3 ICOCA対応端末について

3.4 TOICA対応端末について


4 関連項目

概要 中の人は大変である

現在は主に、都市部の多くの駅で使われており、これからも全国各地で導入する予定があるなど台数は増加傾向にある。ただし、富山県など一部の県では自動改札機と中の人を侵略者とみなし、頑なに拒否している。

今日広く使われている自動改札機の構造としては、改札を通る人間を中の人が監視する監視部、切符・プリペイドカード(乗車カードを投入・返却する口、中の人が切符を処理する地下部によってなる。内部には複数の役目を持つ中の人がおり、収入や通過する人員を記録する者もいる。中の人は大卒者が多く、不景気のご時世ともあって、最近は志願者が後を絶たない。しかし、不景気で人件費削減もあり、必ずしも理想どおりに中に入ることがでるとも限らない。厳しい世の中になったとの世論調査もある。

乗車券投入後の大まかな流れとしては、各台によって多少の違いはあるが大体【投入口→中の人によって一枚ずつに分けられる→情報の読み取り→情報の書き込み→情報の確認→切符に穴をパンチ・印字→集札・放出】となっている。初期の自動改札機では切符が投入されてから放出されるまでに中の人が各工程ごとに1人必要であり、最低でも1台につき改札業務だけで5人は必要となっていた。しかし最近ではコスト面の問題によって必要な中の人の数は減らされ、現在は改札業務につく中の人が1?2人で済む物が主流となっている。

自動改札機に通す切符には中の人によって特殊なインクで字が書いてあり、その情報を着駅側の中の人が読み取り、それを元にをあけるか否か判断が行われる。

当初は乗車券(普通券・定期券)の確認を行うだけであったが、近年ではプリペイドカードや、切符を投入口に入れる代わりに特定の場所に触れるだけで良いという非接触型ICカード(Suicaなど)に対応したもの、複数枚の切符(普通券+特急券など)を1回の投入で処理できる改札機の導入も増えている。また運賃の不足している切符と磁気カードを2枚重ねて投入して自動的に不足賃の精算を行う自動精算機の様な機能を持った改札機も多い。これによって中の人の仕事も多様化し、同時にますます大変なものになっているようである。

乗車券類を投入せず通過しようとしたり、精算が必要な乗車券や無効な乗車券を投入したりすると、中の人が「ピンポーン」と叫ぶとともに、扉を閉めるようになっている。また、こども用の切符が投入されたときは、「こども」の欄のランプを点灯させている(JR西日本や関東圏・関西圏の大手私鉄などでは、さらに「ピヨピヨ」と中の人がささやくようになっている)。情報の書き込まれた切符でも細長いものやホッチキスで止めてあるもの(要するに切符の右下に×マークが印刷されたもの)、裏面に情報の無い切符(硬券、車内で車掌から購入したレシートタイプの切符などの裏の白い切符)、ワンマン列車の整理券は中の人がパニックとなり対応できないため自動改札機に通すことはできない。

このような多様な種類の仕事をこなすために、自動改札機の中の人は想像を絶するほどの厳しい教育を受けた人しかなれないという事情を抱えている。また、ICカードの接触に対して電磁波装置でデータ書き換えを行いつつ2枚投入された切符の差額を計算し両方に穴を開けるなど、複雑な作業を同時にこなさなければならず、過労や頭痛、電磁波障害に悩まされているという。中でも上越新幹線の越後湯沢駅にある在来線乗り換え口の自動改札機の中の人はかなり過酷な環境にさらされており、中の人全員がパニック状態に陥って一斉に乗客に泣きつき、乗り換え口が通行不能になる光景が連日見られる。また三連休など改札を通る人間が増加する日では、八戸駅でも同様の光景が見られる。


歴史

日本では自動改札機自体は20世紀前半からすでに存在したが、現在のような中の人による最新型改札機が設置されるようになったのは、関西では1970年ごろ、 6a06 関東では1990年ごろからである。

設置の背景としては、駅員の「もっと楽に改札業務ができないだろうか」という思いが根強くあったことだと考えられる。その結果中の人の人権を侵害する場所がまた一つ新たに生まれてしまったというのはなんとも皮肉な話である。
不具合
2007年10月12日
ジャパンシグナル
系自動改札機の中の人の一斉ストライキにより、首都圏の一部の駅で自動改札機が機能しなくなった。鉄道各社は立てこもりを続ける中の人たちに昇給の約束を出して素早く説得し、当日中に復旧することに成功した。なお、ストライキを起こした中の人たちは昇給前に解雇される予定
中の人の人権問題

自動改札機の中の人は現在、深刻な人権の侵害にさらされている。中の人の人権侵害とその対処については中の人の項目を参照すれば分かるが、この自動改札機の中の人の過酷な労働状況は、中の人の中でももっとも厳しい部類に入るものであり自動販売機の中の人とは比べ物にならないほど人権の侵害も深刻である。以下にその例を挙げる。

恐ろしく狭い地下部に何人もの人が集まって作業する点。まさに回転寿司屋に監禁されるかっぱの子並。

ラッシュ時などは特に1秒以内に1枚のペースで切符を処理しなければいけない時間が数時間も続くという点。

通った人が、「こども」か「おとな」かを瞬時に正しく判断しないといけない点。誤判断は不正乗車を見逃す事にも、人権問題の発生にも繋がる。

切符に何回何十回とパンチ穴を開けなければならず、一年を通して腱鞘炎になる点。

上記のように厳しい状態で、まともにトイレにでさえいけない点。

年中無休であり、さらに早朝から深夜まで働きづめな点。

このような過酷な状況にもかかわらず、給料はすずめの涙ほどしかないという点。

ただし、一部にはこの狭い空間がたまらなく大好きだという者がいるのも事実で10人に1人は大好きだという調査結果が出ている。

Suica対応端末について

JR東日本が発行するICカード乗車券Suica」に対応する自動改札機にペンギンが入っていることは周知の事実だが、やはり過酷な飼育・就労環境が問題となっている。過大なストレスの蓄積が祟り、2006年12月には本格的な冬の到来を迎えて中のペンギンが興奮して我を忘れ、一時Suicaを使用しての入出場ができなくなったため、派遣元の日本信号が平謝りをする事態となるトラブルも発生した。( ⇒bogusnewsの記事)また、2007年3月のPASMO[1]のサービス開始の他、実験的に自動改札機で発電を行うなどの更なる高度化を進めており、よりますますこの問題は深刻化すると考えられており、今後の対策が注目される。
PASMO対応端末について

私鉄各社が発行するICカード乗車券PASMO」に対応する自動改札機は他のICカード乗車券対応の改札機と異なり、ピンク色のロボットが入っている。そのロボットを動作させているのはやはり何らかの生物であることは疑いの余地がないが、どのような生物であるか、謎に包まれている。過酷な就労環境のために相当な犠牲を強いていると推察されるが、PASMO利用各社の必死の努力により隠蔽されているため現在は問題となっていない。

自動改札機の中の生物はPASMOカード番号をすべて覚える必要がある。予想以上のPASMO発行により脳に障害が出る恐れがあり、とりあえずすぐには死なない程度の就労状況を確保するため、9月まで発売制限が行われた。

なお、東京ディズニーリゾート付近の某私鉄では、ネズミの教育に時間がかかっているため、自動改札機でPASMOを使うことができない。
ICOCA対応端末について

JR西日本が発行するICカード乗車券ICOCA」に対応する自動改札機にカモノハシが入っていることは周知の事実だが、これまた過酷な飼育・就労環境が問題となっている。プリペイドのICOCASuicaとポストペイドのPiTaPaの高度な三刀流の習得のための日勤教育による過大なストレスの蓄積をはじめ、2007年3月のPASMOのサービス開始により四刀流の習得を迫られているなどこちらも問題は深刻化すると考えられていたが、結局、カモノハシの教育が間に合わなかったためにPASMOは使用できないことになった。
TOICA対応端末について トイカ対応自動改札機

JR東海の必死の隠蔽の成果かあまり知られてはいないが、JR東海が発行するICカード乗車券「TOICA」に対応する自動改札機にはヒヨコが入っていることが調査により判明している。ここでもまた過酷な環境での労働を強いられていて問題になっているほか、さらにここではヒヨコが成長してニワトリになり次第食肉処分を行う方針を明記している。この問題について動物愛護協会はJR東海に対して警告を出しているが当のJR東海は否定しており、改善の兆しは現在のところ見えていない。また、ひよこの成長が進んでいるため、ペンギンとカモノハシと手をつなぐことができるようになった。しかし、過度に成長し、ニワトリになってしまった者がいる。そのため、自動改札機のにおいがする鶏肉が流通する事態が起きている。

ひよこの虐待について、ひよこ陛下の名のもとに強く抗議する!
関連項目

中の人

鉄道

乗換改札

クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。

この項目「自動改札機」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください。
私には書けません。 (Portal:スタブ)


更新日時:2017年1月8日(日)19:03
取得日時:2019/10/20 18:18


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:13 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef