脳内変換
[Uncyclopedia|▼Menu]
ナニモノかがウィキペディアに「脳内変換」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました。

脳内変換(のうないへんかん)とは、精神的変換を行う線形作用素の一種である。
目次

1 定義

2 脳内変換テーブル

3 脳内逆変換

4 関連項目

定義

f(x)を変換前の状態、F(x)を変換後の状態、nを変換者の妄想度、Cをちょっとした茶目っ気とすると、脳内変換の公式は、以下のように書き表すことができる。F(x)=∑k=1∞f(x)n(sin⁡kx+cos⁡kx)+C 5df5 {\displaystyle F(x)=\sum _{k=1}^{\infty }{f(x)^{n}(\sin kx+\cos kx)}+C}

これを脳内変換関数B[f(x)]を用いて表すと、以下のようにもすることができる。F(x)=B[f(x)]{\displaystyle F(x)=B[f(x)]}
脳内変換テーブル

f(x)F(x)
鏡に映った明らかにモテなさそうな自分もしかしたらちょっといじればいけるんじゃないか
目が覚めたら11時だった。今日は休みだ。間違いない。
ブログ炎上していた暇なニートが嫉妬してる
苦労して作った記事NRVを貼られた管理者気違い
たった一人の親友だと思っていた人が
宗教に興味ある?」とか言ってきた親友なんて最初からいなかった

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脳内逆変換

脳内変換Bの逆変換B-1である。B−1[F(x)]=B−1[B[f(x)]]=f(x){\displaystyle B^{-1}[F(x)]=B^{-1}[B[f(x)]]=f(x)}

これをやってしまうとあらゆるが覚めるため、古来より大禁忌とされてきた。
関連項目

ラプラス変換

数学

妄想

妄想癖

脳内お花畑

脳内進行形


この項目「脳内変換」は、内容が足りません土井さんの身長のように。この記事をhydeも羨むように成長させてあげてください。お願いします。 (Portal:スタブ)


更新日時:2016年9月4日(日)11:05
取得日時:2020/02/12 14:36


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4601 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef