脱構築
[Uncyclopedia|▼Menu]

脱構築(だつこうちく)とは、工学上の状態変化を指し、仏語:deconstruction(デコンストリュクシオン)や英語:deconstruction(ディコンストラクションないしデコンストラクション)と同義。しばしば社会工学から社会学・社会科学などにも引用される。ジャック・デリダの引用する用語として有名。
目次

1 概要

2 脱構築の別の側面

2.1 社会科学と脱構築

2.2 ぐだぐだ主義


3 関連項目

概要

脱構築とは二項対立を否定するものである。しかし、これでは「脱構築」が優れており「二項対立」は劣っているという二項対立構造を用いているので矛盾が生じる。
しかし、これでは「矛盾ない状態」が優れており「矛盾状態」は劣っているという二項対立構造を用いており、矛盾が生じる。

しかし、これでは「矛盾ない状態」が優れており「矛盾状態」は劣っているという二項対立構造を用いており、矛盾が生じる。

しかし、これでは「矛盾ない状態」が優れており「矛盾状態」は劣っているという二項対立構造を用いており、矛盾が生じる。

しかし、これでは「矛盾ない状態」が優れており「矛盾状態」は劣っているという二項対立構造を用いており、矛盾が生じる。

しかし、これでは「矛盾ない状態」が優れており「矛盾状態」は劣っているという二項対立構造を用いており、矛盾が生じる。

しかし、これでは「矛盾ない状態」が優れており「矛盾状態」は劣っているという二項対立構造を用いており、矛盾が生じる。

しかし、これでは「矛盾ない状態」が優れており「矛盾状態」は劣っているという二項対立構造を用いており、矛盾が生じる。

しかし、これでは「矛盾ない状態」が優れており「矛盾状態」は劣っているという二項対立構造を用いており、矛盾が生じる。

しかし、これでは「矛盾ない状態」が優れており「矛盾状態」は劣っているという二項対立構造を用いており、矛盾が生じる。

しかし、これでは「優れたもの」が優れており「劣ったもの」は劣っているという二項対立構造を用いており、矛盾が生じる。
つまり、絶対的な価値観は存在しないという考え方である。
しかし、これでは「絶対的価値観」が優れており「相対的価値観」は劣っているという二項対立構造を用いており、矛盾が生じる。

しかし、これでは「絶対的価値観」が優れており「相対的価値観」は劣っているという二項対立構造を用いており、矛盾が生じる。

しかし、これでは「絶対的価値観」が優れており「相対的価値観」は劣っているという二項対立構造を用いており、矛盾が生じる。

しかし、これでは________

脱構築の別の側面

脱構築は主体となる機械装置の部品が撒き散らされながら分解していく様であるが、同時にそれは利用可能な部品が脱構築によって機械装置の周辺に発生することを意味し、例えば飛行機から脱構築したジェットエンジンを自動車に組み付けることも可能になる点で、脱構築は平行して新しい価値を生む媒体を発生させる現象である。
社会科学と脱構築

これは社会運動のポストモダンに見られる所であるが、既存の美術概念が脱構築によって分解することにより、その部品からポストモダニズムが再構築されている。前段階のモダニズム脱構築が無ければ、ポストモダンを構成する部品は存在しない。例えばモダニズム建築地震などで脱構築した際に、この廃材を使って犬小屋を作ることはポストモダン建築である。
ぐだぐだ主義

別名、ぐだぐだ主義と言う。今から脱構築を説明するのだが、今、私は脱構築の説明を始めようとする。なぜ説明するのかと言えば、ここは紛いなりにも百科事典だからである。つまり脱構築とは、解説した文を、次の時点で評論してしまうので、これは評論となる。なぜ、私は脱構築の評論をしようとするのか、と言えば、私は解説をしなければ、評論が出来ないので、こんな訳で、ぐだぐだな文章になるのである。

ぐだぐだな文章を書いている、私を解説する為に、私は私自身を評論する。評論を解説するのは、ぐだぐだな文章になるので、この文章を解説した。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「脱構築」の項目を執筆しています。

循環型社会

リサイクル - 再使用

整備不良車両


更新日時:2017年8月11日(金)10:45
取得日時:2019/09/16 23:49


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5871 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef