絵日記
[Uncyclopedia|▼Menu]

絵日記(えにっき)とは、ページの半分が空欄になった日記帳、及び、そこに書かれた日記のことである。しばしば夏休みの宿題に出される年中行事となっている。

なお、絵心のある大人が書く、絵を交えた日記は絵日記とは呼ばれない。それは単に絵を交えた日記のことである。この項目では、主に小学校で出される宿題としての絵日記について説明する。
目次

1 空欄の使い方

2 特徴

3 絵日記の用法と目的

3.1 真の目的


4 関連項目

空欄の使い方

文書と同じ内容を図で示す

判別不能な象形文字を書く

シュールレアリズムを実践する

とりあえず鉛筆の芯をすり減らす

何もしない

もし絵を描くという類い希な才能を持っており、それを誇示する機会を望んでいるのであれば、絵を描く。

特徴

通常の半分しか書かなくてよい。

通常の倍の量の紙を消費でき、製紙業界を活性化させる(ただし近年、地球環境保護の観点からこの点には批判がある)。

もし絵を描くという類い希な才能
を持っており、それを表現に生かそうと考えれば、文章の内容を絵で補助できる。

絵日記の用法と目的

絵日記は通常、小学生の夏休みに宿題に出されるだけであり、それ以外の機会で使用すること? 33a7 ?無い。このことにはいくつかの、重大な目的が存在している。

しばしば信じられている説が、絵の才能を持つ子供を発見するため、というものである。しかしその目的は図工の時間に十分に達成できる。絵の練習であれば、絵を描ける子供は放っておいても絵の練習をする(あるいは親にさせられる)ので学校が心配する必要は無い。同様に、心理テストを目的としているという説もあるが、これもテスト用紙の裏に書かれた(ぐねぐねの)線で十分に目的を果たせる。

むしろ、日記そのものに着目すべきである。絵日記は半分が「日記」であり、絵日記の目的も半分が日記と同じである。しかし、一部の少数民族特定の子供にとっては字を書くことそのものが困難な作業であり、それをページの半分を埋め尽くす意味を見いだすことが困難な曲線の集合体絵によって代替可能である絵日記がゆとり教育と合致するため、多くの学校で採用されているのである。

一方、安倍総理が提唱する脱ゆとり教育論のため、絵日記は絶滅の危機に瀕しており、レッドデータブックに加えることが検討されている状態である。これが製紙業界、人権団体、環境保護団体プロ市民などから批判を受けている。
真の目的

なお、こうした「表向き」の目的とは別に、絵日記には重要な意味が隠されている。この計画を策定したのはGHQであったが、すぐに日本政府のkこの部分は検閲により削除されました。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「絵日記」の項目を執筆しています。

夏休み

夏休みの宿題

ゆとり教育

この項目「絵日記」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2015年4月18日(土)21:10
取得日時:2019/12/06 17:11


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5436 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef