紫電改
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「紫電改」の項目を執筆しています。

紫電改(しでんかい)とは、大日本帝国海軍戦闘機・兼育毛剤である。
目次

1 概要

1.1 構想と、その前身機たち

1.2 転機


2 その後

3 評価

4 関連項目

概要長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「 ⇒紫電改」の項目を執筆しています。
構想と、その前身機たち

昭和16年末、川西は水上戦闘機の「強風」を開発中であった。

しかし水上戦闘機なんてマイナーな機体は、そう数が売れるものではなかった。そこで川西は「二式水戦」の逆発想、すなわち強風を通常の陸上戦闘機として改良した「紫電」として売り込む提案をした。しかしながら、当時の日本海軍には、「零式艦戦」「雷電」といった高性能の戦闘機があり、川西のプランは採用の見込みも無いように思われた。それでも「強風」への高評価から、お情け程度の製作を許されたのである。

しかし、強風からの手抜き改装で済まそうとした為、

折りたたみの脚を長くさせた為、他機種よりも折れ易い

20mmの機銃1丁ずつの両翼に、もう1丁ずつの計4丁にしたら、翼が不恰好になった

など、かえって評価を落としてしまう。その上、「敵機と紛らわしくて、味方陸軍機に打ち落とされる」事件が致命的となった。「こりゃ、使い物にならんな」と一蹴され、命運は尽きたかに見えた。
転機

ここで川西は信じられない行動に出る。探偵を雇って、日本海軍の首脳部の弱みを握って、脅迫によって強引にプランを採用させようとしたのである。そして、その結果とんでもない事態が発覚する。何と山本五十六、井上成美、嶋田繁太郎、南雲忠一、栗田健男といった、そうそうたるメンバーが実はハゲでありヅラを着用していたのである。

そこで川西はプランを変更。それは育毛剤を兼用する戦闘機であった。その前代未聞のコンセプトに海軍首脳は驚いたが、もちろんそれは自分たちがハゲである事をバラされる事への恐怖であった。そのため川西のプランは見事に採用され、紫電改として大戦末期の日本海軍の主力戦闘機となった。
その後

川西は戦後GHQの命令により解体された。後継会社である新明和は、現在は海上自衛隊向けの飛行艇を細々と生産するのみである。

しかし紫電改を求める脱毛症患者は後を絶たなかった。そのため旧川西に代わって、カネボウ化粧品によって、1983年より紫電改の生産が再開されている。第二次世界大戦の機体そのままでは現代においては戦闘機として使用する事は不可能であり、育毛剤としてもっぱら使用されている。
評価

紫電改に対する同時代の評価は、すこぶる低い。零戦の設計者として知られる堀越二郎は、自らが開発した雷電や零戦の後継機の烈風よりも性能に劣る紫電改が主力戦闘機として採用された事に、後々まで納得がいかなかったとされる。日本海軍を代表するパイロットである坂井三郎も、零戦を高く評価する一方、紫電改については吐き捨てるように非難している。そして2人とも晩年に至るまで自毛であり、ハゲとは全く縁が無かった。

一方でちばてつやは紫電改を高く評価し、「紫電改のタカ」なる漫画を描いて大活躍させている。彼も実はハゲではないかという疑惑は、未だに囁かれている。
関連項目

サーブ 37 ビゲン
スウェーデンの戦闘機兼白髪染め。 ・話・編・歴 日本戦闘機一覧

帝国陸軍 :一式戦闘機 - 四式戦闘機 -
帝国海軍 :零式艦上戦闘機 - 雷電 - 紫電改 - 震電
最近 :F-2 - 22fd F-3
構想 :F-X - 心神
架空 :Gファイター - コアファイター - 可変戦闘機 - スーパーX
その他 :JR貨物EF2000形電気機関車


更新日時:2018年10月26日(金)07:10
取得日時:2019/11/05 13:43


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7116 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef