米騒動
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「米騒動」の項目を執筆しています。 当時、各家庭でこのような事態に陥っていた。

米騒動(こめそうどう)とは、第一次世界大戦末期の大日本帝国で、が高くて買いそびれた真のおばちゃんが、バーゲンセールを米問屋にしてもらうためにバーゲンさながらのワゴンセールを要求したものである。
目次

1 きっかけ

2 壮絶なる戦い

3 戦況

4 関連項目

きっかけ

大日本帝国で、当時米屋が一軒しかなかった、『某軍事都市国家』で発生した。原因は値札を丁稚の小僧が間違えたことに乗じた商店主の欲張りであった。この値上がりで買いそびれた主婦が、バーゲンセールを米問屋にしてもらうために、バーゲンさながらのワゴンセールを要求したものである。

しかし、なぜかお巡りさんや兵隊さんまでやってきたので、しかたなくバトルロワイヤルをやってしまった内戦でもある。ちなみに武器はウーマンパワーぷらすハリセンだったともいう。途中で、兵隊さんが丁稚の小僧側に付き、後半27分に絶妙のアシスト。全国で丁稚の小僧が高値で取引されるようになり、1997年のアジア通貨危機の引き金となる。
壮絶なる戦い

おばちゃん達の暴動に対し、政府は戦車まで動員して鎮圧しようとしたため、おばちゃんVS戦車の壮絶な戦いが繰り広げられた。勝ったのはもちろんおばちゃん。
戦況

魚津桃山の戦い

の価格の高騰に対して何の対策を行わない大日本帝国政府に対して、魚津市のおばちゃんを中心として一揆が発生。鎮圧に駆けつけた軍隊と魚津市内の魚津桃山運動公園にて衝突。官軍側は10万もの大軍を引き連れくる。米騒動運営委員会の決定により戦争を行う。開始5時間後、官軍が一斉攻撃を仕掛け、おばちゃん軍総大将:匿名が討死、官軍側の勝利に終わる。しかし、官軍側の足軽が真のおばちゃんにより、棒を穴に検閲により削除され戦意喪失、官軍側も多大な損害を被った。

米畑の戦い

この戦いは熾烈を極めた戦いだった。ちょうど米の収穫が終わりあたり一面が平地となったため大日本帝国軍が卑怯にも鉄砲などの飛び道具を使ったためおばちゃん軍は次々と壊滅させられていく。真のおばちゃんは弾の嵐の中を突き進んでいったが、さすがに疲労の影が出てきた。だがそこでおばちゃん軍に援軍が来て軍の九割を壊滅させた。たった一人で鉄砲の嵐を? 3e3a ?身の操るの力ですべて溶かした挙句、帝国軍の先兵すべてを骨も残さず燃やしてしっまた。その後彼は去って言ったが名前だけは名乗っていった。「松岡修造」と。彼の活躍により帝国軍は消滅、おばちゃん軍は次に進むことができた。

米屋の戦い

魚津桃山公園から退却したおばちゃん軍に全国のおばちゃんが援軍として加勢し、例の米屋に篭城。丁稚の小僧を人質にする。そのため官軍側は兵糧攻めに踏み出せず、総攻撃を仕掛けるが、魚津桃山の戦いで失った戦力は大きく、苦戦を強いられる。おばちゃん軍側は大阪のおばちゃんが大活躍。「猛獣使い」の名のごとく城下にライオンを放ち、官軍を撃破。政府は米価を引き下げることを条件におばちゃん軍の解体を要請。おばちゃん軍は条件を呑み、米騒動は収束した。
関連項目

寺内正毅


更新日時:2016年3月19日(土)19:50
取得日時:2019/09/18 20:49


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5399 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef