[Uncyclopedia|▼Menu]

箒(ほうき)とは、排気ガスを一切出さない大変エコロジーな乗り物である。 4eb7 ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。
目次

1 概要

2 歴史

3 構造

4 操作方法

4.1 訓練


5 関連項目

概要

古代より人間はなど様々な乗り物を作り、その行動範囲を拡大させていた。しかし、はいかにしても進出できないエリアであった。それが覆ったのは中世ヨーロッパである。「魔女」と呼ばれる人間が出現し、妖術を使って飛び始めたのだ。当初は体一つで飛んでいたが、それでは大変不安定な飛行であったため、墜落してしまう事案が続発した。よって何か支えとなる道具が必要となり、目を付けられたのが箒である。それ以来箒は人々の生活に欠かせない乗り物となった。魔女狩りによって一時廃れたが、最近の環境問題とも合間って再び人気が高まっている。理由としては、念動力を掛けるだけで操作でき、排気ガスや騒音等を一切出さないためとみられる。
歴史

箒は本来、掃除道具として用いられていたと見られている。現在でも学校などでは箒がゴミを掃くものとして使われている。もちろん実際に乗ることも可能。

15世紀初頭、ある魔女が箒で庭掃除をしている最中に魔女狩りをせんとする一団に遭遇、飛んで逃げようとした。その際手にしていた箒に念動力を掛けると、意外に効率良く上昇・移動出来ることに気付いた。そして彼女が他の魔女にこのアイデアを伝えたところ瞬く間にヒットし、魔女狩りから素早く逃れる手段として普及した。

しかし魔女狩りは思いのほか長く続いたため、魔女が減少し、それに伴って乗用箒の需要も減少した。

19世紀からは飛行機やガソリン車等の登場で完全に乗用箒は衰退した。世界が人間が体力を使わない方向に進み、常に念動力を掛け続ける必要のある箒は使われなくなったのだ。そのうえ掃除機の登場で掃除用としても箒は使われなくなってしまった。

しかし2000年代、環境問題が取り沙汰されるようになると、人間の念動力だけで動かせる箒は周囲の環境に一切影響を及ぼさない乗り物として注目され始めている。おまけに安価かつ上空を含む広範囲に移動可能であるとして、現代っ子には人気がある。
構造

箒は「柄」と呼ばれる棒の部分と、「ブラシ」と呼ばれる植物の枝や繊維を束ねた部分に分けられる。

柄は主に操縦者が乗る部分である。この棒の両端に念動力を掛け、上下を固定する。これによって安定した飛行が可能となる。仮に固定しない場合、操縦者の重心が柄の下に移動し、操縦者がひっくり返ってしまう。

ブラシは、箒を初めて使った魔女にあやかって付けられている飾りのようなものである。しかし、箒を掃除としての使用した後、そのまま洗わずにゴミを上空から落としてやったり、びしょ濡れにしてを落としてやったりするのが、ブラシの使い道ともいえる。
操作方法 よく訓練しないと、こうなる
基本姿勢
持ち手の柄を前、ブラシを後ろにし、手で柄をしっかりと掴んで跨るのが箒に乗っている時の基本姿勢である。古代ではブラシを前にする乗り方が主流だったが、空気抵抗の減少という観点から、現在のような乗り方が推奨されている。魔法使いの中には箒の片側に両足をぶら下げ移動、空中停止する者がいるが、重心が片方に偏り転倒する危険があるので、この姿勢をするのは控えるべきである。
離陸
箒を股の下に通し、柄に跨る。そして柄を両手でしっかりと掴む。自分の頭上に障害物等がないことを確認したら、箒に空中浮揚の魔法を掛け、上昇する。
巡航
念動力で箒を前へ動かす。速度の維持のため、常に少しずつ念動力を掛け続ける必要がある。減速の際には念動力を弱める。空気抵抗がブレーキ代わりになる。ただし、空中停止する場合は別の手順を踏む必要がある。
空中停止
空中での停止には、念動力を箒の後ろ側に向けて掛ける必要がある。念動力の停止だけでは、上方向の念動力まで消失させてしまい、落下する可能性があるからだ。また、慣性力で希望の位置に停止出来ないことも理由の一つである。
方向転換
箒の後方に横向きの念動力を掛ると、目的の方向に箒を傾けることが出来る。この際、箒の一番先を支点として念動力で固定すると回転がうまくいく。
着陸
上向きの念動力をゆっくりと減らしていき、地面に近づいていく。ただし、地面スレスレの位置に達した時には、空中停止時と変わらない念動力を掛ける必要がある。変に念動力を打ち消して箒から滑り落ちることがあってはならないからだ。足がしっかりと接地した事を確認したら、箒から念動力を消す。その後、股から箒を抜く。
訓練

箒は一見、操縦が簡単に見えるが、空を飛ぶ以上、大変扱いずらい乗り物である。確かに飛行機よりは操作が簡単である。だが、「魔法」という独特の技術を使っているので、それ相応の感性がないと事故を起こしかねない。そのため、魔法学校で訓練を受けることが推奨されている。

訓練の内容は基本操作、緊急時対応、マナーなど多岐に渡る。期間はコツの掴み方が人によってかなりばらつきがあるため、1ヶ月で終わる者もいれば1年以上費やす者もいる。しかし訓練さえ終えれば、自転車のように簡単に、かつ安全に乗りこなすことが可能となる。

注意箒に乗ると股間がすごく痛い
関連項目

魔法

魔法使い

魔女

魔法少女


更新日時:2018年6月10日(日)00:29
取得日時:2019/07/16 00:45


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6689 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef