[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…日本での規制[編集]陸上での法的規制 地上走行中のドラゴン

日本では道路交通法上は軽車両と見なされる。

公道を通行する際にはナンバープレートの設置は義務づけられていない。また、ウィンカーやブレーキランプの設置も不要である。しかし、飲酒運転は通常通り罰せられる。ドラゴンに酒を飲ませた場合は整備不良となる場合がある。

歩道は通行できず、また騎乗可能な大半の種は歩道からはみ出すため、車道を歩かせる必要がある。駐車禁止の道路では、人の乗り降りおよび荷物の積み卸し以外の目的でドラゴンを寝転ばせていると駐車違反となる。2000年代までは軽車両と同様に黙認されていたが、大都市近郊では、尻尾との接触や、寝返りを打った際の衝突事故が多発したことからドラゴンの路上放置が問題視され、駐車監視員も含めた厳しい取り締まりが行われている。

最高速度の規定はなく、当該道路の速度規制に従う。軽車両のため自動車専用道路を走行することはできない。また、車両制限令を超える、高さ3.8m以上、全長12m以上のドラゴンが公道を通行する場合は、所轄警察署長の許可が必要である。

空港内を歩行させる場合は以下の通り、地上管制の指示に従う。滑走路内に出入りする際には管制の許可が必要である。
飛行に関わる法的規制

航空法上は取扱いが長らく曖昧になっていたが、乗員が着座姿勢で乗ることが決め手となり、現在は回転翼航空機(オーソニプター)、および超軽量動力機(体重225kg以下、最高飛行速度が185キロを超えない小型種に限る)として取り扱われる。

航空法上はヘルメット、飛行服の着用が必要である。例として、サマルトリアの王子の服装は、ドラゴンに乗る際の典型的な服装である。さらに海上を飛行する場合、ライフジャケットの着用も義務づけられている。

また、適正な灯火を装備する必要がある。一般的には右翼端に緑、左翼端に赤、尾部に白、両足もしくは頭部に高輝度の着陸灯を装着する。衝突防止灯として、パイロットランプおよび腹部に赤の閃光灯を装着するが、ほかに両翼端にも白の閃光灯を装着するのが望ましい。

ただし、近年は炎を吹かせればいいと思い無装着で操縦するDQNが多く、公道から勝手に離陸しようとして電線や他の工作物と衝突する事故が多発し、自家用操縦士免許の学科試験、実技試験において生体航空機の試験難易度が大幅に上がっている。

飛行場外への離着陸には認可が必要であり、たとえ勇者様でも小学校の運動場に無届けで着陸したら朝日新聞や毎日新聞で散々に叩かれる。また、超軽量動力機に相当する種の場合は、人家や公道の上空を飛行できないため、観光牧場や動物園での体験騎乗は、施設の敷地内に限られることが多い。
関連項目

飛龍族

たいと

村上龍

竜玉

ドラゴン桜

ゴンドラ

烏龍茶


この項目「竜」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2019年7月6日(土)16:06
取得日時:2019/08/20 22:44


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:35 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef