空想
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…論者によって書かれている。
^ 空想が不足していて不幸な人間は、むしろ現実されている、と言ってよい。
^ こうも言っている。「…私はインドに居たころは仏陀でしたし、ギリシアではディオニュソスでした。…アレクサンドロス大王カエサルは私の化身ですし、ヴォルテールとナポレオンだったこともあります。…リヒャルト・ヴァーグナーだったことがあるような気もしないではありません。…十字架にかけられたこともあります。」
^ 更に補強するなら、相対性理論により、情報が光速度を超えて伝わらないことから、あるいは神経信号が伝わるにも時間差があることから、今この世界で何が起きているかは素朴なレベルでも分からなくなってしまう

関連項目



明晰夢

仮説

想像

妄想



狂気

アンサイクロペディア
2441

更新日時:2018年9月5日(水)19:29
取得日時:2020/03/31 11:10
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:17 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef