秋田県
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「秋田県」の項目を執筆しています。放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「 ⇒秋田県」の項目を執筆しています。長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「 ⇒秋田県」の項目を執筆しています。

秋田県(あきたけん、飽きた県)は、東北地方の県のひとつで、日本海に面している。県庁所在地は秋田市 秋田県旗。「飽きた」の「飽」が象られている

2009年(平成21年)に行われた知事選挙で秋田藩主の末裔である「佐竹敬久」氏が当選し秋田県を秋田藩に変更したいとの要望書を国に提出、国は暫定的措置として「秋田県」、「秋田藩」の両名称の併用を認めている。
目次

1 概要

2 自然

3 文化

4 秋田美人

4.1 三大美人都市と佐竹氏


5 テレビ局

6 ババヘラ

7 領土問題

8 関連項目

9 脚注

概要 秋田県の地図。ところで、横手市ってそんなに大きいの?

日本で二番目の広さを誇った湖を干拓して田んぼにしてしまうなど、中央からの指示でかなり無茶なことをさせられてきた。そもそも日本が出来たときは日本に含まれていなかったが、日本海の交易を牛耳っていたので狙われた。したがって日本に組み入れられることにかなり抵抗したが、中央が持ってきた武器の前に屈する事となる。

日本海での交易を牛耳っていた関係でユーラシア大陸とも交流があったようで、西欧人が主に感染しているウィルスの罹患者が多い。また、この県の人間は、何かというとすぐに「人生に飽きた!」といって自殺しようとするので注意が必要である。

江戸時代は、県域の多くが佐竹家の領地であったが、江戸屋敷の絢爛豪華さの一方で治世は苛烈を極め、多くの飢饉や一揆が発生した。戊辰戦争になると、奥羽越列藩同盟を裏切って新政府側に裏切り、庄内藩にチンチンにされ、雄勝峠から秋田市郊外まで攻め込まれる弱兵振りを発揮した。阿仁のマタギまで徴用してようやく勝利を収め、南部藩から鹿角を獲得したが、秋田市から行きづらいことこの上ないので、うれしいどころか、「これって何の罰ゲーム?」と思ったとか。当の鹿角の人たちは秋田県民ということを認めない人が現在も多く、「俺たちは南部(岩手)の人間だ」と主張する。また、今でも大館市とも毛色が違うので鹿角だけのために出先機関を置かなければならないし、過疎ばっか進んでいるので、使い道がなくてもてあましまくりである。

太平洋戦争のときには、終戦の玉音放送があった日の未明に空襲に遭い、土崎市街地が焼け野原と化してしまった。あと一日待ってくれればいいのにアメリカ軍もイケズである。もちろん、日本で最後に空襲にあった都市である。

そういった経緯もあり、男鹿半島の付け根にある 401a 寒風山には、地対xミサイルの発射基地を陸上自衛隊航空自衛隊の合弁組織により、設置。朝鮮半島及び支那からの侵略行為があった時のために、発射準備を日ごろから行っている。なお、統括基地は最寄の加茂レーダーサイトであり、配属隊員はいつも発射スイッチに手を置いて、来るべき時をワクワクしながら待っている。
自然

秋田県は多くの自然に囲まれ、多くの観光地に恵まれている。ざっと挙げたところで、十和田湖(ただし「乙女の像」があるのは青森県)、白神山地(ただし観光の拠点は青森県)、八幡平(ただし、山頂があるのは岩手県)、栗駒山(ただし、表玄関は宮城県)、鳥海山(ただし、山頂があるのは庄内県)と、その多くは、他の東北各県との戦いが繰り広げられている。それはまるでどこかの半島のようである[1]。他県との抗争下にない数少ない観光地として、男鹿半島や田沢湖、森吉山などが挙げられる。なかでも田沢湖は、かの大日本帝國の国策の下に絶滅せしめられた(つい先日まで絶滅したと言われていた)「クニマス」が、時空を越えて山梨県の「西湖」で、不死鳥ならぬ不死魚として発見された[2]ことで一躍脚光を浴びたことは、記憶に新しい。

白神山地にほど近い能代市では、市町村合併のどさくさに紛れて「白神市」への改称論議がわき起こっていたが、青森県や宇宙科学研究所といった内外の圧力により、頓挫している。
文化

竿灯とか言うのが有名。駅前の大通りを封鎖して何日も開催するので、周辺住民は実は迷惑している。また、観光客にも迷惑している。スポーツにおいては、県民みんなで春はタケノコ採り(毎年死者が出る)、夏はバスケ、秋は狩猟とキノコ採り(こちらも毎年死者が出る)、冬はスキーを楽しんでいる。というのは間違いであるが、タケノコ採りとキノコ採りで死者が出るのは本当。また、県南地区の大仙市大曲地区において8月の第4週土曜日に全国花火競技大会という花火の職人競技会が行われ、実質3万人程度の大曲地区に一晩で自称20倍以上の人が集まるため喧嘩やスリ、強盗など犯罪件数が少ない秋田においては、犯罪率が伸びる要素の一つでもある。実際に集まる人出は100周年大会で約50万人だったらしい。(運営側の発表はホラを入れて80万人)

当然帰宅難民も発生するので、このイベントに参加する人は、ちょっとやそっとのことでへこたれないという心の持ち主じゃないと、最悪死ぬことになる。

しかし、花火自体はマンネリ化しているが綺麗なためリピーターは少なくない。
秋田美人 秋田での交通事故の半数は美人が原因によるものと思われる

中央からの圧制に怯えながら暮らしていたため、秋田県の女性は色白になってしまった。秋田の人はこの事実を隠すため、美容業界と結託し「色白=美人」という、いわゆる美白の概念を全国に普及させ、色白な秋田の女性は美人であるとの欺瞞情報を流した。この策は見事にハマり、秋田美人なる事実無根の存在をでっち上げることに成功している。

このデマを補強するために小野小町の出身地を秋田県内に設定した情報を流布し、「小野小町=秋田美人」の構図を国民に植え付けている。


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:27 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE