破壊
[Uncyclopedia|▼Menu]

この記事は爆発する危険があります!取扱の際は十分に注意し、かつ慎重に行って下さい。さもないと、あなたと、そのまわりにいる人達がみんな木っ端微塵ですよ。注意:アンサイクロペディアへの危険物の持ち込みは固くお断りしています。もし不審な物を見つけたら触らずに、管理人にお知らせ下さい。
この記事は、かつて「破壊」そのものを表す文章で書かれていたのじゃが、今は荒くれ者によって破壊されてしまったのじゃ。この画像達は当時の名残じゃ。 うにr おきょky9(8wjfjsぅャ悼枚ヱ立ち、 ギギギ

破壊(はかい)とは、何かを壊すことである。破壊にもさまざまな破壊があり、エネルギッシュな破壊や静かな破壊、美しい破壊などがある。
目次

1 エネルギッシュな破壊

2 破壊衝動

2.1 破壊者達


3 静かな破壊

4 美しき破壊

5 破壊者による心の叫び

6 破壊されし者達への「鎮魂歌」(レクイエム)

7 関連項目

エネルギッシュな破壊

エネルギッシュな破壊は、対象を消し去る際に膨大なエネルギーを放出する。そしてしばしば暴力を伴う。破壊といえば、このエネルギッシュな破壊を指すのが普通である。

行き詰った現実世界の中で、エネルギッシュな破壊によって何かをどうにかしたいと思う者は多い。また、暴力的な破壊を行った際、疾走感や解放感などを得られる場合がある。この快感に憑りつかれ破壊を繰り返す者は気違いとみなされるが、一切の感情を失った者が無表情で壊れたように破壊をするということもある。
破壊衝動

破壊衝動とはあらゆるものを破壊してしまいたいという衝動であり、日々自分の欲望を社会の中で抑え込み鬱屈な生活を送ってきた者はしばしば破壊衝動に駆られる。思い描いていた理想とは違い現実はあまりにも窮屈で、自分の言いたいことさえ言えない世の中なのだから。「この理不尽な世界を消してしまいたい」という気持ちが芽生えるのも不思議ではない。

例え破壊衝動に駆られたとしても、実際に破壊を行う者はほとんどいない。なぜなら、破壊を行うと周りの人から冷たい目で見られるからである。場合によっては社会から追放され牢獄へと投げ込まれることもある。つまり破壊とは社会との決別を意味しており、大抵の人は心のどこかで現実世界に未練があるから破壊を行うことができない。

しかし破壊衝動を我慢することによりさらにストレスが溜まっていく。ストレスを極限まで溜め込んだ者は、これまで 53ba 蓄積してきた感情を驚くほど大きなエネルギーに変えて暴力を振るい始めるので危険である。

では破壊に対してどのように対処すればよいのだろうか。通常、ストレスをため込んだ者が破壊に走った場合は破壊によって対処される。つまり破壊者を破壊するのである。
破壊者達

破壊を行う者は少数派である。だから我々は破壊者達をどこか遠い世界の人間であるかのように錯覚しがちである。しかし実際は、我々のうち誰がいつ破壊者になってもおかしくない。ただし破壊者になっても待っているのは破壊による反撃だけなので、それを覚えておくと破壊者にならなくても済むかもしれない。
静かな破壊

エネルギッシュな破壊に対して、静かな破壊というものが存在する。静かな破壊は、エネルギッシュな破壊とは違い、破壊によって得られる快感は皆無に等しい。なぜなら破壊者は、破壊したことに自分で気付いていないからだ。そして周りの人間も破壊が行われていることに気が付いていないのだから、静かな破壊はむしろエネルギッシュな破壊より恐ろしい。我々人間は、気付かないうちにさまざまなものを破壊している。こう書くと思いつくのは森林や海だろう。もちろんそれらも静かな破壊の被害者であるが、私たちは身近にある小さな幸せの可能性でさえも知らないうちに破壊していることがある。静かに滅んでいく者たちに目を向けてみよう。身の回りの小さな存在を大切にしてみよう。
美しき破壊

この記事では今まで破壊の悪い面について書いてきたが、破壊には美しい一面もある。

生命や物がその一生を終えるとき、一瞬だけ強く瞬間がある。それは老人が死の直前ベッドの中でかすかに笑む瞬間だったり、太陽が沈む直前に輝く一瞬の夕陽だったりする。破壊の中から生命の持つ神秘性や、自然の持つエネルギーを垣間見えることもある。

「破壊は創造の始まり」という言葉があるように、破壊とはそれほど悲しむべきことではないのかもしれない。
破壊者による心の叫び

リア充爆発しろ!


みんな消えてなくなってしまえ!(特にリア充)
破壊されし者達への「鎮魂歌」(レクイエム)

破壊されし者達よ。どうか泣かないで。

うっかり割ってしまったガラスのコップ。ごめんね。

一日も水をあげなかった自由研究の朝顔。本当にごめんなさい・・・。

ビリビリに破ってトイレに流したテストの答案、20点。流れてしまえ。

殴ってひび割れた鏡。「私ってなんて酷い顔なの?」という表面的な自己嫌悪。本当は鏡を殴る自分に酔っているだけ。

ゴミ箱に放り込んだ大人のおもちゃ。私はなぜ一人でしてるの?リア充になりたい。
関連項目

中二病

この記事は「遠い遠い昔」(ロングロングアゴー)に「破壊」(デストロイ)されてしまいました。「再構築」(リコンストラクト)してくれる「人」(ヒューマン)を募集しています。 (Portal:スタブ)




更新日時:2018年6月2日(土)23:04
取得日時:2020/03/31 18:58


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7716 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef