皆川純子
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「皆川純子」の項目を執筆しています。

皆川 純子(みながわ じゅんこ、 11月22日 - )は東京俳優生活協同組合に所属する茨城を代表する声優である。副業で「スナック純子」のママと『闇の女王』の諜報部員をやっている。年齢不詳。チーム30に所属しているらしい。1968年説、1970年説、1975年説があるが、そんな事は関係なく美形である、そう思ってる人が少なくとも一人はいる、間違いない。

愛称は"みなじゅん"、"じゅんじゅん"、"じゅんちゃん"など、名前から想定しやすいものは大抵該当する。
人物

声質はちょっとハスキーな声の為、「男前の少年」のタイプであるが、高音や裏声を出す事で少女や幼女を演じる事もある。また最近は比較的地声のままで女性キャラを演じる事もある。しかしその声質ゆえ女主人公やメインヒロイン役はほぼ回ってこない。

写真に写る時には天然なのか意図的なのかは判明していないが、目に力がある。

一本気だったり、とにかく気の強いキャラを演じる事が多い。

声に存在感が有る為、たとえ脇役でも目立ってしまう。視聴者から勝手に重要な役として見られてしまう。長編において最初に死んだり黒幕だったり。

周囲からの扱いなどを察するに、若手
というよりは中堅からベテランの域に存在すると思われる。

少年役が多かった為に女性ファンの方が多かったが、最近は男性ファンも増えてきている。

朴?美斎賀みつき、竹内順子、甲斐田ゆきなどと仲がいいらしい。

女性声優お披露目番組として有名だった魔法先生ネギま!シリーズでは、同じ事務所所属の石毛佐和、佐久間未帆、佐藤利奈、Hazukiとで「魔法先生ネギま!チーム俳協」というグループを結成した。

歌唱力については女性声優の中でも屈指とされている、特に高音での伸びがいい。ネギぽにだっしゅ!でもソロ曲がOPとして利用されたほどである。でも「Everlasting Luv」は歌わなくても良かった気が・・・

回りを引率する「てきぱきとした行動」などから、自立したしっかりした女性と見なされて損している、実は尽くすタイプだ、どちらかというと命令されたいタイプ、とのこと。でも本当かリップサービスか分からないので、試した事がある人は羨ましい。

指輪をはずすと・・・まさか、あなた様は!

激太りした。

歴史

2001年 テニスの才能に目覚める。でも少年だった。

2003年 初のシングル、アルバムを販売。同年、ネットゲームにハマリ、魂を吸われたを助ける。やっぱり少年だった。

2005年 火星の空気を吸ってしまった為、大人の女性になった。恥ずかしい事を言われたり後輩の失敗を見かけたりすると叫ぶ。だが、あまりにやりすぎた為に他の収録メンバー共々、監督である佐藤順一の策略により泣かされる。学園作品にも足を踏み込み先生に虐められる可哀想な男の子になったりすが、この年の一番の当たり役はどう考えても先生に愛を寄せるショタコンいいんちょ少女である。この年に『闇の女王』の諜報部員だったことが判明。

2006年 ARIAネギぽにだっしゅ!に第2種接近遭遇する。ARIAでの役柄はほぼ変わらず。後輩思いのいい先輩である。ネギぽにだっしゅ!では宿敵である神楽坂明日菜を弄るキャラから、佐々木まきえを失格にする女王様に進化する。他にもコードギアス武装錬金などの有名作品にも登場するも、インパクトはあるものの敵役や端役ばかり。カワイソス…。

関連

お嬢様


ネギぽにだっしゅ!

ARIA


この項目「皆川純子」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラの中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)


更新日時:2018年6月2日(土)22:09
取得日時:2020/07/10 12:18


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5985 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef