発情期
[Uncyclopedia|▼Menu]
危険: この項目は未成年者の閲覧に相応しくないので、未成年者は親に見つからないようにしてください。見つかった場合の責任は一切負いません。ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「発情期」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「 ⇒発情」の項目を執筆してくれています。同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「 ⇒発情期」の記事を執筆しています。

発情期(はつじょうき)とは、性分化を行う生命体の生殖可能期間を示す言葉である。
目次

1 概要

2 解説

3 脚注

4 関連項目

概要

生物は基本的に、性別を持たず同一個体の複製を生成して繁殖する無性生殖か雌雄それぞれの個体が性交し両者の特性を併せ持つ新しい個体を生成して繁殖する有性生殖のどちらかを行って繁殖を続けていく。

無性生殖は他の個体の状態に関係なく栄養状態や周囲の環境さえ整えば随時行えるが、有性生殖は雌雄両者のコンディションがしっかりと組み合わされなければ行えない。例えば雌が排卵していなければどんなに雄のコンディションが良くても無駄に終わってしまうし、逆に雄のコンディションが悪く精子製造が滞っていれば雌側が排卵していてもそもそも注ぎ込むモノが無いため有性生殖が行えない。

両者のコンディションを調整し円滑な有性生殖を行えるように「自分は生殖可能な状態であり、問題なく繁殖行動に勤しめる」という事を周囲に伝える為外見や態度を変化させる期間が発情期なのである。
解説 とにかく即ヤりたい、と思うのが発情期の特徴。

基本的に発情期は二次性徴を迎えた後に気候が安定した時期になると到来する。例えばが春先になると「ノォーン」とかわった鳴き声を上げたりするのは、その条件が整ったために他ならない[1]

ただし人間の場合は寒暖や気象条件の問題を科学的な方法で解決しているので、二次性徴以降は一年中発情期である[2]。ただし、それでは期間区分けが出来ない為特に強く発情している時期のみを特筆して発情期とする事も多い[要出典]。

そういった時期の人間は異性最優先の思考となり、また全ての行動に性欲を絡めようとする。穴があれば女性器に見えるしは全て男性器に見えてしまう。更に価値観の優先度も生殖行為の順位が跳ね上がり、何をおいてもそちらへと持ち込もうとしてしまう。そういった行動や思考を「動物的」「短絡思考」と恥じる向きもあるが、生物にとって最も大切なのは繁殖である。円滑な繁殖を進める為の発情期は、決して恥ずかしい事ではない。
脚注^ ちなみに、猫の発情期は春先の季語にもなっている
^ 特に女性は思春期以降は常時恋愛しており、常時発情期と呼んで差し支えない

関連項目

性欲

恋愛

デート

結婚

セックスフレンド

妊娠

明るい家族計画


更新日時:2018年2月2日(金)23:08
取得日時:2018/05/17 14:00


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5489 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE