痛みの基準はハナゲ
[Uncyclopedia|▼Menu]

痛みの基準はハナゲ(いたみのきじゅんははなげ)とは、痛さの単位を定義したことを知らせる告知文である。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「痛みの基準はハナゲ」の項目を執筆しています。
目次

1 概要

2 定義

3 相関表

4 告知文

5 関連項目

6 外部リンク

概要

ハナゲ(hanage)とは、スイスの保養地、ダヴォス・プラッツで11月10日から11月14まで行われた世界知覚認識学会で、北海道大学医学部の斉藤信(まこと)教授が提唱した痛みを表す単位である。この規格はISOでもデファクトスタンダードとして追認された。

また、この会議では「ポロイナリ」・「ワキガ」・「ハミチチ」等の単位も提唱されたが、まだ規格化はなされていない。
定義

1ハナゲの定義は「長さ1センチの鼻毛を鉛直方向に1ニュートンの力で引っ張り、抜いたときに感じる痛み」である。

こうした定義になった理由としては、斉藤教授が鼻の粘膜は人体の中で一番個人差が小さいという話を、大気汚染と鼻毛の成長速度の相関性について研究していた永井花外・室蘭市立医科大学助教授にしたことに端を発する。永井がその話の返事として、二年前に鼻毛を鉛直方向に抜いたときの痛みに性別差や個人差が全くないことを偶然発見したという話を斎藤にしたところ、痛みの単位として採用できるのではないかと斎藤が学会に提唱することにしたのである。要は斎藤は永井の功績を横取りしたのである。
相関表

長さ1センチの鼻毛を鉛直方向に1ニュートンの力で引っ張り、抜いたときに感じる痛み = 1ハナゲ

ソファからあわてて立ち上がってテーブルの角にすねをぶつけた時の痛み = 12?13ハナゲ

足の小指を角にぶつけたときの痛み = 2~3Kハナゲ

麻酔なして虫歯を抜いたときの痛み = 5Kハナゲ、

安産型骨盤を持つ女性の分娩の痛み = 7~8Mハナゲ

告知文

この痛みの単位決定の報を最初に伝えたのはやゆよ記念財団である。やゆよ記念財団では虚構新聞と同じく正確なニュースを流すことに注力している。しかし、功績を自分のものとしたい斉藤教授の差し金により、正確な告知文が世間に伝わる前にインターネット回線を使いチェーンメールをまわして偽の情報を伝えて回ったのだ。そのため、正確な事実が広まっても都市伝説として認識している情報弱者も多数現れてしまった。

痛みの基準はハナゲの告知文がもたらした教訓は、真実は拡散されやすい虚構に意図も簡単につぶされるということである。
関連項目



鼻毛

外部リンク

やゆよ記念財団

続報まとめ


更新日時:2017年8月21日(月)13:26
取得日時:2020/07/06 14:43


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4305 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef