生活防水
[Uncyclopedia|▼Menu]

生活防水(せいかつぼうすい)とは、企業が耐久財の買い替えを促進させるために図った陰謀策。
目次

1 事例

2 解説

3 生活防水が導入された背景

4 関連項目

事例

携帯電話を購入したい人の目の前に、二つの携帯電話がある状況を想定する。この二つの基本的な機能や値段は同じものであるとする。しかし片方には生活防水の機能がついていると表示されている。

このような場合、通常、人々は生活防水のついた携帯電話を選択するだろう。「損はしない」印象を与える機能がついた製品であれば、その製品を選択することが通常であるからだ。

しかしこれが罠なのだ。

これらの製品には、実際には、防水機能などついていない。
解説

ではなぜ企業はこのような虚偽の表示をするのであろうか。

理由は簡単である。耐久財を買い替える回転率の速さをより速くするためである

通常、人々は生活防水いう言葉を聞く際、「少しくらい水がついても大丈夫」という印象を受けるだろう。これによって、人々の潜在意識には機械に対する信頼が増大する。そして、知らず知らずのうちに、機械をぞんざいに扱う。その結果、「生活防水」の機械は通常の機械より壊れやすくなる。なぜならば、機械には生活防水などはついていないからだ。そして、機械は故障し、消費者は買い替えに走る。

このように生活防水は、消費の増大に貢献しているのである。
生活防水が導入された背景

近年、先進国において、耐久財が家庭の間にある程度行き渡り、飽和状態になっている。そんな中で耐久財を販売するのは困難であることは容易に予想できる。この状況を打開する方法は二通り挙げられる。

一つ目は、過剰な品質管理をなくし、ある程度壊れやすい製品を生産することである。しかし、この方法をとる場合、品質管理の基準を下げる理由について言及しなければならなくなることもある。また、品質管理の基準を下げたことが明るみになった場合、消費者の不安が増大し、クレーム・リコールなどが発生しやすくなることが考えられる。

二つ目は、消費者に耐久財を破壊してもらいやすい状況をつくることである。今回の生活防水とは、この方針に則った経営策なのである。
関連項目

奥田碩

この項目「生活防水」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2013年2月21日(木)20:07
取得日時:2019/09/20 23:45


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:3531 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef